ぼちぼち

本の感想と日々のできごと

ご訪問ありがとうございます。
TB・コメント大歓迎です♪(記事と関係ないものは削除させていただきます)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2013年あれこれ 読書編
JUGEMテーマ:読書

今年の読書ですが、振り返ってみるとなんだかあんまりだった気が…
いい本がなかったという意味でなく、読むほうの、私の姿勢がいまいちでした。反省。
来年はもうちょっとじっくり本と向き合いたいものです。

えーと、今年の読書は結局175冊でした。
読みたいのに読み残した本が多すぎて泣けます。挽回できるときは来るんだろうか。
不安です。

では今年の三冊。

 

滑り込みで読めたんですが、今年はこれが読めてよかった!
大好きだった『家守綺譚』の続編。装丁も素敵です。
いつでも手に取れる場所に、2冊並べて置いておきたい。



著者の方はもともと脚本家ということですね。
ドラマとかあんまり見ないので全然知らなかったんですが、雰囲気が良かったです。
ちょっと追っかけてみようと思ってます。文庫とかも買った。読めてないけど…

あと一冊ですが…
こ、今年も三冊目は空けとこうかな。
ちなみに去年空席だった最後の一席に入れたいのはこちら。


宮部さんの『ソロモンの偽証 第I部 事件』もよかったですが、
横山さんを久々に読めて嬉しかったので。
そのほか印象に残った本たち。

伊坂さんの本がないのは読めてないからです。
大事にしすぎて読めてないってもう全然あかん…
小野さんの十二国記も一気読みしたいと大事にしてる…
今年ひそかに今すぐ読みたい本棚ってのを設置したのですが、本が増えるばっかで、なかなか読了コーナーに旅立ってくれず、既にパンパンです。とほほ。


あ、まんがは結構いっぱい読んだかと思います。 今年一番はまったまんが。



続きがとっても楽しみ。年明けたら新刊が出るので嬉しい。わたしは巨人より亜人よりぐーる。



ずっと面白いのは素晴らしい。ちはやは新刊がとても早く出てびびる。
ワンピースとかもそうだけど、大人になると週刊連載は怖い。



今さらですが。上高地行ったときに宿に置いてあってはまった。泣けます。大人買いしたい。



原作つき。こちらを先に読んでから原作も読んだのですが、漫画いいと思います。
原作は読み慣れるまでに時間がかかっちゃった。
この後どういう風に展開されるのか楽しみ。



そのほかいっぱい読みましたよ。ふふふ。

来年はもうちょっとゆったりとした気持ちで読書を楽しみたいと思います。
毎年のことながら年末になると積読の量に唖然とします。
なんか年末になると買い込むってのもあるんですが、それまでも積もってるんだからさ。
今年の本は今年のうちに!ってもう無理だけど!
とりあえず、近いうちに伊坂祭と十二国記祭りは開催せねば!

ではでは、今年もお付き合いいただきありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

新刊リストはこの後更新いたします。
| 読書 | 17:56 | comments(4) | trackbacks(1) | pookmark |
2012年あれこれ 読書編
JUGEMテーマ:読書
 
今年もまもなく終わりです。
ブログの日記をさぼってばっかりなので…苦笑
せめてもの記録のまとめ記事でございます。

今年の読書は228冊でした♪まあまあかな?
でも読みたいのに読めなかった本がいっぱいあって、そこんとこ不満。
手元にある分はお正月とまあ冬の間に読めたらいいなと思ってます。
最近は人気作家さんの新刊はすっかり読めなくて文庫待ちです。そしてせっせと購入してる割には読めてない…なにゆえ。

さて、では今年の三冊。



駅伝のお話。とっても良かった!泣いた。
男の子たちが本当に中学生!って感じで微笑ましかったです。
瀬尾さんの子どもたちへの愛情が感じられる一冊。
瀬尾さんの本毎年のようにあげてる気が…



そもそもこういう絵画ネタが好きで、大変興味深く読めました。

今年はね、とにかくここにあげることになりそうな、とっても楽しみにしてた本がまだ読めてないんですよ泣き顔
全然おいついてない。
なので3冊め、あけときます。

そのほか印象に残ってる本たち。




それから、今年読んだ去年発売の気になった本たち。

 


来年はここに上げる本がいっぱいありそう。

まんがもいっぱい読みました♪お気に入りを紹介。

 
カッコイイ。

 
ずっとオモシロイ。

 
 大人買いして大人読み!

 
などなど!他にもいっぱい読みましたが覚えてない!

そしてここ2、3ヶ月はコミックが積読になってる末期状態。
 …振り返ってみると、今本当に読書とお買い物のバランスが悪すぎる…
だってコミックの積読だけで10冊いじょうあるもん。とほほ。
 
お正月はゆっくり読書ですね。そんなお休みないけど。

今年もお付き合いいただきありがとうございました!
来年もよろしくお願いいたします〜。
| 読書 | 18:55 | comments(2) | trackbacks(1) | pookmark |
2012年本屋大賞ノミネート作発表
JUGEMテーマ:読書

今日発表になったようなので。
 




10作品中6作が既読。
感想は、『くちびるに歌を』
      『ジェノサイド』
…思ったとおりあんまりあがってませんね。とほほ。
『ビブリア古書堂〜』は今読んでて、『しゅららぼん』と『ユリゴコロ』は積読になってるので、大賞発表までには読みたいな。
百田さんの『プリズム』は未だ読んでなくて手元にもないので、入手するとこから。とりあえず他の読んでからだな。
書き下ろし文庫の『ビブリア古書堂〜』が入ったのは本屋大賞らしくていいと思います。
読んだけど感想書けてないのもできれば。
『ピエタ』てっきり読んでないと思って、調べてみれば読んでた。あ〜、あの修道院の話か。正直あんまり印象に残ってないけど…

何が取るのかな?すごく応援したい作品があるというわけでもないので、外野でがやがや。
あ、そういえば有川作品候補に入ってない。
私は最近有川さんちょっと苦手なんだけど、みんな好きなんじゃないの?意外。
なんにせよ、ちょっとしたお祭りですね!
楽しみです。
| 読書 | 16:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2011年あれこれ 読書編
JUGEMテーマ:読書
 

2011年もまもなく終わりですね。
今年もすっかり更新をサボってしまったので、データ不足でお届けします。
メモを確認したところ、今年の読書は188冊でした。
去年より80冊くらい少ない…いや量じゃないけどさ。というか去年が多かったな。
でも読書界のイチローを目指してる(笑)ので、ちょっと足りない。
今年は読みたくて読もうとして読めなかった本がものすごく多かったです。来年はこの辺を崩していきたい。だって面白いに決まってる!ので。

今年の三冊。


発売は去年になるんですが、雰囲気がとっても好き。今調べたら、うかつなことに新刊出てる!


はやく読まなきゃ!


こちらはとってもよくできたエンターテイメントだったな、と。
楽しく読書できました♪


瀬尾さん大好き♪
これも、ほっこりあったかい気持ちになれて好きな本です。

今年…一応3冊あげましたが、飛び出してるってわけじゃなくて。
この下に上げる印象に残った本もおんなじくらい好きでした。






マンガもいっぱい読みましたがまるで覚えてない…

大人買いして一気読み♪たのしい!


素敵なまんが。

こうやって振り返ってみると、今年はこの本がとにかく好き!ってのはなかったかも。
先にも言ったんですが、読もうとして読めなかった本が多いのが心残りです。
やはり図書館環境が変わったのは大きくて、とにかく人気作家さんの本は、私的にとても借りれない雰囲気。どうしても読みたいのは買ったりしてるんでが、それが読めてないでやんの。
なんだかなあ。
文庫書き下ろし、なんてのも多くて目移りしたり。
なんだか本が全然読めない時期があったりしたのもショックだった。何やってたんだろう…ってゲーム?よくわかんない。
来年はもうちょっといい感じで本が読めればいいなあと思います。
量は気にしないといいつつも、あんまり減るのは気になるし。
読みたい本を読みたいときに!
簡単そうなんだけどなあ〜。

さて、今年も当ブログにお付き合いいただきありがとうございました。
来年もぼちぼち更新がんばりますので、よろしくお願いします。

2012年も素敵な本との出会いがありますように!!
| 読書 | 19:36 | comments(4) | trackbacks(1) | pookmark |
2010年あれこれ 読書編
JUGEMテーマ:読書
 
今年もブログはサボりがちだったため、データ不足です(笑)
メモを頼りに思い出しながら。ここに上げたのはできるだけ後ほど記事にしておきたいと思っております。

さて、今年の三冊。

小暮写眞館 (100周年書き下ろし)

私は、宮部みゆきさんのすごく熱心な読者というわけではないのですが、これはなんだかすごく好きでした。
またこういうお話も書いて欲しい。

バイバイ、ブラックバードオー!ファーザー

私は、伊坂幸太郎さんについては結構熱心な読者ですが、最近ちょっと出遅れ気味。
マリアビートル』〈角川書店)は来年の1冊目に読むと決めてるのでとりあえずこちらを。

ペンギン・ハイウェイ

これも好きでした。
森見さんは本の刊行のタイミングが私のタイミングと合ってる気がする。
そろそろ読みたい…と思ったときに出る。
嬉しい。

なんだか結構普通な3冊ですかね?でも面白かったからいいや。
そのほか気になったのをいろいろ。

原稿零枚日記ふがいない僕は空を見たいちにち8ミリの。呼んでみただけ

僕の明日を照らして竜が最後に帰る場所キッド


写楽 閉じた国の幻シューマンの指 (100周年書き下ろし)ドゥルシネーアの休日at Home

今年の読書は(文芸書で)266冊、でした。   

年末に引越ししたことによる最大の痛手は、図書館環境が尋常じゃなく悪くなったこと。
いや、多分以前が良すぎたのだろうけど。
読んでみたい新刊があっても、なかなか手が出せないのは辛いです。
たくさん読むから出会える本もあるんだけどな〜〜。

引越しでは本の移動でも敗れ去ったし(収納しきれず、初の処分。ダンボール10箱くらい+雑誌のバックナンバーとか)。
今結構マックスなので、何かを入れるためには何かを処分せねばならないのです。
お金もない、場所もない。

読んでみたい面白げな既刊もあるけど、ここ数年それなりに新刊を追ってきたので、そっちも気になる…
どうなる、来年の読書!?

今年もあまり更新できないだめだめブログでしたが、ご訪問いただいた方はありがとうございました。
来年はもうちょっと頑張って(って最近は毎回言ってる気が(^_^;))でもまあぼちぼちやりますので、よろしければ懲りずにお越しください。
来年もよろしくお願いします。
みなさま、よいお年を。
| 読書 | 18:27 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
2009年あれこれ 読書編
JUGEMテーマ:読書

結局ず〜っとほったらかしだったのですが、今後のためにもこっそり更新。
それにしても、せっかくほぼ毎日続けてたのに、サボりだすと転げ落ちるのは早い…
なかなか復活できないのが悲しいです。

ということで、今年(苦笑)の三冊。

天地明察

とても良かった。
2009年はこの本があって良かった。
この本に出会えてよかった。

猫を抱いて象と泳ぐ

装丁も込みで素晴らしく完成度の高い一冊。
うっとりします。

ダイナー

グロが嫌いな人は絶対だめですが。
グロとグルメとそしてなんと恋!が楽しめる奇跡の一冊。バランスが絶妙。奇跡だ。
平山さんってどんな人なんだろう…

そしていつもどおりそのほかの気になった本をずらっと。
今年は個人的にはいろいろ不調でした。

オリンピックの身代金同期Anotherダブル・ジョーカー

ハブテトル ハブテトランねたあとに少年鉄人掏摸

獣の奏者 (3)探求編獣の奏者 (4)完結編夜想曲集:音楽と夕暮れをめぐる五つの物語
| 読書 | 23:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2008年あれこれ 読書編
JUGEMテーマ:読書


恒例2008年振り返り企画。
今年もうちは今年の三冊です。順位をつけるのがいまいち苦手なので…(^_^;)
2008年に読んだ本の中から選んだので、それ以前の本も含まれております。あしからず。

戸村飯店青春100連発
東京へ出てきた関西人としていろいろ思うところのある一冊でした。
かなり好き。

ボックス!
とにかく、今年一番熱かった本。
著者の百田さんからコメントをいただけるという、大変光栄で嬉しいおまけ付。今年ブログやってて一番衝撃的だったことでもありました。

ジョーカー・ゲーム
こちらはかっこよかった一冊。
このミス2位でしたが、個人的には1位とって欲しかった…

というわけで今年の三冊でした♪
あとは印象に残った本をずらっと。そのほかのオススメ本はサイドのBOOKLOGをそうぞ。

黄金の王 白銀の王月のころはさらなり星のひと
宇宙への秘密の鍵新世界より 上新世界より 下
決壊 上巻決壊 下巻ロードムービー
百瀬、こっちを向いて。盆栽マイフェアレディカイシャデイズ

今年もたくさんの素敵な本に出会うことができました♪
個人的には今年は年間300冊越えの最大のチャンスだったんですが、結局292冊であがりです。
もうこんなに読めることは多分ないと思う…
というか、今年は最後のほう本当に息切れしてたので来年はちょっと読書スタイルを改めたいです。
とにかく図書館で本借りすぎない!
これにつきます。
図書館の本、返却期限があるのでどうしても時間に追われがちになってしまうという欠点が。
来年は読みたいときにその時一番読みたい本が読めるようにしたいです。あたりまえか。
そして、ブログのほうももうちょっと余裕を持って更新したいなあというのが野望。
いつものことですが、気張らずぼちぼち頑張ります。

今年もたくさんの人におつきあいいただき、楽しくブログを続けることができました。
ありがとうございます♪
来年もみなさまどうぞ、よろしくお願い申し上げます。

ではでは、よいお年を〜。
| 読書 | 18:33 | comments(7) | trackbacks(1) | pookmark |
第139回芥川賞・直木賞
JUGEMテーマ:読書


第139回芥川賞・直木賞が発表になりました。

芥川賞は、

時が滲む朝  『時が滲む朝』楊逸(文藝春秋)

直木賞は、

切羽へ  『切羽へ』井上荒野(新潮社)(感想はこちらへ

でした。
候補作、男性が多かった気がしますが、受賞したのはどちらも女性でしたね〜。
| 読書 | 21:45 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
2008年本屋大賞
JUGEMテーマ:読書

本屋大賞発表されました♪(→詳しくはこちら
10作品がノミネートされた時点で、あとひとつ(『カシオペアの丘で』重松清(講談社))を読めば全作品読むことになるなあと思って、ひそかに入手してたのですが、苦手意識もあって結局間に合わず。
このパターンだと積読のまま?

ふふふ。しかし!予想通りついに来ました!!

ゴールデンスランバー
『ゴールデンスランバー』伊坂幸太郎(新潮社)(感想は→こちら

とても嬉しいです♪めでたい♪
伊坂さん、おめでとうございます。
まだ未読の方、うらやましいです。この機会にぜひ♪
| 読書 | 21:30 | comments(8) | trackbacks(1) | pookmark |
カテゴリ編集でふと思ったこと…
読書カテゴリ編集作業、思ってたより早く済んでほぼ終了なのですが、なんだか結構面白かった。
というのも、いろいろ気づいたことがあって。

この際だから著者ごとに分けよう!と思って作業を開始したんですが、すごい量になることはやる前からわかってる。そこで2冊以上読んだ人から作っていこうというルールを自分の中で設けてみました。

だがしかし。
雰囲気でカテゴリをどんどん作っていくと、意外と本を読んでないことが判明。
ブログはじめてからは1冊しか読んでないというのが多くって、あれ?と首をひねることが多かったです。
だから結局一冊しか読んでないのにカテゴリのある作家さんがごろごろ…

特に好きでもないのに結構読んでる作家さんもいれば、好きな作家さんなのにあんまり読んでないというのもあってなんか変な気分。
そして、意外と変な本読んでるな私、とか思ったり(なんで読んだんかわからん本が何冊か…)。

最近の記事から分けていったんだけど、すごい読んでる気がしてるのに最後のほうまで名前が出てこない人がいたり(最近は新刊出てないってことね〜)、好きな作家さんでカテゴリを作りたいけどものすごい寡作だからどうしようとか悩んでみたり(新作が待ち遠しいのよ!)、思ってたよりいろいろ楽しくやれました。

ブログ始めた当初は日記的な記事が結構多くて、懐かしくて読んでしまった。
最近は全然だけどもうちょっとそーゆーのも増やそう♪(あとで楽しいから)

作家さんのカテゴリ編集はなんかいろいろ間違ってそうですが。修正もぼちぼちってことで……まあいっか。
| 読書 | 21:45 | comments(7) | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
昨夜のカレー、明日のパン
昨夜のカレー、明日のパン (JUGEMレビュー »)
木皿 泉
2013年のお気に入り。
RECOMMEND
あと少し、もう少し
あと少し、もう少し (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
2012年のお気に入り。
RECOMMEND
64(ロクヨン)
64(ロクヨン) (JUGEMレビュー »)
横山 秀夫
2012年の5つ星。
久々に読めて嬉しかった。
RECOMMEND
([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫)
([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫) (JUGEMレビュー »)
大沼 紀子
2011年のお気に入り。
随分違う装丁になりましたが文庫になってます。
RECOMMEND
小暮写眞館(上) (講談社文庫)
小暮写眞館(上) (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
宮部 みゆき
2010年の5つ星
文庫になっております。
RECOMMEND
RECOMMEND
天地明察(上) (角川文庫)
天地明察(上) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
2009年の一冊。
文庫になりました。
RECOMMEND
天地明察(下) (角川文庫)
天地明察(下) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
文庫になりました。
装丁カッコイイ。
RECOMMEND
戸村飯店 青春100連発 (文春文庫)
戸村飯店 青春100連発 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
2008年の一冊。
文庫になりました。お試しあれ!
RECOMMEND
ゴールデンスランバー (新潮文庫)
ゴールデンスランバー (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
2007年の一冊。
文庫になりました。オススメ!
RECOMMEND
キサトア (文春文庫)
キサトア (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
2006年の一冊。入手困難でしたが、文庫になりました。
…前の装丁のが好きだ…
RECOMMEND
てのひらの父
てのひらの父 (JUGEMレビュー »)
大沼紀子
2011年の一冊。
RECOMMEND
天地明察
天地明察 (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
2009年5つ星。

じわじわ興奮の一冊。
RECOMMEND
キサトア
キサトア (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
ものすごく大好きな本。
2006年の私の一冊。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
本の検索
本のブログ
にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ 【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集
カウンター
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS