ぼちぼち

本の感想と日々のできごと

ご訪問ありがとうございます。
TB・コメント大歓迎です♪(記事と関係ないものは削除させていただきます)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
下町ロケット
評価:
池井戸 潤
小学館
¥ 1,785
(2010-11-24)

JUGEMテーマ:読書 
主人公・佃航平は宇宙工学研究の道をあきらめ、東京都大田区にある実家の佃製作所を継いでいたが、突然の取引停止、さらに特許侵害の疑いで訴えられるなど、大企業に翻弄され、会社は倒産の危機に瀕していた。
 一方、政府から大型ロケットの製造開発を委託されていた帝国重工では、百億円を投じて新型水素エンジンを開発。しかし、世界最先端の技術だと自負していたバルブシステムは、すでに佃製作所により特許が出願されていた。宇宙開発グループ部長の財前道生は佃製作所の経営が窮地に陥っていることを知り、特許を20億円で譲ってほしいと申し出る。資金繰りが苦しい佃製作所だったが、企業としての根幹にかかわるとこの申し出を断り、逆にエンジンそのものを供給させてくれないかと申し出る。
 帝国重工では下町の中小企業の強気な姿勢に困惑し憤りを隠せないでいたが、結局、佃製作所の企業調査を行いその結果で供給を受けるかどうか判断するということになった。一方、佃製作所内部も特に若手社員を中心に、特許を譲渡してその分を還元してほしいという声が上がっていた。
 そうした中、企業調査がスタート。厳しい目を向け、見下した態度をとる帝国重工社員に対し、佃製作所の若手社員は日本のものづくりを担ってきた町工場の意地を見せる。
小学館HPより

あらすじ長!きっと感想より長くなるんだろう(笑)

最初のほうは我慢が必要です。
主人公の〈航平〉が怒りっぽいというのもあってか、一緒にカッカカッカしてました。
大企業も、銀行もヒドイ…
まあわかりやすく悪者として描かれてるわけですが、これに近いことってありそう。
中小企業の経営って大変そうだなあ…

と前半はこのままストレスかけられまくるのか…と覚悟を決めて読み進めてたのですが、意外と早くに救世主登場で、ほっと一息。
まあその後すぐまた他のトラブルが発生するんですけど。

内部の反対意見に対して、夢を追いかける社長〈航平〉の言葉に説得力がなくて、ちょっとそのあたりが辛かったです。
うまく説明できないってのはリアルな気もするんだけど、社員は擦る減るよなあ。
しんどいばっかじゃ嫌になる。
でもなんだかんだ言って一丸になれるのは、職場や仕事に愛情があるからだろうなあと想像して、そういう職場を作ってきた〈航平〉がやっぱり良かったのかな?と思いました。
あ、あと銀行から出向してきた〈殿村〉さん。かっこよかった。好きです!

宇宙のお話が好きで、それだけでちょっと評価が上がっちゃいがちなんですが、面白かったです。
|  ◆池井戸潤 | 20:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
オレたち花のバブル組
評価:
池井戸 潤
文藝春秋
¥ 1,750
(2008-06-13)
JUGEMテーマ:読書

粉飾問題が発覚したホテルを任された銀行員・半沢。裏には様々な姦計や権力闘争が。四面楚歌のバブル組は、再び一発逆転できるか

『オレたちバブル入行組』の男たちがさらに強力になって帰ってきました!
運用損失200億円が発覚した名門ホテルの建て直しを命じられた半沢、出向先でいびられる近藤……。銀行合併の弊害で、行内も全員が味方ではない。加えて金融庁検査が決定。そこには、「オレバブ」史上最も強烈なキャラとの対決が。果たして彼らはこの逆境をどう解決するのか。
今回はほろ苦い結末が待ち構えているかもしれません。が、等身大の主人公たちへの共感は明日への力を与えてくれます。
著者から働く人たちへの応援歌です。(YN)
文藝春秋HPより

昨日の『オレたちバブル入行組』(文春文庫)の続編。
〈半沢〉健在、って感じで大変面白かった。

前半はあいかわらず相当ストレスたまります。
私、銀行では絶対働けない…(^_^;)

今回は前作ではちょっと不満だった「組」の部分が大活躍。
同期がそれぞれを影から自分のできる範囲でアシストしてて、それがええなあって思った。
敵役?の〈黒崎〉は相当嫌なやつですが、アクの強くてインパクトありました。

前作でも思ってたんですが、言いたいことをバシバシ言っちゃう(言いすぎちゃう?)〈半沢〉には今回もハラハラ。
痛快といえば痛快なんですが、切れ味鋭すぎてちょっと怖い…(まあ〈半沢〉も奥さんには滅法弱くって二人のやりとり見てるとなんだかホッとするんだけど)。

ラストは確かにちょっと苦くって、現実を見たような気も…いや、そんなもんなんだろうけど。
これまたこの後が大変気になります。続編をとっても期待。
|  ◆池井戸潤 | 21:28 | comments(7) | trackbacks(2) | pookmark |
オレたちバブル入行組
JUGEMテーマ:読書

崩壊した銀行神話。給料は下がり、ポストも減り、逆境にさらされるバブル入行組の男たちの意地と挑戦を鮮やかに描く痛快長篇小説

大手銀行にバブル期に入行して、今は大阪西支店融資課長の半沢。支店長命令で無理に融資の承認を取り付けた会社が倒産した。すべての責任を押しつけようと暗躍する支店長。四面楚歌の半沢には債権回収しかない。夢多かりし新人時代は去り、気がつけば辛い中間管理職。そんな世代へエールを送る痛快企業小説。 解説・新野剛志


池井戸さんって経済小説というイメージが強くって、あんまり興味ある分野じゃないなあって思って読んでなかったんだけど、前に直木賞にノミネートされた『空飛ぶタイヤ』(実業之日本社)が評判で気になってたのです。
結局『空飛ぶタイヤ』の方はタイミングが合わなくて読めてないんですが、今回新刊が出たということでシリーズの前作と一緒に読んでみました。
これが面白かった。
経済小説、実は結構楽しく読んでいる事が多くて、当たりがいいのかもしれないけど、偏見はあかんなあと大反省。

とはいえ。
面白いのは面白かったんだけど、これはものすごくストレスのたまる本だった。
こういう組織モノのお話としては、警察小説とかもストレスかかるんやけど、これはそれ以上ちゃうの。銀行、恐るべし。
そしてやっぱり役人は……(-_-;)

銀行の内部のお話は興味深いし、バブルを経験してない私としては、バブル時代の人ってちょっとうらやましいんだけど、あれはあれで苦労があるのねえ…とか。
「バブル入行組」ということでもっと同期が活躍すんのかなあと思ってたんですが、それはあんまりなくって残念。

主人公の〈半沢〉の切れ味が鋭すぎて、ハラハラする場面もあったけれども、最後はしてやったり!な感じでそれまでのストレスを振り払う勢い痛快さがありました。
新作も楽しみ。
|  ◆池井戸潤 | 21:36 | comments(6) | trackbacks(4) | pookmark |

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
昨夜のカレー、明日のパン
昨夜のカレー、明日のパン (JUGEMレビュー »)
木皿 泉
2013年のお気に入り。
RECOMMEND
あと少し、もう少し
あと少し、もう少し (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
2012年のお気に入り。
RECOMMEND
64(ロクヨン)
64(ロクヨン) (JUGEMレビュー »)
横山 秀夫
2012年の5つ星。
久々に読めて嬉しかった。
RECOMMEND
([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫)
([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫) (JUGEMレビュー »)
大沼 紀子
2011年のお気に入り。
随分違う装丁になりましたが文庫になってます。
RECOMMEND
小暮写眞館(上) (講談社文庫)
小暮写眞館(上) (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
宮部 みゆき
2010年の5つ星
文庫になっております。
RECOMMEND
RECOMMEND
天地明察(上) (角川文庫)
天地明察(上) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
2009年の一冊。
文庫になりました。
RECOMMEND
天地明察(下) (角川文庫)
天地明察(下) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
文庫になりました。
装丁カッコイイ。
RECOMMEND
戸村飯店 青春100連発 (文春文庫)
戸村飯店 青春100連発 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
2008年の一冊。
文庫になりました。お試しあれ!
RECOMMEND
ゴールデンスランバー (新潮文庫)
ゴールデンスランバー (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
2007年の一冊。
文庫になりました。オススメ!
RECOMMEND
キサトア (文春文庫)
キサトア (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
2006年の一冊。入手困難でしたが、文庫になりました。
…前の装丁のが好きだ…
RECOMMEND
てのひらの父
てのひらの父 (JUGEMレビュー »)
大沼紀子
2011年の一冊。
RECOMMEND
天地明察
天地明察 (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
2009年5つ星。

じわじわ興奮の一冊。
RECOMMEND
キサトア
キサトア (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
ものすごく大好きな本。
2006年の私の一冊。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
本の検索
本のブログ
にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ 【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集
カウンター
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS