ぼちぼち

本の感想と日々のできごと

ご訪問ありがとうございます。
TB・コメント大歓迎です♪(記事と関係ないものは削除させていただきます)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
義弟
JUGEMテーマ:読書

克己と彩は血の繋がりのない義理の姉弟。成人した今、克己の彩に対する感情は、姉以上のものになっていた。そんな中、彩の不倫相手が彼女の職場で急死する。助けを求められた克己は、彼女を守るため遺体の処理をするのだが……。克己の抑えられない破滅的な衝動、男性を受け入れられない彩の秘密。それぞれの心の闇を描く、衝撃の問題作。
双葉社HPより

う〜ん…普通。

冒頭の放火を決意するまでの場面。
〈克己〉のもやもやした、心に負の気持ちが溜まっていくのがすごく伝わって、どうなるんだろうってドキドキした。〈彩〉が登場したときには本当、〈克己〉と同じくらい衝撃を受けたのだけれども…

なんだかその後が普通…。
いまいち〈彩〉の気持ちがわからんかったのもあるし。
もっとガチンコで姉弟の関係が読みたかったような気がします。
サスペンス的展開はいらんかったような…
評価:
永井 するみ
双葉社
¥ 1,890
(2008-05-20)

|  ◆永井するみ | 22:03 | comments(4) | trackbacks(3) | pookmark |
グラデーション
評価:
永井 するみ
光文社
¥ 1,680
(2007-10-20)
JUGEMテーマ:読書

一つ一つ、迷ったらいい。
歩き続けていれば、
日々は色濃くなってゆくものだから

14歳の少女が、友人、家族、憧れの人との関係のなかで、一つずつ自分の感情を増やしてゆく――。
進学や恋愛、就職の悩み……誰にでも訪れる当たり前のような出来事を、自分らしく受け止め、大人の入り口に立つ23歳になるまでを丁寧に辿る。
いつかの自分を投影するような、心地よい等身大の成長小説。
光文社HPより

一人の女の子の14歳から23歳までを一年一年(飛ぶところもあるけど)丁寧に描いた成長小説。

昔のアルバム見てるみたいな感じ?
その年その年の悩みとか出来事はそんなに変わったことでもないんだけど、ところどころわかる部分があって懐かしい気持ちで読みました。
なんか昔の友達と会いたくなった。

ただ、一年分のお話が尻切れで終わっているものもあって物足りない気も。
装丁は可愛いです。
|  ◆永井するみ | 21:24 | comments(4) | trackbacks(1) | pookmark |
ダブル
ダブル

『ダブル』永井するみ(双葉社)
若い女性が突然、路上に飛び出し、車に轢かれて死亡した。事故と他殺が疑われたこの事件は、被害者の特異な容貌から別の注目を浴びることになった。興味を持った女性ライターが取材を進めると、同じ地域でまた新たな事件が起こる。真相に辿り着いた彼女が見たものは―。かつてない犯人像と不可思議な動機―追うほどに、女性ライターは事件に魅入られていく。新たなる挑戦の結実、衝撃の長編サスペンス。
「BOOK」データベースより

これは怖いです。
女は怖い、って話だと思ってたんだけど、思ってたよりもっと怖くて気持ち悪い話だった。

結局またやっぱり、普通に見える人が一番怖いという話なのかな?
……わかる気はするけど嫌だなあ。

東京に来てから良く思うのだけれども、こちらで思いやりの気持ちを持つのは結構大変。都会の風は冷たいぜ、みたいな。
人が多いからかな?なんでかわからんけど、町を歩いていると神経がささくれ立つことが多いです。
日々の自分本位な考えを思ってちょっぴり反省…

ぐいぐい読めたけど、なかなか嫌な気分になるお話でした。
|  ◆永井するみ | 23:15 | comments(0) | trackbacks(2) | pookmark |

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
昨夜のカレー、明日のパン
昨夜のカレー、明日のパン (JUGEMレビュー »)
木皿 泉
2013年のお気に入り。
RECOMMEND
あと少し、もう少し
あと少し、もう少し (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
2012年のお気に入り。
RECOMMEND
64(ロクヨン)
64(ロクヨン) (JUGEMレビュー »)
横山 秀夫
2012年の5つ星。
久々に読めて嬉しかった。
RECOMMEND
([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫)
([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫) (JUGEMレビュー »)
大沼 紀子
2011年のお気に入り。
随分違う装丁になりましたが文庫になってます。
RECOMMEND
小暮写眞館(上) (講談社文庫)
小暮写眞館(上) (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
宮部 みゆき
2010年の5つ星
文庫になっております。
RECOMMEND
RECOMMEND
天地明察(上) (角川文庫)
天地明察(上) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
2009年の一冊。
文庫になりました。
RECOMMEND
天地明察(下) (角川文庫)
天地明察(下) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
文庫になりました。
装丁カッコイイ。
RECOMMEND
戸村飯店 青春100連発 (文春文庫)
戸村飯店 青春100連発 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
2008年の一冊。
文庫になりました。お試しあれ!
RECOMMEND
ゴールデンスランバー (新潮文庫)
ゴールデンスランバー (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
2007年の一冊。
文庫になりました。オススメ!
RECOMMEND
キサトア (文春文庫)
キサトア (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
2006年の一冊。入手困難でしたが、文庫になりました。
…前の装丁のが好きだ…
RECOMMEND
てのひらの父
てのひらの父 (JUGEMレビュー »)
大沼紀子
2011年の一冊。
RECOMMEND
天地明察
天地明察 (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
2009年5つ星。

じわじわ興奮の一冊。
RECOMMEND
キサトア
キサトア (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
ものすごく大好きな本。
2006年の私の一冊。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
本の検索
本のブログ
にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ 【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集
カウンター
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS