ぼちぼち

本の感想と日々のできごと

ご訪問ありがとうございます。
TB・コメント大歓迎です♪(記事と関係ないものは削除させていただきます)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
獣の奏者 外伝 刹那
評価:
上橋 菜穂子
講談社
¥ 1,575
(2010-09-04)

JUGEMテーマ:読書 
シリーズ120万部の大河物語(ファンタジー)

エリンの同棲時代、エサルの若き日の恋……、本編では明かされなかった空白の11年間が今ここに!

ずっと心の中にあった、エリンとイアル、エサルの人生――彼女らが人として生きてきた日々を書き残したいという思いに突き動かされて書いた物語集です。――上橋菜穂子

子どもから大人まで世代をこえて、コミック・アニメ化され表現をこえて、アジア・ヨーロッパへ国をこえて、かろやかに境界をとびこえていく、少女と獣が織りなす大傑作ファンタジー
講談社HPより

よもや、再び『獣の奏者』の新作を読めるとは思っておりませんでした!
内容はまさに外伝という感じで、なんというか「人間」のお話でした。

全体的に重い雰囲気。
重くて、暗い。その中のきらめきみたいのが印象的でした。
生きることに対してみんな真摯で、時にとことんかっこ悪くなれるところがかっこよかったです。
今までの物語があるから余計なのかもしれないけれど、彼らがなんとなく身近に感じられた作品でした。
人間臭いというか。
これまでのようなドキドキワクワクはなかったけど、じっくり読ませる物語でした。
やっぱり、『獣の奏者』はすごい。
|  ◆上橋菜穂子 | 22:29 | comments(2) | trackbacks(1) | pookmark |
獣の奏者 II 王獣編
評価:
上橋 菜穂子
講談社
¥ 1,680
(2006-11-21)
上橋菜穂子渾身の長編ファンタジー

王国の陰謀に果敢に立ち向かう少女・エリン。獣を操る技を身につけた彼女が選んだ未来とは?
「王獣は、けっして人に馴れることはない。甘い幻想を抱いて近づきすぎれば、爪で引き裂かれて死ぬことになる」師匠にそう言われても、エリンは、王獣を恐怖で支配することを拒む。――はたして人と獣がともに生きる道はあるのか?――

傷ついた王獣の子、リランを救いたい一心で、王獣を操る術を見つけてしまったエリンに、学舎の人々は驚愕する。しかし、王獣は「けっして馴らしてはいけない獣」であった。その理由を、エリンはやがて、身をもって知ることになる……。王国の命運をかけた争いに巻きこまれていくエリン。――人と獣との間にかけられた橋が導く、絶望と希望とは?
講談社HPより

素晴らしいです。
興奮の第二巻!

感想は間があいてしまいましたが、現実はそこそこ近くに読めてよかったです。
しかし、2冊続けて読めたらもっと良かったな…

この物語の場合〈王獣〉ですが、野生の動物との関係、自然と人との関係を考えずにはいられませんでした。
知ること、分かり合えることは良いことだと思いがちですが、現実はそんなに単純なものではないのだなあと。
難しいです。
そして生きることは大変で、単純だ。

こっそり?イアルには萌えました(これが萌えかあ)。

欲を言えばもうちょっと長くても良かったかなと思います。
外伝とかあったらいいなあ。
どうかな??
|  ◆上橋菜穂子 | 22:10 | comments(4) | trackbacks(1) | pookmark |
獣の奏者 I 闘蛇編
評価:
上橋 菜穂子
講談社
¥ 1,575
(2006-11-21)
上橋菜穂子待望の長編ファンタジー

けっして人に馴れず、また馴らしてもいけない獣とともに生きる、宿命の少女・エリン。

母が指笛を吹き鳴らしたとたん、奇跡が起こった。だが、その奇跡を、母は「大罪」と呼んだ……。

獣ノ医術師の母と暮らす少女、エリン。ある日、戦闘用の獣である闘蛇が何頭も一度に死に、その責任を問われた母は処刑されてしまう。孤児となったエリンは蜂飼いのジョウンに助けられて暮らすうちに、山中で天を翔ける王獣と出合う。その姿に魅了され、王獣の医術師になろうと決心するエリンだったが、そのことが、やがて、王国の運命を左右する立場にエリンを立たせることに……。
講談社HPより

すごい!面白いです。
さすが上橋菜穂子!

設定の細やかなのもさることながら、風景が思い浮かぶ描写が素晴らしい。
獣のにおいまで感じられるようでした。

波乱万丈の少女の物語って感じですが、ノンストップ一気読み。

主人公の〈エリン〉はつらいことがいっぱいあっただけあって、大人っぽい雰囲気ですがさすが運命の子(?)だけあって、周囲に恵まれてる(引き寄せてるんかな?)。
養い親〈ジョウン〉との暮らしの中の、養蜂の話なんかはとっても興味深く読めました。

生き物って本当、不思議!!

早く2巻が読みたい!!って思うんだけどまだ手元になく…
そして、2巻でちゃんと終わるんかなとちょっと心配。
もっと長くてもいいような…
|  ◆上橋菜穂子 | 21:31 | comments(7) | trackbacks(3) | pookmark |

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
昨夜のカレー、明日のパン
昨夜のカレー、明日のパン (JUGEMレビュー »)
木皿 泉
2013年のお気に入り。
RECOMMEND
あと少し、もう少し
あと少し、もう少し (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
2012年のお気に入り。
RECOMMEND
64(ロクヨン)
64(ロクヨン) (JUGEMレビュー »)
横山 秀夫
2012年の5つ星。
久々に読めて嬉しかった。
RECOMMEND
([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫)
([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫) (JUGEMレビュー »)
大沼 紀子
2011年のお気に入り。
随分違う装丁になりましたが文庫になってます。
RECOMMEND
小暮写眞館(上) (講談社文庫)
小暮写眞館(上) (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
宮部 みゆき
2010年の5つ星
文庫になっております。
RECOMMEND
RECOMMEND
天地明察(上) (角川文庫)
天地明察(上) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
2009年の一冊。
文庫になりました。
RECOMMEND
天地明察(下) (角川文庫)
天地明察(下) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
文庫になりました。
装丁カッコイイ。
RECOMMEND
戸村飯店 青春100連発 (文春文庫)
戸村飯店 青春100連発 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
2008年の一冊。
文庫になりました。お試しあれ!
RECOMMEND
ゴールデンスランバー (新潮文庫)
ゴールデンスランバー (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
2007年の一冊。
文庫になりました。オススメ!
RECOMMEND
キサトア (文春文庫)
キサトア (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
2006年の一冊。入手困難でしたが、文庫になりました。
…前の装丁のが好きだ…
RECOMMEND
てのひらの父
てのひらの父 (JUGEMレビュー »)
大沼紀子
2011年の一冊。
RECOMMEND
天地明察
天地明察 (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
2009年5つ星。

じわじわ興奮の一冊。
RECOMMEND
キサトア
キサトア (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
ものすごく大好きな本。
2006年の私の一冊。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
本の検索
本のブログ
にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ 【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集
カウンター
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS