ぼちぼち

本の感想と日々のできごと

ご訪問ありがとうございます。
TB・コメント大歓迎です♪(記事と関係ないものは削除させていただきます)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2015年12月の新刊メモ 単行本編
JUGEMテーマ:読書

プレゼントサンタクリスマス12月の新刊メモ雪クリスマスジョギング

急に寒くなりました。でも今年は暖冬なんだって。
暖冬でも冬はやっぱり寒い。
じっと我慢するのみ。

12/2『罪人よやすらかに眠れ』石持浅海(角川書店)
    『ヘブンメイカー スタープレイヤーII 』恒川光太郎(角川書店)
12/3『ブルーアウト』鈴木光司(小学館)
    『モナドの領域』筒井康隆(新潮社)
12/4『光のない海』白石一文(集英社)
    『リップヴァンウィンクルの花嫁』岩井俊二(文藝春秋)
    『典獄と934人のメロス』坂本敏夫(講談社)
    『孤絶せし者』真保裕一(集英社)
12/5『天下人の茶』伊東潤(文藝春秋)
12/8『ゼロワン』若木未生(徳間書店)
    『植物たち』朝倉かすみ(徳間書店)
12/9『黒猫の回帰あるいは千夜行路』森晶麿(早川書房)
12/10『島津の空 帰る雁』村木嵐(中央公論新社)
     『関羽を斬った男』吉川永青(講談社)
     『ロスト』呉勝浩(講談社)

12/11『キッチン戦争』樋口直哉(講談社)
12/12『『罪と罰』を読まない』岸本佐知子/三浦しをん/吉田篤弘/吉田浩美(文藝春秋)
     『魔女の封印』大沢在昌(文藝春秋)
     『月のない夜に』岸田るり子(祥伝社)
     『私は存在が空気』中田永一(祥伝社)
     『深淵の覇者』数多久遠(祥伝社)
12/14『逆島断雄と進駐官養成高校の決闘』石田衣良(編)(講談社)
12/15『蛮政の秋』堂場瞬一(集英社)
     『LIVE! LOVE! SING! 生きて愛して歌うこと』一色伸幸(河出書房新社)
     『江ノ島西浦写真館』三上延(光文社)
     『言い訳だらけの人生』平安寿子(光文社)
     『フェイバリット・シングス』村崎友(光文社)
     『わたしたちの、小さな家』水沢秋生(光文社)
12/17『消滅世界』村田沙耶香(河出書房新社)
     『クロニクル・アラウンド・ザ・クロック』津原泰水(河出書房新社)
     『あの人が同窓会に来ない理由』はらだみずき(幻冬舎)
     『バタフライ』平山瑞穂(幻冬舎)
     『決戦!三國志』田中芳樹/東郷隆/天野純希(講談社)
12/18『校閲ガール ア・ラ・モード(仮)』宮木あや子(角川書店)
     『嵯峨野あやつり異聞 浄瑠璃グラン=ギニョル』近本洋一(講談社)
     『薄情』絲山秋子(新潮社)
     『終の日までの』森浩美(双葉社)
12/19『たましいのふたりごと』川上未映子/穂村弘(筑摩書房)
12/20『当確師』真山仁(中央公論新社)

12/21『真実の10メートル手前』米澤穂信(東京創元社)
12/22『エデュケーション』増田晶文(新潮社)
     『たんぽぽ団地』重松清(新潮社)
     『学校の近くの家』青木淳悟(新潮社)
12/26『怪奇探偵リジー&クリスタル(仮)』山本弘(角川書店)
     『怪談狩り(仮) 四季異聞録』中山市朗(角川書店)
     『妖怪の宴 妖怪の匣』京極夏彦(角川書店)
| 新刊メモ・単行本 | 20:17 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
2015年11月の新刊メモ 単行本編
JUGEMテーマ:読書

紅葉いちょうどんぐり11月の新刊メモジョギング本さつまいも

寒いですね。もう冬な感じ。
秋は大好きな季節なんですが、いいとこは一瞬で終わっちゃう。
今年も寒くなるのかなあ。

11/2『カサンドラ』桑原水菜(角川書店)
    『ドクター・ホワイト』樹林伸(角川書店)
11/4『大脱走』荒木源(小学館)
11/5『墓標なき街』逢坂剛(集英社)
    『あなたに似た街』藤井青銅(小学館)
    『下町ロケット2 ガウディ計画』池井戸潤(小学館)
11/6『緑と赤』深沢潮(実業之日本社)
    『明治・金色キタン』畠中恵(朝日新聞出版)
11/10『図書室で暮らしたい』辻村深月(講談社)←エッセイ。
     『影憑き 古道具屋 皆塵堂』輪渡颯介(講談社)
     『みがかヌかがみ』中里友香(講談社)
     『ペンギンを愛した容疑者 警視庁総務部動植物管理係』大倉崇裕(講談社)
     『幸腹(こうふく)な百貨店』秋川滝美(講談社)
     『師走の扶持』澤田瞳子(徳間書店)
     『ロゴスの市』乙川優三郎(徳間書店)

11/11『冬の光』篠田節子(文藝春秋)
11/12『ヒクイドリ 警察庁図書館』古野まほろ(幻冬舎)
     『ポンコツ探偵の名推理』滝田務雄(幻冬舎)
11/13『まちの本屋』田口幹人(ポプラ社)
11/14『アンソロジー 捨てる』大崎梢/近藤史恵/篠田真由美/柴田よしき/永嶋恵美/新津きよみ/福田和代/松村比呂美/光原百合(文藝春秋)
     『暗号のポラリス』中山智幸(NHK出版)
     『禁断のスカルペル』久間十義(日本経済新聞社)
11/17『ベンヤミン院長の古文書』金澤マリコ(原書房)←第7回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞優秀作受賞
11/18『倍以上彼氏』森下千里(河出書房新社)
     『人魚の眠る家』東野圭吾(幻冬舎)
     『白日の鴉』福澤徹三(光文社)
     『地に巣くう』あさのあつこ(光文社)
11/19『ドール』山下紘加(河出書房新社)←第52回文藝賞受賞作
     『地の底の記憶』畠山丑雄(河出書房新社)←第52回文藝賞受賞作
     『この冬の私はあの蜜柑だ』片岡義男(講談社)
     『決戦!本能寺』葉室麟/冲方丁/伊東潤(講談社)
11/20『大川契り―善人長屋―』西條奈加(新潮社)
     『キッチン・ブルー』遠藤彩見(新潮社)
     『メメント・モリ』原田宗典(新潮社)
     『謎の毒親』姫野カオルコ(新潮社)
     『きらきら眼鏡』森沢明夫(双葉社)
     『復讐屋成海慶介の事件簿』原田ひ香(双葉社)
     『築地の門出 ヤッさんIII』原宏一(双葉社)
     『ユートロニカのこちら側』小川哲(早川書房)
     『うそつき、うそつき』清水杜氏彦(早川書房)←第五回アガサ・クリスティー賞受賞作 
     『世にも奇妙な君物語』朝井リョウ(講談社)
     『完本 信長私記』花村萬月(講談社)
     『クズリ』柴田哲孝(講談社)

11/21『ラオスにいったい何があるというんですか?紀行文集』村上春樹(文藝春秋)
11/24『プロローグ』円城塔(文藝春秋)
     『おとめの流儀。』小嶋陽太郎(ポプラ社)
     『ボート・ミーツ・ガール(仮)』古賀幸太(PHP研究所)
11/25『ロマンシエ』原田マハ(小学館)
     『タスキメシ』額賀澪(小学館)
     『パピヨンルージュと嵐の星 海賊と女王の航宙記』茅田砂胡(中央公論新社)
     『イデアの影』森博嗣(中央公論新社)
     『マカン・マラン 二十三時の夜食カフェ』古内一絵(中央公論新社)
     『三人孫市』谷津矢車(中央公論新社)
11/26『ユートピア』湊かなえ(集英社)
     『岳飛伝 十五 照影の章』北方謙三(集英社)
     『天国の一歩前』土橋章宏(幻冬舎)
     『シェアハウスかざみどり』名取佐和子(幻冬舎)
     『早春賦』山口恵以子(幻冬舎)
     『社畜人ヤブー(仮)』那智泉見(PHP研究所)
11/27『アレス―天命探偵 Next Gear―』神永学(新潮社)
     『天平の女帝 孝謙称徳』玉岡かおる(新潮社)
     『不明解日本語辞典』高橋秀実(新潮社)
     『透き通った風が吹いて』あさのあつこ(文藝春秋)
     『LIVE! LOVE! SING!』一色伸幸(河出書房新社)
     『名前も呼べない』伊藤朱里(筑摩書房)←第31回太宰治賞受賞作
11/28『95(仮)』早見和真(角川書店)
     『おっかなの晩』折口真喜子(東京創元社)
11/30『罪人よやすらかに眠れ(仮)』石持浅海(角川書店)
| 新刊メモ・単行本 | 21:14 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
2015年10月の新刊メモ 単行本編
JUGEMテーマ:読書

ジョギングいちょうどんぐり10月の新刊メモハロウィンハロウィンぶどう

すっかり涼しくなりました。衣替えしないと、もう半そででは寒い…
お天気も良くて気持ちいい気候なので、どこかに出かけたいなあ。

10/2『秋葉原先留交番ゆうれい付き』西條奈加(角川書店)
    『監殺 警務部警務課SG班』古野まほろ(角川書店)
    『虚栄』久坂部羊(角川書店)
10/3『草雲雀』葉室麟(実業之日本社)
    『彩菊あやかし算法帖』青柳碧人(実業之日本社)
    『警察庁最重要案件指定 靖國爆破を阻止せよ』八木圭一(宝島社)
10/7『怒鳴り癖』藤田宜永(文藝春秋)
    『肉と衣のあいだに神は宿る』松井雪子(文藝春秋)
    『お任せ! 数学屋さん3』向井湘吾(ポプラ社)
    『ふなふな船橋』吉本ばなな(朝日新聞出版)
    『闘う君の唄を』中山七里(朝日新聞出版)
    『猫の惑星(仮)』梶尾真治(PHP研究所)
10/8『鍵の掛かった男』有栖川有栖(幻冬舎)
10/9『感情8号線』畑野智美(祥伝社)
    『和僑』楡周平(祥伝社)
    『スーツケースの半分は』近藤史恵(祥伝社)
    『ふたりの果て』浦賀和宏(祥伝社)
    『殺人鬼の献立表 Team・HK』あさのあつこ(徳間書店)


10/13『MILK』石田衣良(文藝春秋)
10/15『ボス・イズ・バック』笹本稜平(光文社)
     『監察の神(じん)』弐藤水流(光文社)
     『セブン・デイズ』町田哲也(光文社)
10/19『Killers(上)(下)』堂場瞬一(講談社)
10/21『わが心のジェニファー』浅田次郎(小学館)
     『あこがれ』川上未映子(新潮社)
     『メビウスの守護者 法医昆虫学捜査官』川瀬七緒(講談社)
     『ヨイ豊』梶よう子(講談社)
     『喉の奥なら傷ついてもばれない』宮木あや子(講談社)
     『東京者がたり』西村賢太(講談社)
10/22『ヒトでなし 金剛界の章』京極夏彦(新潮社)
     『僕らの世界が終わる頃』彩坂美月(新潮社)
     『竜の道 昇龍篇』白川道(幻冬舎)
     『凪の司祭』石持浅海(幻冬舎)
     『頂上至極』村木嵐(幻冬舎)
     『クラウド9〜九番めの雲』山岡ヒロアキ(講談社)
     『スピンクの壺』町田康(講談社)
10/23『小人の巣』白河三兎(双葉社)
     『自画像』朝比奈あすか(双葉社)
     『葬偽屋は弔わない 殺生歩武と5つのヴァ二タス』森晶麿(河出書房新社)
     『ネンレイズム/開かれた食器棚』山崎ナオコーラ(河出書房新社)
10/25『鹿鳴館のドラクラ』萩耿介(中央公論新社)
10/26『黒のコスモス少女団』朱川湊人(集英社)
     『ソウルメイト2 陽だまりの天使たち』馳星周(集英社)
     『寮生―1971年、函館。―』今野敏(集英社)←なんと青春学園ミステリーだそうで。
     『真犯人』翔田寛(小学館)
     『人狼作家』千澤のり子編(原書房)
10/27『世界が終わる街 戦力外捜査官4』似鳥鶏(河出書房新社)
     『マルトク 特別協力者 警視庁公安部外事二課 ソトニ』竹内明(講談社)
10/29『ギブ・ミー・ア・チャンス』荻原浩(文藝春秋)
     『だれもが知ってる小さな国』有川浩(講談社)
10/30『二階の王(仮)』名梁和泉(角川書店)←第22回日本ホラー小説大賞優秀賞受賞作品
     『ぼぎわんが、来る』澤村伊智(角川書店)←第22回日本ホラー小説大賞大賞受賞作
     『D菩薩峠漫研夏合宿』藤野千夜(新潮社)
     『デス・エンジェル』久間十義(新潮社)
     『王国は誰のもの』安萬純一(東京創元社)
     『ウォーク・イン・クローゼット』綿矢りさ(講談社)
     『ロクジュウ(仮)』石川智健(講談社)
10/31『カサンドラ(仮)』桑原水菜(角川書店)

10/下旬『可視(み)える』吉田恭教(南雲堂)
| 新刊メモ・単行本 | 21:45 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
2015年9月の新刊メモ 単行本編
JUGEMテーマ:読書

かかしさんま9月の新刊メモ夜読書ジョギング

まだまだ残暑厳しい日もありますが、朝晩がとっても過ごしやすくなりました。
あいにく雨が続いて、からっと秋らしくとはなかなかいきませんが、いい季節になって来ましたね。
ごはんも美味しい!食べすぎには注意せねば。…あとは夏の疲れだな。本当、今年は大変だった…

9/2『空色の小鳥』大崎梢(祥伝社)
   『花鳥茶屋せせらぎ』志川節子(祥伝社)
   『約束 K・S・Pアナザー』香納諒一(祥伝社)
   『女神めし 佳代のキッチン2』原宏一(祥伝社)
9/4『ワクチンX(エックス)性格変更、承ります。』桂望実(実業之日本社)
   『僕はもう憑かれたよ』七尾与史(宝島社)
9/7『にょにょにょっ記』穂村弘/フジモトマサル(文藝春秋)
   『小説の書きかた』須藤靖貴(講談社)
9/8『花咲小路二丁目の花乃子さん』小路幸也(ポプラ社)
   『失恋天国』瀧羽麻子(徳間書店)
9/9『その可能性はすでに考えた』井上真偽(講談社ノベルス)
   『テルアビブの犬』小手鞠るい(文藝春秋)
9/10『虚ろまんてぃっく』吉村萬壱(文藝春秋)
    『出張料理・おりおり堂 神無月〜弥生』安田依央(中央公論新社)
    『たらふくつるてん』奥山景布子(中央公論新社)
    『職業としての小説家』村上春樹(スイッチ・パブリッシング)←エッセイ
    『アルテーミスの采配』真梨幸子(幻冬舎)
    『そして、何も残らない』森晶麿(幻冬舎)
    『セント・イージス号の武勲』上田早夕里(講談社)

9/11『羊と鋼の森』宮下奈都(文藝春秋)
    『琥珀のまたたき』小川洋子(講談社)
    『まにまに』西加奈子(メディアファクトリー)
9/12『中野のお父さん』北村薫(文藝春秋)
9/14『呪文』星野智幸(河出書房新社)
9/15『猫の惑星(仮)』梶尾真治(PHP研究所)
9/16『悔いてのち』永瀬隼介(光文社)
    『鯨分限』伊東潤(光文社)
    『群青のカノン 航空自衛隊航空中央音楽隊ノート2』福田和代(光文社)
    『海妖丸事件』岡田秀文(光文社)
    『貌なし』嶋中潤(光文社)
    『始末屋』宮本紀子(光文社)
    『カプセルフィッシュ』大西智子(光文社)
9/17『Aではない君と』薬丸岳(講談社)
    『激動 東京五輪1964』大沢在昌/今野敏/藤田宜永他(講談社)
    『ゴッドアイ』服部真澄(講談社)
    『マージナル・オペレーション 空白の一年(上)』芝村裕吏(講談社)
    『プラージュ』誉田哲也(幻冬舎)
    『御用船帰還せず』相場英雄(幻冬舎)
    『日替わりオフィス』田丸雅智(幻冬舎)
    『老猫と歩けば。』斉藤ユカ(幻冬舎)
9/18『アークノア2 ドラゴンファイア』乙一(集英社)
    『となりのセレブたち』篠田節子(新潮社)
    『ひりつく夜の音』小野寺史宜(新潮社)
    『影の中の影』月村了衛(新潮社)
    『負け逃げ』こざわたまこ(新潮社)←第11回 R‐18文学賞 読者賞受賞作品
    『犬の掟』佐々木譲(新潮社)
    『犯人に告ぐ2 闇の蜃気楼』雫井脩介(双葉社)
    『聖母』秋吉理香子(双葉社)
    『エピローグ』円城塔(早川書房)
    『ここで、君の隣に任意の異性を代入する』竹田真太朗(講談社)
    『惑星の岸辺』梶村啓二(講談社)
    『終わった人』内館牧子(講談社)
    『背面捜査』麻生幾(朝日新聞出版)
    『「いじめ」をめぐる物語』荻原浩/小田雅久仁/越谷オサム/辻村深月/中島さなえ(朝日新聞出版)
9/19『赤い博物館』大山誠一郎(文藝春秋)

9/24『空に牡丹』大島真寿美(小学館)
    『霧 ウラル』桜木紫乃(小学館)
    『片桐大三郎とXYZの悲劇』倉知淳(文藝春秋)
9/25『天空の約束』川端裕人(集英社)
    『我が家のヒミツ』奥田英朗(集英社)
    『うずら大名』畠中恵(集英社)
    『鮫言』大沢在昌(集英社)
    『消滅 VANISHING POINT』恩田陸(中央公論新社)
    『老後の資金がありません』垣谷美雨(中央公論新社)
9/26『きのうの影踏み』辻村深月(角川書店)
9/28『虚人の星』島田雅彦(講談社)
9/30『ギリギリ』原田ひ香(角川書店)
    『東京結合人間』白井智之(角川書店)
    『惑星カロン』初野晴(角川書店)←なんかハルチカ久しぶり?
    『校舎の静脈』日和聡子(新潮社)
    『ここは私たちのいない場所』白石一文(新潮社)
    『新しい十五匹のネズミのフライ―ジョン・H・ワトソンの冒険―』島田荘司(新潮社)
    『空海』高村薫(新潮社)
    『陰陽師絵物語 鼻の上人』夢枕獏(文藝春秋)
    『その時の教室』谷原秋桜子(東京創元社)
    『ログ・ホライズン10 ノウアスフィアの開墾』橙乃ままれ(エンターブレイン)
    『亡霊館の殺人』二階堂黎人(南雲堂)
| 新刊メモ・単行本 | 21:46 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
2015年8月の新刊メモ 単行本編
JUGEMテーマ:読書

やまひまわりサイダー8月の新刊メモかき氷海ジョギング

夏が来た!
というか本当めちゃめちゃ暑いですね!
私は軽く夏バテ気味です。最近体力あると思ってたんだけどな。
油断大敵!
弱ってくると温かい食べ物が欲しくなります。でも台所立つのはヤダ!誰か作ってくれないかなあ。

8/1『颶風の王』河崎秋子(角川書店)
   『猟犬の國』芝村裕吏(角川書店)
   『夏の裁断』島本理生(文藝春秋)
   『がらくた屋と月の夜話』谷瑞穂(幻冬舎)
8/3『亡国記』北野慶(現代書館)
8/4『黄泉醜女 ヨモツシコメ』花房観音(扶桑社)
8/5『JUSTICE』大門剛明(角川書店)
   『RPGスクール』早坂吝(講談社ノベルス)
8/6『啼かない鳥は空に溺れる』唯川恵(幻冬舎)
   『記憶破断者』小林泰三(幻冬舎)
   『プロフェッション』今野敏(講談社)
   『道徳の時間』呉勝浩(講談社)←第61回江戸川乱歩賞受賞作品
8/7『スクラップ・アンド・ビルド』羽田圭介(文藝春秋)←第153回芥川賞受賞作品
   『笑う少年』樋口有介(中央公論新社)
   『あの日、マーラーが』藤谷治(朝日新聞出版)
8/8『モノクローム・レクイエム』小島正樹(徳間書店)

8/11『食堂のおばちゃん』山口恵以子(角川春樹事務所)
    『ミネルヴァの報復』深木章子(原書房)
8/12『ボニンブルーのひかり』白石まみ(河出書房新社)
8/17『名古屋16話』吉川トリコ(ポプラ社)
    『東京23話』山内マリコ(ポプラ社)
8/18『吉祥寺物語 こもれびの夏』北沢秋(河出書房新社)
    『港、モンテビデオ』いしいしんじ(河出書房新社)
8/20『不愉快犯』木内一裕(講談社)

8/21『鬼神の如く―黒田叛臣伝―』葉室麟(新潮社)
    『みんなの秘密』畑野智美(新潮社)
    『わるいうさぎ』中島さなえ(双葉社)
    『拳に聞け!』塩田武士(双葉社)
    『蜘蛛と蝶』大石圭(講談社)
    『藪医 ふらここ堂』朝井まかて(講談社)
    『双頭の蜥蜴』乾石智子(講談社)
8/22『卜伝飄々』風野真知雄(文藝春秋)
8/25『柘榴パズル』彩坂美月(文藝春秋)
    『総理にされた男』中山七里(NHK出版)
    『常識の路上』町田康(幻戯書房)
8/26『エンタテインメントの作り方』貴志祐介(角川書店)
    『反人生』山崎ナオコーラ(集英社)
    『キングダム』新野剛志(幻冬舎)
    『アイアン・レディ』二階堂黎人(原書房)
8/27『厭世マニュアル』阿川せんり(角川書店)
    『シャッフル航法』円城塔(河出書房新社)
    『無名亭の夜』宮下遼(講談社)
    『十七八より』乗代雄介(講談社)
    『ルパンの娘』横関大(講談社)
8/29『孤狼の血』柚月裕子(角川書店)
    『十字の記憶』堂場瞬一(角川書店)
    『やせる石鹸』歌川たいじ(角川書店)
    『戦場のコックたち』深緑野分(東京創元社)
    『終戦のマグノリア』戸松淳矩(東京創元社)
    『青春探偵ハルヤ』福田栄一(東京創元社)
8/31『確率捜査官 御子柴岳人 ゲームマスター』神永学(角川書店)
    『恋せよ魂魄 僕僕先生』仁木英之(新潮社)
    『繭』青山七恵(新潮社)
    『MとΣ』内村薫風(新潮社)
| 新刊メモ・単行本 | 18:04 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
2015年7月の新刊メモ 単行本編
JUGEMテーマ:読書

うちわ七夕ジョギング7月の新刊メモラムネアイスクリーム登山

梅雨ですね。
雨ばっかも嫌だけど、もわっと暑くなるのもやだな。
でも夏ですよ!!

昨日は水無月いただきました♪(京都で6月30日にいただくお菓子。個人的にそんなに美味しくないと思うのだけど、なんとなく習慣で毎年食べてます。無病息災!!)

7/1『赤い呪縛』小杉英了(角川書店)
   『神殺しの救世主』多崎礼(角川書店)
   『BABEL』日野草(角川書店)
   『ロック・オブ・モーゼス』花村萬月(角川書店)
7/2『負けるもんか 正義のセ』阿川佐和子(角川書店)
7/3『砂の王宮』楡周平(集英社)
   『日付変更線(上)(下)』辻仁成(集英社)
7/4『探偵執事・九条公士郎』立花慎之介(角川書店)
7/6『誰かの家』三津田信三(講談社ノベルス)
   『教会堂の殺人 〜Game Theory〜』周木律(講談社ノベルス)
   『トリダシ』本城雅人(文藝春秋)
   『太陽は気を失う』乙川優三郎(文藝春秋)
7/7『工作名カサンドラ』曽根圭介(朝日新聞出版)
   『院内カフェ』中島たい子(朝日新聞出版)
7/8『怪盗グリフィン対ラトウィッジ機関』法月綸太郎(講談社)
   『つまをめとらば』青山文平(文藝春秋)
   『強襲 所轄魂』笹本稜平(徳間書店)
   『息ができない』吉村龍一(徳間書店)
   『ちょうかい 未犯調査室』仁木英之(小学館)
7/9『人魚ノ肉』木下昌輝(文藝春秋)
   『表参道・リドルデンタルクリニック』七尾与史(実業之日本社)
7/10『あの家に暮らす四人の女』三浦しをん(中央公論新社)

7/14『冥途あり』長野まゆみ(講談社)
7/17『葬送学者 鬼木場あまねの事件簿』吉川英梨(河出書房新社)
    『星球』中澤日菜子(講談社)
    『血の弔旗』藤田宜永(講談社)
    『夜想曲』太田忠司(光文社)
    『奇縁七景』乾ルカ(光文社)
    『帝国の女』宮木あや子(光文社)
    『晴れたらいいね』藤岡陽子(光文社)
    『梟のシエスタ』伊与原新(光文社)
    『黒猫の小夜曲』知念実希人(光文社)

7/22『悲素』帚木蓬生(新潮社)
    『掲載禁止』長江俊和(新潮社)
    『水曜日の凱歌』乃南アサ(新潮社)
    『なりたい』畠中恵(新潮社)←しゃばけももう第14弾!
    『14歳の水平線』椰月美智子(双葉社)
    『校長、お電話です!』佐川光晴(双葉社)
    『続々・珈琲屋の人々(仮)』池永陽(双葉社)
    『昨日の海は(仮)』近藤史恵(PHP研究所)
7/23『チェインドッグ』櫛木理宇(早川書房)
    『多々良島ふたたび ウルトラ怪獣アンソロジー』山本弘/小林泰三他(早川書房)
    『生還者』下村敦史(講談社)
    『おちゃっぴい 大江戸八百八』堀川アサコ(講談社)
7/24『富士山噴火』高嶋哲夫(集英社)
    『真昼の心中』坂東眞砂子(集英社)
    『炎の塔』五十嵐貴久(祥伝社)
    『匿名者のためのスピカ』島本理生(祥伝社)
    『ふたえ』白河三兎(祥伝社)
    『連鶴』梶よう子(祥伝社)
7/25『祝もものき事務所4』茅田砂胡(中央公論新社)
7/27『JUSTICE』大門剛明(角川書店)
7/28『伏木商店街の不思議』太田忠司(河出書房新社)
    『鳥の会議』山下澄人(河出書房新社)
    『潮の音、空の青、海の詩』熊谷達也(NHK出版)
7/29『空棺の烏』阿部智里(文藝春秋)
    『砂の街路図』佐々木譲(小学館)
    『王とサーカス』米澤穂信(東京創元社)
7/30『XY』徳永圭(角川書店)
    『武士道ジェネレーション』誉田哲也(文藝春秋)
    『曽呂利!秀吉を手玉に取った男』谷津矢車(実業之日本社)
    『為吉 北町奉行所ものがたり』宇江佐真理(実業之日本社)
7/31『痴者の食卓』西村賢太(新潮社)
    『スカラムーシュ・ムーン』海堂尊(新潮社)
    『イン・ザ・ダーク』前川裕(新潮社)
    『朝顔の日』高橋弘希(新潮社)
| 新刊メモ・単行本 | 21:53 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
2015年6月の新刊メモ 単行本編
JUGEMテーマ:読書

あじさいかたつむりジョギング6月の新刊メモ雨あじさい

気がついたら6月なってた!というびっくり。
ぽんやりしてました〜

6/3『未来S(ミクラス)高校航時部レポート 戦国OSAKA夏の陣』辻真先(講談社ノベルス)
   『誰がカインを殺したか 桜井京介returns』篠田真由美(講談社ノベルス)
   『ビオレタ』寺地はるな(ポプラ社)
6/4『あしたの朝子』山口恵以子(実業之日本社)
   『ティーンズ・エッジ・ロックンロール』熊谷達也(実業之日本社)
   『三人屋』原田ひ香(実業之日本社)
6/5『2.43 清陰高校男子バレー部』壁井ユカコ(集英社)
   『水死人の帰還』小野正嗣(文藝春秋)
6/9『天空の救命室 航空自衛隊航空機動衛生隊』福田和代(徳間書店)
   『勁草』黒川博行(徳間書店)
   『竜宮電車』堀川アサコ(徳間書店)
   『弁天の夢 白浪五人男異聞』矢野隆(徳間書店)
   『モンローが死んだ日』小池真理子(毎日新聞出版)
6/10『黄金の時』堂場瞬一(文藝春秋)
    『君の隣に』本多孝好(講談社)
    『雨の裾』古井由吉(講談社)

6/11『ドクター・スリープ(上)(下)』スティーヴン・キング(文藝春秋)
6/12『まったなし』畠中恵(文藝春秋)
    『回想のぬいぐるみ警部』西澤保彦(東京創元社)
    『匿名芸術家』青木淳悟(講談社)
6/15『朝が来る』辻村深月(文藝春秋)
6/17『今日からは、愛のひと』朱川湊人(光文社)
    『美森まんじゃしろのサオリさん』小川一水(光文社)
    『作家で十年いきのびる方法』鯨統一郎(光文社)
    『交換殺人はいかが? じいじと樹来とミステリー』深木章子(光文社)
    『森笠邸事件 探偵の流儀供拱‥脹桧譟文文社)
    『分解日記 光二郎備忘ファイル』大山淳子(講談社)
6/18『その愛の程度』小野寺史宜(講談社)
    『春の嵐』畑野智美(講談社)
6/19『君の膵臓をたべたい』住野よる(双葉社)
    『天満明星池』加瀬政広(双葉社)
    『贖い』五十嵐貴久(双葉社)
    『啓火心 Fire's Out』日明恩(双葉社)
    『京都綺談』赤江瀑/澁澤龍彦/柴田よしき(実業之日本社)
    『世界の果てのこどもたち』中脇初枝(講談社)
    『風の如く 久坂玄瑞篇』富樫倫太郎(講談社)
6/20『悪声』いしいしんじ(文藝春秋)
    『キングレオの冒険』円居挽(文藝春秋)

6/22『ゆらやみ』あさのあつこ(新潮社)
    『七夕の雨闇――毒草師――』高田崇史(新潮社)
    『救済のゲーム』河合莞爾(新潮社)
    『波止場にて』野中柊(新潮社)
    『幽霊なんて怖くない BISビブリオバトル部』山本弘(東京創元社)
    『鵺の家』廣嶋玲子(東京創元社)
6/24『ライオンの歌が聞こえる』東川篤哉(祥伝社)
    『下山事件 暗殺者たちの夏』柴田哲孝(祥伝社)
    『ギャラリスト』里見蘭(中央公論新社)
    『ぼくは愛を証明しようと思う。』藤沢数希(幻冬舎)
6/25『リヴィジョンA』未須本有生(文藝春秋)
    『兄と弟、あるいは書物と燃える紙』長野まゆみ(大和書房)
6/26『ジムグリ』飴村行(集英社)
    『オールド・テロリスト』村上龍(文藝春秋)
    『屋上のウインドノーツ』額賀澪(文藝春秋)← 第22回松本清張賞受賞作品
6/27『赤い呪縛』小杉英了(角川書店)
    『アノニマス・コール』薬丸岳(角川書店)
    『今日はいぬの日』倉狩聡(角川書店)
    『私情対談』藤崎翔(角川書店)
    『花酔いロジック 坂月蝶子の恋と酔察』森晶麿(角川書店)
    『豹変』今野敏(角川書店)
    『怪獣の夏 はるかな星へ』小路幸也(筑摩書房)
6/29『極悪専用』大沢在昌(文藝春秋)
    『エクソダス症候群』宮内悠介(東京創元社)
6/30『私の恋人』上田岳弘(新潮社)
    『抱く女』桐野夏生(新潮社)
    『ミステリー・アリーナ』深水黎一郎(原書房)
| 新刊メモ・単行本 | 20:39 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
2015年5月の新刊メモ 単行本編
JUGEMテーマ:読書


自転車ジョギング5月の新刊メモこいのぼり菖蒲

暑いですね〜
春っていつだったの?って感じですが…
今年も暑い夏が来るのかな?

5/1『透明人間は204号室の夢を見る』奥田亜希子(集英社)
5/2『謹訳 平家物語 一』林望(祥伝社)
   『家族計画』芦崎笙(日本経済新聞社)

5/12『身元不明(ジェーン・ドゥ) 特殊殺人対策官 箱崎ひかり』古野まほろ(講談社)
  『たとえ神に背いても』神谷一心(講談社)
  『祟り婿 古道具屋 皆塵堂』輪渡颯介(講談社)
  『深紅の断片 警防課救命チーム』麻見和史(講談社)
  『流』東山彰良(講談社)
5/14『恋する音川家』木下半太(文藝春秋)
5/15『ラプラスの魔女』東野圭吾(角川書店)
  『ふたり姉妹』瀧羽麻子(祥伝社)
   『ヒポクラテスの誓い』中山七里(祥伝社)
   『狼のようなイルマ』結城充考(祥伝社)
   『ムーンリバーズを忘れない』はらだみずき(角川春樹事務所)
5/16『トイレのピエタ』松永大司(文藝春秋)
   『あなたが消えた夜に』中村文則(毎日新聞出版)
5/19『戦場の聖歌(カンタータ)』森村誠一(光文社)
   『春や春』森谷明子(光文社)
   『さえこ照ラス』友井羊(光文社)
   『ブラックナイト』建倉圭介(光文社)
   『死屍累々の夜』前川裕(光文社)
5/20『エイトハンドレッド』植田文博(原書房)

5/21『リバース』湊かなえ(講談社)
  『可愛い世の中』山崎ナオコーラ(講談社)
  『化け札』吉川永青(講談社)
   『スマイルメイカー』横関大(講談社)
   『決戦!大坂城』葉室麟/冲方丁/伊東潤(講談社)
5/22『美しい果実』唐瓜直(角川書店)←第9回『幽』文学賞短篇部門大賞受賞作
   『彼女を愛した遺伝子』松尾佑一(新潮社)
   『踊り子と探偵とパリを』小路幸也(文藝春秋)
   『ブラック・ベルベット』恩田陸(双葉社)
   『信長の笑み、光秀の涙』辻大吾(双葉社)
   『煩悩の子』大道珠貴(双葉社)
5/25『夜より黒きもの』高城高(東京創元社)
   『マインド』今野敏(中央公論新社)
   『世界は終わりそうにない』角田光代(中央公論新社)
   『君が笑えば』小手鞠るい(中央公論新社)
5/26『闇に咲く花―おいち不思議がたり(仮)』あさのあつこ(PHP研究所)
   『ダーク・シティ(仮)』永瀬隼介(PHP研究所)
   『ウツボカズラの甘い息』柚月裕子(幻冬舎)
   『謎解き広報課 公務員・新藤さんの田舎便り』天祢涼(幻冬舎)
5/27『長いお別れ』中島京子(文藝春秋)
5/28『中島ハルコの恋愛相談室』林真理子(文藝春秋)
   『さよなら、ニルヴァーナ』窪美澄(文藝春秋)
5/29『蒼天見ゆ』葉室麟(角川書店)
   『八万遠』田牧大和(新潮社)
   『淵の王』舞城王太郎(新潮社)
   『ウィメンズマラソン』坂井希久子 (角川春樹事務所)
   『京都綺談』赤江瀑/連城三紀彦/柴田よしき(実業之日本社)
5/30『七つ空、二つ水』東直子(キノブックス)
| 新刊メモ・単行本 | 20:03 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
2015年4月の新刊メモ 単行本編
JUGEMテーマ:読書

ひよこ花見桜4月の新刊メモジョギング花花

春ですね。桜さいた。
根性で?お花見を一回やりました。天気が悪くてなかなかチャンスが…

突貫工事につき、間違ってたらゴメンナサイ。
今月末はもうGWなんですねえ…。

4/1『ドラゴン・オプション』中原清一郎(小学館)
   『フィッターXの異常な愛情』蛭田亜紗子(小学館)
4/2『土方歳三(上)(下)』富樫倫太郎(角川書店)
   『リストランテアモーレ』井上荒野(角川春樹事務所)
4/3『人間のしわざ』青来有一(集英社)
   『田園発 港行き自転車(上)(下)』宮本輝(集英社)
   『思い出は満たされないまま』乾緑郎(集英社)
4/4『鬼談』京極夏彦(角川書店)
4/7 『ひとかどの父へ』深沢潮(朝日新聞出版)
   『天使はここに』朝比奈あすか(朝日新聞出版)
4/8『狐さんの恋活』北夏輝(講談社)
4/9『閉店屋五郎』原宏一(文藝春秋)
   『黄昏旅団』真藤順丈(文藝春秋)
   『岩窟姫』近藤史恵(徳間書店)
   『空色バウムクーヘン』吉野万理子(徳間書店)
   『動物記』高橋源一郎(河出書房新社)
   『ドS刑事 桃栗三年柿八年殺人事件』七尾与史(幻冬舎)
4/10『未来恐慌』機本伸司(祥伝社)
    『捕獲屋カメレオンの事件簿』滝田務雄(祥伝社)
    『虹猫喫茶店』坂井希久子(祥伝社)
    『ブックのいた街』関口尚(祥伝社)
    『還暦シェアハウス』泉麻人(中央公論新社)
    『二度寝とは、遠くにありて想うもの』津村記久子(講談社)

4/13『モダン』原田マハ(文藝春秋)
    『樹海』鈴木光司(文藝春秋)
4/14『四月は少しつめたくて』谷川直子(河出書房新社)
    『かわいい結婚』山内マリコ(講談社)
4/16『いまのはなんだ?地獄かな』花村萬月(光文社)
    『ごんたくれ』西條奈加(光文社)
    『鳥辺野心中』花房観音(光文社)
    『冷たい手』水生大海(光文社)
4/18『晴れ女の耳』東直子(角川書店)
4/20『福家警部補の追及』大倉崇裕(東京創元社)

4/21『孫物語』椎名誠(新潮社)
4/22『地下水路の夜』阿刀田高(新潮社)
    『あぶない叔父さん』麻耶雄嵩(新潮社)
    『若冲』澤田瞳子(文藝春秋)
    『四季彩のサロメまたは背徳の省察』森晶麿(早川書房)
    『茅原家の兄妹』藤谷治(講談社)
    『忘れられた巨人』カズオ・イシグロ(早川書房)
4/23『深海大戦 Abyssal Wars 漸深層編』藤崎慎吾(角川書店)
    『夏の雷音』堂場瞬一(小学館)
    『ライフ』本城雅人(双葉社)
    『偽装 越境捜査』笹本稜平(双葉社)
    『明日の色』新野剛志(講談社)
    『山月庵茶会記』葉室麟(講談社)
    『テノヒラ幕府株式会社』安藤祐介(講談社)
4/24『過ぎ去りし王国の城』宮部みゆき(角川書店)
    『持たざる者』金原ひとみ(集英社)
    『ヒア・カムズ・ザ・サン』小路幸也(集英社)←東京バンドワゴン
    『武道館』朝井リョウ(文藝春秋)
    『界』藤沢周(文藝春秋)
4/25『闘鬼 斎藤一』吉川永青(NHK出版)
    『マインド・クァンチャ The Mind Quencher』森博嗣(中央公論新社)
    『五十坂家の百年』斉木香津(中央公論新社)
    『レインコートを着た犬』吉田篤弘(中央公論新社)
    『志士の峠』植松三十里(中央公論新社)
4/27『帝都探偵絵図 怪盗の伴走者』三木笙子(東京創元社)
    『ミツハの一族』乾ルカ(東京創元社)
4/28『女たち三百人の裏切りの書』古川日出男(新潮社)
    『世界はゴ冗談』筒井康隆(新潮社)
| 新刊メモ・単行本 | 20:33 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
2015年3月の新刊メモ 単行本編
JUGEMテーマ:読書

桃ひなまつりひなまつり3月の新刊メモジョギングつくしたんぽぽ

まだまだ寒いですあせ
でも母に貰った桃の枝に花が咲きました♪
春は近づいているようです。

3/2『男役』中山可穂(角川書店)
   『鬼塚パンチ!』鬼塚忠(角川書店)
   『外道たちの餞別』伊兼源太郎(角川書店)
3/4『生け贄』鳥飼否宇(講談社ノベルス)
   『みんなの少年探偵団 恐怖の緑魔帝王』芦原すなお(ポプラ社)
3/5『the SIX』井上夢人(集英社)
3/6『トライアングル』岡井崇(早川書房)
   『EPITAPH東京』恩田陸(朝日新聞出版)
   『決戦!熊本城 肥後加藤家改易始末』松永弘高(朝日新聞出版)←第6回朝日時代小説大賞優秀作受賞作
   『アンダーグラウンド・マーケット』藤井太洋(朝日新聞出版)
   『深山の桜』神家正成(宝島社)
3/10『断裂回廊』逢坂剛(徳間書店)
    『無限のビィ』朱川湊人(徳間書店)
    『黒薔薇 刑事課強行犯係 神木恭子』二上剛(講談社)

3/11『火花』又吉直樹(文藝春秋)
    『それを愛とは呼ばず』桜木紫乃(幻冬舎)
    『冤罪凶状 公事宿事件書留帳』澤田ふじ子(幻冬舎)
    『1981年のスワンソング』五十嵐貴久(幻冬舎)
3/12『マージナル・オペレーションF2』芝村裕吏(星海社)
    『利休の闇』加藤廣(文藝春秋)
    『桜の下で待っている』彩瀬まる(実業之日本社)
    『コンビニたそがれ堂 セレクション』村山早紀(ポプラ社)
3/13『東京帝大叡古教授』門井慶喜(小学館)
3/16『ダ・ヴィンチ ビジュアルブックシリーズ 女が死んでいる』貫井徳郎(メディアファクトリー)
3/17『槐(エンジュ)』月村了衛(光文社)
    『さよならは明日の約束』西澤保彦(光文社)
    『ウブドノ 裏原宿・神宮前情報社』ヒキタクニオ(光文社)
    『東京近江寮食堂』渡辺淳子(光文社)
    『冥福――日々のオバケ』牧野修(光文社)
    『酔ひもせず 其角と一蝶』田牧大和(光文社)
3/18『少年と老婆』岡田伸一(幻冬舎)
    『ただいまラボ』片川優子(講談社)
    『大奥の座敷童子』堀川アサコ(講談社)
3/19『黒野葉月は鳥籠で眠らない』織守きょうや(講談社)
    『家康の遺言』仁志耕一郎(講談社)
3/20『黄泉眠る森―醍醐真司の博覧推理ファイル―』長崎尚志(新潮社)
    『主婦病』森美樹(新潮社)←第12回 R−18文学賞 読者賞受賞作
    『神様が降りてくる』白川道(新潮社)
    『ぱらっぱフーガ』竹内真(双葉社)
    『真壁家の相続』朱野帰子(双葉社)

3/23『ひとりぼっちのあいつ』伊岡瞬(文藝春秋)
    『星読島に星は流れた』久住四季(東京創元社)
3/25『天使たちの課外活動5 笑顔の代償』茅田砂胡(中央公論新社)
    『首なし男と踊る生首』門前典之(原書房)
    『長くなるのでまたにする。』宮沢章夫(幻冬舎)
    『誓約』薬丸岳(幻冬舎)
    『ゼロデイ 警視庁公安第五課』福田和代(幻冬舎)
    『夏のおわりのハル』畑野智美(講談社)
3/26『殺人犯といっしょ』古川春秋(角川書店)
    『虹』周防柳(集英社)
    『手のひらの幻獣』三崎亜記(集英社)
3/27『革命前夜』須賀しのぶ(文藝春秋)
    『ログ・ホライズン9 カナミ、ゴー!イースト!』橙乃ままれ(エンターブレイン)
    『偽詩人の世にも奇妙な栄光』四元康祐(講談社)
    『浪華古本屋騒動記』堂垣園江(講談社)
    『向かい風に髪なびかせて』河合二湖(講談社)
    『雲をつかむ少女』藤野恵美(講談社)
3/28『白球ガールズ』赤澤竜也(角川書店)
    『ナイルパーチの女子会』柚木麻子(文藝春秋)
3/30『札幌アンダーソング 間奏曲』小路幸也(角川書店)
3/31『プランタンの優雅な退屈』大森葉音(原書房)
| 新刊メモ・単行本 | 20:01 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
昨夜のカレー、明日のパン
昨夜のカレー、明日のパン (JUGEMレビュー »)
木皿 泉
2013年のお気に入り。
RECOMMEND
あと少し、もう少し
あと少し、もう少し (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
2012年のお気に入り。
RECOMMEND
64(ロクヨン)
64(ロクヨン) (JUGEMレビュー »)
横山 秀夫
2012年の5つ星。
久々に読めて嬉しかった。
RECOMMEND
([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫)
([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫) (JUGEMレビュー »)
大沼 紀子
2011年のお気に入り。
随分違う装丁になりましたが文庫になってます。
RECOMMEND
小暮写眞館(上) (講談社文庫)
小暮写眞館(上) (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
宮部 みゆき
2010年の5つ星
文庫になっております。
RECOMMEND
RECOMMEND
天地明察(上) (角川文庫)
天地明察(上) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
2009年の一冊。
文庫になりました。
RECOMMEND
天地明察(下) (角川文庫)
天地明察(下) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
文庫になりました。
装丁カッコイイ。
RECOMMEND
戸村飯店 青春100連発 (文春文庫)
戸村飯店 青春100連発 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
2008年の一冊。
文庫になりました。お試しあれ!
RECOMMEND
ゴールデンスランバー (新潮文庫)
ゴールデンスランバー (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
2007年の一冊。
文庫になりました。オススメ!
RECOMMEND
キサトア (文春文庫)
キサトア (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
2006年の一冊。入手困難でしたが、文庫になりました。
…前の装丁のが好きだ…
RECOMMEND
てのひらの父
てのひらの父 (JUGEMレビュー »)
大沼紀子
2011年の一冊。
RECOMMEND
天地明察
天地明察 (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
2009年5つ星。

じわじわ興奮の一冊。
RECOMMEND
キサトア
キサトア (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
ものすごく大好きな本。
2006年の私の一冊。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
本の検索
本のブログ
にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ 【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集
カウンター
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS