ぼちぼち

本の感想と日々のできごと

ご訪問ありがとうございます。
TB・コメント大歓迎です♪(記事と関係ないものは削除させていただきます)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
所轄魂
評価:
笹本稜平
徳間書店
¥ 1,680
(2012-01-18)

JUGEMテーマ:読書 
公園の木立で発見された絞殺死体は、裸足の女性――。捜査本部に着任した警視庁捜査一課のキャリア管理官は、我が息子だった。同時にチョウバ壊しで知られる捜査十三係の鬼係長・山岡も派遣されてきた。26歳警視の俊史と犯人を追うことになった城東署の強行犯係長・葛木の、所轄刑事の意地を懸けた苦闘の日々が始まった……。揺れる捜査方針に、本庁と所轄の面子が火花を散らしてぶつかり合う!
徳間書店HPより

警察小説ですが、ちょっと珍しい?結構さわやかな読み心地。
もちろん殺人事件起こるのでさわやかなばっかりではありませんが、捜査に取り組むことになった父子がちょっとできすぎなくらいの親子でよかったです。

結局悪者役?を一手に引き受けたのは、捜査一課の問題係長山岡とその部下たちでした。
最終的には犯人よりやな感じだった、というか犯人の印象があんまりない…
元捜査一課で今は所轄の一係長というおとーさんと、今回が独り立ちの初帳場という警視庁捜査一課キャリア管理官の息子。彼らのやりとりが微笑ましいというかなんというか。
ちょっと息子がいい子ちゃんすぎて物足りなかった気もしなくありませんが、いいコンビでした。
所轄署の刑事の面々もいい味だしてました。
|  ◆笹本稜平 | 19:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
素行調査官
評価:
笹本稜平
光文社
¥ 1,785
(2008-10-22)
JUGEMテーマ:読書

警務の監察といってな。警察の中の警察だよ。悪事をはたらく警察官にとって、鬼よりこわいのがおれたちなんだ。

本郷岳志は、私立探偵を経て、特別捜査官として警視庁に入庁した変り種。警務部人事一課監察係で、警察官の不品行や不正を取り締まるのが仕事だ。──いわば、「素行調査官」。組織の中の汚れ役。

横行する公私混同、出世と保身、証拠隠滅にでっち上げ──。過去と決別した男の意地が、警察機構の暗部を抉る。

警察小説、異色の傑作!
光文社HPより

な〜が〜い〜。
全然進まなくて参った。
ストーリーがわりと平坦であんまり起伏がないような。謎が全然解けてこないんだけど、その過程もあんまり緊迫した感じにならんのがちょっと…
登場人物にあんまり魅力を感じなかったってのもあるかも。

しかし、警察ってこんな話ばっかり書かれとる……
|  ◆笹本稜平 | 22:18 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
還るべき場所
評価:
笹本 稜平
文藝春秋
¥ 1,943
(2008-06-13)
JUGEMテーマ:読書

登攀(とうはん)中に恋人を遭難で失った翔平は登山ツアーのガイドとしてK2に戻ってきた。圧倒的な迫力で描く感動のアドヴェンチャーミステリー大作

スケールの大きな冒険小説で定評のある笹本氏の新境地。舞台は世界中のクライマー憧れの山岳・K2です。
主人公は4年前にK2で恋人を失った矢代翔平。2人で世界第2位の高峰――K2の未踏の東壁に挑んでいたが、恋人だけが、この「魔の山」に飲み込まれてしまいます。
それから4年間、山に登ることができなかった翔平だが、旧友の誘いで運命の山・K2に再び挑みます。友人は登山ツアーを主催し、そのガイドとして翔平に白羽の矢が立ったのです。企業経営者、かつてK2で友人を失った登山家らが集ったこのツアー。それぞれに悩みを抱えたクライマーたちが「魂再生のための巡礼の旅」に挑みます。K2登山を舞台に、劇的なラストを迎える感動山岳小説。
「人はなぜ山に登るのか」。その答えがこの本にあります。(ON)
文藝春秋HPより

がっつり、500P弱の山岳長編小説。読み応えあります。
冬山のお話で凍えるほど寒いのに、熱い、熱い。

4年前、恋人と二人で未踏ルートでのK2攻略に挑んでいたが、その最中に恋人を失ってしまった〈翔平〉は、かつての友人公募登山のスタッフとして再び山に戻ってくる。
〈翔平〉が山に戻ってきて、絶望から徐々に立ち直っていく様を描いているのですが、彼の周りの人たちがいいです。
かつて、一緒にパーティを組んでいた親友たちのサポート。家族の温かい目。
いろいろな絆を感じてじんわりしんみり。

そして、この物語にはもうひとり重要な人物がいて、公募登山に参加する医療機器メーカーの創業者のじーちゃんなんですが、この〈神津〉、もうめちゃめちゃかっこええんです。
還暦過ぎてて、自分の会社の製品の心臓ペースメーカーを埋め込んでるっていうハンデもなんのその。しっかり努力して身につけた登攀の技術は、〈翔平〉たちにも引けをとるものではありません。
ものすごく強靭な意志があり、とにかく強い信念をもつ人という印象。しかもクール。
公募登山では、よそにしょうもない人がいて、大変なことになってしまうんですが、彼の存在はものすごく大きくて、最後のほうは〈翔平〉より〈神津〉〜〜!!って感じでした。

もちろん山を登っていく場面は迫力で、苦しさとか息遣いとか伝わってくるようでした。

山のことは全然わかんないけど、こういう小説を読むと本当になんだかすごい場所のように思えて、山の写真とか見ても惹かれるものがあって、一度でいいからそんな体験をしてみたいと思ったりするんだけど、やっぱり自分の足で登らないとと思うと、それは……ってなるのでした。
|  ◆笹本稜平 | 21:10 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
サハラ
評価:
笹本 稜平
徳間書店
¥ 1,680
(2008-04)
JUGEMテーマ:読書

見渡す限りの砂塵。傍らの突撃銃と残骸になった軍用ヘリ。そして、失った記憶と謎の文献・・・。未知の新油田を巡り、伝説の傭兵が、今、蘇る!
徳間書店HPより

灼熱の砂漠で目覚めると、自分が誰なのか記憶を失っていた。
そばには墜落したヘリと、死体がふたつ。やったのは自分らしい…
と、この先どうなるのか大変期待させる導入部。

2段組でわりと分量がありました。なんだか読書力が落ちてる私にはちと長かった…
主人公の〈桧垣〉は伝説の傭兵らしいのだけれども、なかなか記憶を取り戻さなくってじれったかった。

記憶を探す途中で、彼がすごい人物だったということがわかってくるんだけど、実際の〈桧垣〉がどうも頼りないというか…
記憶を取り戻したら、すごい切れ味で活躍するに違いない!と期待して読んでたんですが、なかなか思い出してくれない(^_^;)
は〜や〜く〜ってなってしまった。

〈桧垣〉が伝説の傭兵らしいかどうかはともかく、その間に出てくる〈桧垣〉の周りの人物たちは、なかなか個性的でそれなりに面白く読めました。
ただ、まあ、思い出してからがちょっと駆け足で物足りなかったかなあ。
もっともっと活躍が見たかったです。

ところでこの〈桧垣〉、著者の『フォックス・ストーン』(文春文庫)『マングースの尻尾』(徳間書店)(こちらは武器商人〈戸崎〉が主人公?)などにも出てくるみたい。シリーズだったのね…
そのうち読んでみよ。
|  ◆笹本稜平 | 21:41 | comments(2) | trackbacks(1) | pookmark |

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
昨夜のカレー、明日のパン
昨夜のカレー、明日のパン (JUGEMレビュー »)
木皿 泉
2013年のお気に入り。
RECOMMEND
あと少し、もう少し
あと少し、もう少し (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
2012年のお気に入り。
RECOMMEND
64(ロクヨン)
64(ロクヨン) (JUGEMレビュー »)
横山 秀夫
2012年の5つ星。
久々に読めて嬉しかった。
RECOMMEND
([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫)
([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫) (JUGEMレビュー »)
大沼 紀子
2011年のお気に入り。
随分違う装丁になりましたが文庫になってます。
RECOMMEND
小暮写眞館(上) (講談社文庫)
小暮写眞館(上) (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
宮部 みゆき
2010年の5つ星
文庫になっております。
RECOMMEND
RECOMMEND
天地明察(上) (角川文庫)
天地明察(上) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
2009年の一冊。
文庫になりました。
RECOMMEND
天地明察(下) (角川文庫)
天地明察(下) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
文庫になりました。
装丁カッコイイ。
RECOMMEND
戸村飯店 青春100連発 (文春文庫)
戸村飯店 青春100連発 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
2008年の一冊。
文庫になりました。お試しあれ!
RECOMMEND
ゴールデンスランバー (新潮文庫)
ゴールデンスランバー (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
2007年の一冊。
文庫になりました。オススメ!
RECOMMEND
キサトア (文春文庫)
キサトア (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
2006年の一冊。入手困難でしたが、文庫になりました。
…前の装丁のが好きだ…
RECOMMEND
てのひらの父
てのひらの父 (JUGEMレビュー »)
大沼紀子
2011年の一冊。
RECOMMEND
天地明察
天地明察 (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
2009年5つ星。

じわじわ興奮の一冊。
RECOMMEND
キサトア
キサトア (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
ものすごく大好きな本。
2006年の私の一冊。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
本の検索
本のブログ
にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ 【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集
カウンター
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS