ぼちぼち

本の感想と日々のできごと

ご訪問ありがとうございます。
TB・コメント大歓迎です♪(記事と関係ないものは削除させていただきます)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
やがて目覚めない朝が来る
評価:
大島 真寿美
ポプラ社
¥ 1,470
(2007-11)
JUGEMテーマ:読書

両親の離婚後、母とともに父方の祖母、蕗さんの洋館で暮らすことになった私。蕗さんは元舞台女優で、周囲には常に、若い頃から蕗さんの熱烈なファンである元記者の田幡さん、衣装アシスタントだった孔雀のようなミラさん、元マネージャーの富樫さんなど、魅力的な人々が集まっていた。
血のつながりを超えた密接な関係と、そのなかで大人になっていく少女の姿、そして時の流れがもたらすものを、まろやかで繊細な筆致で描き出す、著者渾身の一作。
ポプラ社HPより

繊細で落ちついた雰囲気。
ところどころひっかるところはあるんだけれども、〈蕗さん〉のキャラクターが秀逸で、彼女の周りに集まってくる大人たちも魅力的でするすると読ませられました。

物語の語り手である〈有加〉はでしゃばらない雰囲気。大人の中の子どもってこんな感じかもしれません。
大人が思ってるより多くのことを知ってるけど、思ってるよりしっかり子ども。

元舞台女優で背筋がしゃんと伸びてそうな〈蕗さん〉やそのほかの大人たちは、〈有加〉が大人になるにつれて少しずつ亡くなってしまうんだけど、悲しいというよりはそういうものなのだ、と思えるようなお話でした。
私は〈ミラ〉さん、好きでした。

読み終わって、タイトルがなんだか沁みます。
|  ◆大島真寿美 | 21:10 | comments(11) | trackbacks(2) | pookmark |
青いリボン
青いリボン

『青いリボン』大島真寿美(理論社)
依子の良心は家庭内別居中。さらに、母親の長期出張が決まり、依子は親友・梢の家に下宿することに……。大家族の梢の家は、核家族の依子にとってはまるで外国。女子高生同士の友情と信頼の中に、家族とはなにかを問う、ふしぎな浮遊感ただようお話。
「BOOK」データベースより

初読み作家さんが続きます。…多分初のはず。
装丁が可愛らしい。

家族の物語ですね。

家族ってのはどうしても自分家がスタンダードとなってしまう。
よそと比べるとびっくりというのはよくあります。

同級生の家に居候というのはなかなか楽しそうですね。
気つかうか。
でもなかなか良い距離具合の女の子同士を見てると微笑ましい。
よそ者を受け入れる体質というのはあると思います。梢ちゃんちはそういう家でよかったですね。妹とかお兄さんとかとのかかわりも良い感じでした。

よそをみてはじめて自分の家族の事に気づいていくのはありますね。でもまあやっぱり基地があるというのは素晴らしいことだ!

台湾のボーイフレンド?の存在がちょっとしたオアシスみたいのになってました。
ほのぼの本でした。
|  ◆大島真寿美 | 22:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
昨夜のカレー、明日のパン
昨夜のカレー、明日のパン (JUGEMレビュー »)
木皿 泉
2013年のお気に入り。
RECOMMEND
あと少し、もう少し
あと少し、もう少し (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
2012年のお気に入り。
RECOMMEND
64(ロクヨン)
64(ロクヨン) (JUGEMレビュー »)
横山 秀夫
2012年の5つ星。
久々に読めて嬉しかった。
RECOMMEND
([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫)
([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫) (JUGEMレビュー »)
大沼 紀子
2011年のお気に入り。
随分違う装丁になりましたが文庫になってます。
RECOMMEND
小暮写眞館(上) (講談社文庫)
小暮写眞館(上) (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
宮部 みゆき
2010年の5つ星
文庫になっております。
RECOMMEND
RECOMMEND
天地明察(上) (角川文庫)
天地明察(上) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
2009年の一冊。
文庫になりました。
RECOMMEND
天地明察(下) (角川文庫)
天地明察(下) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
文庫になりました。
装丁カッコイイ。
RECOMMEND
戸村飯店 青春100連発 (文春文庫)
戸村飯店 青春100連発 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
2008年の一冊。
文庫になりました。お試しあれ!
RECOMMEND
ゴールデンスランバー (新潮文庫)
ゴールデンスランバー (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
2007年の一冊。
文庫になりました。オススメ!
RECOMMEND
キサトア (文春文庫)
キサトア (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
2006年の一冊。入手困難でしたが、文庫になりました。
…前の装丁のが好きだ…
RECOMMEND
てのひらの父
てのひらの父 (JUGEMレビュー »)
大沼紀子
2011年の一冊。
RECOMMEND
天地明察
天地明察 (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
2009年5つ星。

じわじわ興奮の一冊。
RECOMMEND
キサトア
キサトア (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
ものすごく大好きな本。
2006年の私の一冊。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
本の検索
本のブログ
にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ 【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集
カウンター
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS