ぼちぼち

本の感想と日々のできごと

ご訪問ありがとうございます。
TB・コメント大歓迎です♪(記事と関係ないものは削除させていただきます)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
キングを探せ
JUGEMテーマ:読書 
殺しのターゲットは4人
シャッフルされた犯行の行方は?
完璧な交換殺人を目論む男たちに、綸太郎の頭脳は勝てるのか
法月綸太郎シリーズ長編書き下ろし!

奇妙なニックネームで呼び合う4人の男たち。なんの縁もなかった彼らの共通項は“殺意”。
どうしても殺したい相手がいる、それだけで結託した彼らは、交換殺人を目論む。誰が誰のターゲットを殺すのか。それを決めるのはたった4枚のカード。粛々と進められる計画に、法月警視と綸太郎のコンビが挑む!
講談社HPより

さて。またまた本格です。
今日はこちらも久々の法月綸太郎シリーズ。大好きなシリーズを続けて読める幸せ。
そしてまたまたやられてしまう私。
ただ先日よんだ『奇面館の殺人』綾辻行人(講談社ノベルス)は読み終わった後、やられた感が凄く強かったんですが、こちらはなんだかあんまり悔しくない感じでした。
あ。面白かったですよ。もちろん。
びっくりもありました。

一応感想は続きからにしようかな…
続きを読む >>
|  ◆法月綸太郎 | 19:07 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
しらみつぶしの時計
評価:
法月 綸太郎
祥伝社
¥ 1,785
(2008-07-23)
JUGEMテーマ:読書

すべて異なる時を刻む1440個の時計
その中から唯一正確な時計を探し出せ――
神の命題か、悪魔の謎かけか!?
本格ミステリの名手が放つ、驚愕の推理、極限の論理(ロジック)!

無数の時計が配置された不思議な回廊。その閉ざされた施設の中の時計はすべて、たった一つの例外もなく異なった時を刻んでいた。すなわち、一分ずつ違った、一日二四時間の時を示す一四四〇個の時計――。正確な時間を示すのは、その中のただ一つ。夜とも昼とも知れぬ異様な空間から脱出する条件は、六時間以内にその“正しい時計”を見つけ出すことだった!? 神の下すがごとき命題に挑む唯一の武器は論理(ロジック)。奇跡の解答にはいかにして辿り着けるのか。極限まで磨かれた宝石のような謎、謎、謎! 名手が放つ本格ミステリ・コレクション!
祥伝社HPより

バラエティ豊かな10つの短編集。探偵法月綸太郎のシリーズではありません。

表題作、そんな館がありそう(笑)とか思いながら読み始めましたが、頭の体操みたいなお話でした。残念…。
ってパズルとしては面白かったので不満はありませんが。

他に面白いなあと思ったのは「使用中」。
本人たちが必死なのに比べて、舞台がトイレ…でなんだか笑えた。ミステリとしても面白かったです。
あと「素人芸」。そんな捜査ありっすか?とか思ってしまった。

そのほかでは、ミステリではないと思うんだけど「猫の巡礼」がなんだか不思議な感じで好きでした。
こういうのもまた機会があったら書いていただきたいかも。

それにしても、昨日の有栖川さんといい、発想の転換が面白いなあと感心しました。
何でもネタになるのか、無理やりネタにできたのがこれなのか…(笑)
どっちにしてもすごいと思います。
|  ◆法月綸太郎 | 21:08 | comments(4) | trackbacks(1) | pookmark |
犯罪ホロスコープ1 六人の女王の問題
JUGEMテーマ:読書

売れっ子ライター・虻原がマンションから転落死した。そのマンションには、虻原もかつて所属していた劇団の主宰者が住んでいた。最近、その劇団の芝居を巡り、二人には感情のもつれがあったらしいのだが……。虻原は、寄稿した雑誌の最終回のコラムに不可解な俳句を二首、残していた。さらに「六人の女王にたずねるがいい」という謎のメッセージが。はたして、俳句に隠された謎とは?(表題作)
星座にまつわる六つの謎を解き明かす、まさに端正な本格推理!
光文社HPより

本日4冊目。とりあえず、これでラストです。

12星座をモチーフにした短編本格ミステリの前半6つ分。
ぼちぼち読んでた本なのですが、気軽に楽しく読めました。
頭の体操みたいな本。

それぞれ冒頭に星座にまつわる神話が紹介されています。
毎度思うんだけど、やっぱりギリシア神話は一度ちゃんと読まなくちゃ。
興味深いんだけど、なんだかしり込みしてしまって。
とりあえず入門編として簡単なやつ探そう(と前も言ってた)。

そしてこういうものは自分の星座がどう料理されるか気になるものなので、早く早く!続きを書いていただきたく希望いたします。
|  ◆法月綸太郎 | 20:47 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
怪盗グリフィン、絶体絶命
怪盗グリフィン、絶体絶命
怪盗グリフィン、絶体絶命
法月 綸太郎

『怪盗グリフィン、絶体絶命』法月綸太郎(講談社)

綾辻行人の『びっくり館の殺人』と同時発売されたミステリーランドの一作。

いや〜、面白かったです。これはね、子どもも大人も楽しめると思う。

怪盗モノということで、なんとなく怪盗ニック(『怪盗ニック登場』エドワード・D.ホック(ハヤカワ文庫)などなど)を思い出しながら読んでたら、作中に名前が出てきてにんまり。

〈あるべきものを、あるべき場所に〉、いいじゃないですか。
グリフィンの鮮やかなお仕事は爽快、痛快。

途中、ふりがなが多くてうざいと思ったところもありましたが、本当に楽しく読めました。
挿絵も物語の雰囲気とあってて可愛い!!

こんなのも書くんですね、法月綸太郎。

これって一作限りなのかな?シリーズ化してもいいんじゃないかと思うんですが。
ぜひぜひ!!


|  ◆法月綸太郎 | 22:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
昨夜のカレー、明日のパン
昨夜のカレー、明日のパン (JUGEMレビュー »)
木皿 泉
2013年のお気に入り。
RECOMMEND
あと少し、もう少し
あと少し、もう少し (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
2012年のお気に入り。
RECOMMEND
64(ロクヨン)
64(ロクヨン) (JUGEMレビュー »)
横山 秀夫
2012年の5つ星。
久々に読めて嬉しかった。
RECOMMEND
([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫)
([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫) (JUGEMレビュー »)
大沼 紀子
2011年のお気に入り。
随分違う装丁になりましたが文庫になってます。
RECOMMEND
小暮写眞館(上) (講談社文庫)
小暮写眞館(上) (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
宮部 みゆき
2010年の5つ星
文庫になっております。
RECOMMEND
RECOMMEND
天地明察(上) (角川文庫)
天地明察(上) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
2009年の一冊。
文庫になりました。
RECOMMEND
天地明察(下) (角川文庫)
天地明察(下) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
文庫になりました。
装丁カッコイイ。
RECOMMEND
戸村飯店 青春100連発 (文春文庫)
戸村飯店 青春100連発 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
2008年の一冊。
文庫になりました。お試しあれ!
RECOMMEND
ゴールデンスランバー (新潮文庫)
ゴールデンスランバー (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
2007年の一冊。
文庫になりました。オススメ!
RECOMMEND
キサトア (文春文庫)
キサトア (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
2006年の一冊。入手困難でしたが、文庫になりました。
…前の装丁のが好きだ…
RECOMMEND
てのひらの父
てのひらの父 (JUGEMレビュー »)
大沼紀子
2011年の一冊。
RECOMMEND
天地明察
天地明察 (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
2009年5つ星。

じわじわ興奮の一冊。
RECOMMEND
キサトア
キサトア (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
ものすごく大好きな本。
2006年の私の一冊。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
本の検索
本のブログ
にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ 【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集
カウンター
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS