ぼちぼち

本の感想と日々のできごと

ご訪問ありがとうございます。
TB・コメント大歓迎です♪(記事と関係ないものは削除させていただきます)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
あした咲く蕾
評価:
朱川 湊人
文藝春秋
¥ 1,600
(2009-08)

JUGEMテーマ:読書

僕の家に、母の妹がやって来た。美人だが、タバコは吸う、関西弁で毒舌をまくし立てる、お世辞にも性格がいいとは言えない人だ。でも彼女は、正真正銘の天使だったのだ。なぜなら、彼女は自分の“命”を分けてあげることができたから――死にそうな捨て猫に、怪我をした子どもに、そして自分が愛する人に――。ファンタジックで心あたたまる7篇収録。“世界一うつくしい物語”です。(YB)
文藝春秋HPより

どこか懐かしくてちょっと不思議で、そしてこころあたたまる、読後感の心地いい短編集。
朱川さんのこのラインの作品は好きです。

ところどころ、不安に思えたり、不吉に感じたりするところはあるんだけど、最後はちょっといい気持ちになれるお話ばっかりでした。

個人的に「カンカン軒怪異譚」に出てくるおばちゃんのチャーハンがめちゃめちゃおいしそうで、中華食べたくなりました。
おいしいご飯を食べると元気が出てきます!



|  ◆朱川湊人 | 22:24 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スメラギの国
評価:
朱川 湊人
文藝春秋
¥ 1,890
(2008-03)
JUGEMテーマ:読書

志郎の新居の前には、猫が不思議と多く集まる空き地があった。そこを駐車場がわりにしたことが志郎を狂わせる不幸の始まりだった

結婚を決意し、幸せいっぱいの志郎と麗子。新居となるアパートの前には、猫が多く集まる不思議な空き地があった。大家からは何の説明もなく、その付近の猫には構うなと言われるが、そのときには、ひょっこりと部屋に現れた猫を飼っていたのだった。ある日車を安く手に入れられた志郎は、目の前の空き地を車庫がわりにする。しかしそれが薔薇色の生活を一変させる、可愛かった猫たちとの戦いの始まりになろうとは思いもしなかった……。愛するものを守るために凄惨なまでに闘う人と猫。著者の本領発揮のホラー長篇登場です。
文藝春秋HPより

う〜ん、猫好きの方にはあんまりオススメできないかも…

最初、〈志郎〉と猫との交流が微笑ましく、にゃんこかわいいなあ〜とかほのぼの読んでたんですが、中盤以降物語が一変。
もう読んでて辛くって、とにかく何とか早くこの事態が収まって欲しいと、大急ぎの読書。
特に猫のカミカゼアタックはかなり辛かった…一体何匹の猫が…

猫が賢くなって、人の言うこととかわかっていい感じに暮らせたら素敵だったかもってのは、人様の勝手な言い分ですかね?やっぱり上から見てますか?
それにしてもこういう結末じゃ悲しすぎる。
スメラギとかそういうことを全然望んでたわけじゃなかったのに、なんでこんなことに…

図式としては、人間対猫なんだけど、実際のところは人同士の物語のような気も。
子を思う親の気持ちに人間だから猫だからってのはないと思いつつも、凄絶な猫たちの姿になんだかもう言葉をなくしてしまいました。
|  ◆朱川湊人 | 18:50 | comments(6) | trackbacks(3) | pookmark |

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
昨夜のカレー、明日のパン
昨夜のカレー、明日のパン (JUGEMレビュー »)
木皿 泉
2013年のお気に入り。
RECOMMEND
あと少し、もう少し
あと少し、もう少し (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
2012年のお気に入り。
RECOMMEND
64(ロクヨン)
64(ロクヨン) (JUGEMレビュー »)
横山 秀夫
2012年の5つ星。
久々に読めて嬉しかった。
RECOMMEND
([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫)
([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫) (JUGEMレビュー »)
大沼 紀子
2011年のお気に入り。
随分違う装丁になりましたが文庫になってます。
RECOMMEND
小暮写眞館(上) (講談社文庫)
小暮写眞館(上) (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
宮部 みゆき
2010年の5つ星
文庫になっております。
RECOMMEND
RECOMMEND
天地明察(上) (角川文庫)
天地明察(上) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
2009年の一冊。
文庫になりました。
RECOMMEND
天地明察(下) (角川文庫)
天地明察(下) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
文庫になりました。
装丁カッコイイ。
RECOMMEND
戸村飯店 青春100連発 (文春文庫)
戸村飯店 青春100連発 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
2008年の一冊。
文庫になりました。お試しあれ!
RECOMMEND
ゴールデンスランバー (新潮文庫)
ゴールデンスランバー (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
2007年の一冊。
文庫になりました。オススメ!
RECOMMEND
キサトア (文春文庫)
キサトア (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
2006年の一冊。入手困難でしたが、文庫になりました。
…前の装丁のが好きだ…
RECOMMEND
てのひらの父
てのひらの父 (JUGEMレビュー »)
大沼紀子
2011年の一冊。
RECOMMEND
天地明察
天地明察 (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
2009年5つ星。

じわじわ興奮の一冊。
RECOMMEND
キサトア
キサトア (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
ものすごく大好きな本。
2006年の私の一冊。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
本の検索
本のブログ
にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ 【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集
カウンター
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS