ぼちぼち

本の感想と日々のできごと

ご訪問ありがとうございます。
TB・コメント大歓迎です♪(記事と関係ないものは削除させていただきます)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
本日は大安なり
評価:
辻村 深月
角川書店(角川グループパブリッシング)
---
(2011-02-26)

JUGEMテーマ:読書 
結婚は、人生最大のエンターテインメント!

企みを胸に秘めた美人双子新婦、プランナーを困らせるクレーマー夫妻、新婦に重大な事実を告げられないまま、結婚式当日を迎えた新郎……。人気結婚式場のとある大安の一日を舞台に人生の悲喜こもごもをすくい取る。
角川書店HPより

いろいろ他にもたくさん感想を書かねばならない本があるのですが、とりあえず印象に残ってるうちにと思って。
大変よかったです。
面白かった!
いつもの辻村さんより、しんどいところが少なかった。というか、うまいこと角が取れてたというか…

ちょっと高いめ、でも有名人気結婚式場の一日を描く物語。
ホテルには披露宴会場が4つあって、大安の日、4組のカップルが式を挙げる。
いろんなカップル、いろんな親族がいます。それぞれに事情があるんだけど、さておきみんな一代イベントに挑んでおります。
時系列で語られるので、この結婚式、これからどうなるのかしら?とドキドキ。

美人双子姉妹。
「ややこしい子が好き」という結局のところ一番ややこしかった旦那さん、素敵でしたハート
好みだ。
この人たちの新婚生活やこれからが気になります。

ウェディングプランナーの〈山井〉さん。
いくらなんでもその人の担当は替わってもらったらいいのに…と思いましたが、結果的にはよかったのかな?
私にはとても真似できないけど、本当、このカップルのおかげで…ってことがついてきたし。
この日式を挙げたカップルの今後は正直どうでもいいけど、〈山井〉さんがこの後どうなってああなったかは気になります。

大好きなおばさんの結婚式にリングボーイを務めた〈真空〉くん。
一生懸命で、かっこよかったなあ。ちょっとした大冒険でした。
このあと新しいおじさん!とふたりでゲームしてる場面がかなり好きです。

後半はいっぱい泣けました。
リアル結婚式とおんなじ?花嫁の手紙はなかったけどさ。

結婚式っていいなあ、やっぱり。
裏側はドタバタでもやっぱり一生に一度の思い出の日だと思います。
素敵な結婚式に出席できた気分。
ハッピーな気持ちになれました。
|  ◆辻村深月 | 22:34 | comments(2) | trackbacks(1) | pookmark |
光待つ場所へ
評価:
辻村 深月
講談社
¥ 1,575
(2010-06-24)

JUGEMテーマ:読書

悔しい、恥ずかしい、息苦しい――。
心震わす傑作青春小説!

たった3分間のフィルムが私に見せた世界は美しかった。私を打ちのめすには、充分すぎるほどに。――<「しあわせのこみち」本文より>

T大学文学部2年生、清水あやめ。「感性」を武器に絵を描いてきたという自負がある。しかし、授業で男子学生・田辺が作った美しい映像作品を見て、生まれて初めて圧倒的な敗北感を味わい……。
他2編を収録
講談社HPより

短編集ですが、既刊のスピンオフ作品集という位置づけのようです。
辻村作品、実はまだ未読が多くて、いつかは強化週間をと思いながらも、とりあえず新刊ばかりを手にする日々…
特に講談社から出てる作品群は、早く読みたい積読コーナー(一応山ほどの積読本の中から隔離されたコーナー。全く減らない(^_^;))にあるので気になってるんですが。
というわけで、元の作品?知ってたらもっと楽しめたろうにと思うとちょっと惜しい。

そんなわけで、ほぼ全然裏事情はよく分からないんですが、これが楽しく読めました。
ますます既刊を読まねば、と決意。

ひとつめの「しあわせのこみち」が意外とはまりました。
さわやかな表面の裏側の自意識。
他人の才能に打ちのめされる悔しさ。
そこから一歩踏み出せる力強さ。
辻村さん、女子のどろどろ心理描写がお得意(でも私はそこんとこがちょっと苦手)という印象なのですが、こういう芸術系の世界とは相性いいのかもしれません。抵抗なく読めた気がします。
なんだか美しい作品でした。

みっつめの「樹氷の街」。
この合唱曲が知ってるのに、曲がなかなか思い出せなくて、検索とかしてしまった。
綺麗な曲ですね。暗いけど。

なんとなく辻村さんの作品は、男子目線の作品のほうが気持ちよく読めるかも、と思った。
あんまりないのかな?よくわからんけど。
女子のあれこれはにおうくらいでよいです。
|  ◆辻村深月 | 21:05 | comments(2) | trackbacks(1) | pookmark |
太陽の坐る場所
評価:
辻村 深月
文藝春秋
¥ 1,500
(2008-12)
JUGEMテーマ:読書

クラス会で再会したメンバーは、次こそ女優になった同級生「キョウコ」を呼ぼうと話し合う。青春時代の苦すぎる思い出を抱えながら……

2004年にメフィスト賞で作家デビューをした辻村さん。その後、学園ミステリーを中心に書いてきましたが、本作は20代後半の男女を主人公にした心理サスペンスです。小説は、クラス会のシーンから始まります――。F県立藤見高校旧3年2組。卒業から10年たった彼らは、それぞれに大人の悩みを抱える年になっていた。欠席している同級生の1人が、女優として成功を収めていた。その名は「キョウコ」。映画やCMに引っ張りだこの彼女を、次の同窓会に呼ぼうと盛り上がる。しかし、彼女に連絡をとることで、思い出される「若さゆえの残酷さ」に彩られた記憶。本書の読みどころのひとつは「心理描写」。思わず「そうそう」と頷(うなず)きたくなるところや、かさぶたを剥がすように暗部を抉(えぐ)り出す場面も……。そして、あっと驚く「謎解き」もあります。辻村ブレイクのきっかけとなる第一級のエンタテイメントです。(ON)
文藝春秋HPより

去年、初めて読んで要注目!って思ってた辻村さんの二冊目はまた新刊で、既刊になかなか手が回らない…(^_^;)

しかし、この話。
どろどろですがな。
こんな腹の中探りあうような関係は疲れるなあ。
ってか、みんな実はこれくらいのこと思ってるんかな。怖いくて友達と会えんくなりますが…
ちょっと嫌な気持ちになる本でした。
「辻村ブレイクのきっかけ」となるとはちょっと思えんけど…
女性の嫌なところが描かれるのは(嫌だけど)別にいいんですが、もうちょっと明るいところも欲しかったような。

みなさん、過去にとらわれすぎですよ、と思って何気にいろいろ考えた一冊なのでした。
未来にばっかり向かって歩くのも疲れるけどね。
|  ◆辻村深月 | 21:17 | comments(2) | trackbacks(1) | pookmark |
ロードムービー
評価:
辻村 深月
講談社
¥ 1,575
(2008-10-24)
JUGEMテーマ:読書

一緒に迷って、一緒に泣いて――早く大人になりたい、と思った。
『冷たい校舎の時は止まる』から生まれた珠玉の短編集 ほろ苦くも優しい辻村ワールドへようこそ。

誰もが不安を抱えて歩き続ける、未来への“道”。子どもが感じる無力感、青春の生きにくさ、幼さゆえの不器用……。それぞれの物語を、優しく包み込んで真正面から描いた珠玉の3編を収録。涙がこぼれ落ちる感動の欠片が、私たちの背中をそっと押してくれます。はじめましての方にも、ずっと応援してくれた方にも。
大好きな“彼ら”にも、きっとまた会えるはず。
講談社HPより

結構ずっと気になってて、でもなんとなくタイミングが合わずに読めずにいた辻村さん。
ようやく読むことができました。
かなり良かったです♪

青春時代というか、思春期の心情がよく描かれてるなあと思いました。
懐かしくてちょっと切ない。
辛かったりもどかしかったりするけど、なんだか優しい。
表題作が好きでした。あ、でも他の作品も捨てがたい…
「雪の降る道」のスガ兄かっこよすぎ。

デビュー作のスピンオフということで既刊も読みたかったんですが、結構厚い本だったので時間なくて断念(本当、こんなんばっかりで…)。
でもまあ、こういう風にまだまだ読んでない作品があってこれから読めることが嬉しい、と思うのは久しぶりかも。
来年は、辻村さん週間みたいの作ってがっつりワールドに浸りたいです。
|  ◆辻村深月 | 00:10 | comments(4) | trackbacks(1) | pookmark |

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
昨夜のカレー、明日のパン
昨夜のカレー、明日のパン (JUGEMレビュー »)
木皿 泉
2013年のお気に入り。
RECOMMEND
あと少し、もう少し
あと少し、もう少し (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
2012年のお気に入り。
RECOMMEND
64(ロクヨン)
64(ロクヨン) (JUGEMレビュー »)
横山 秀夫
2012年の5つ星。
久々に読めて嬉しかった。
RECOMMEND
([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫)
([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫) (JUGEMレビュー »)
大沼 紀子
2011年のお気に入り。
随分違う装丁になりましたが文庫になってます。
RECOMMEND
小暮写眞館(上) (講談社文庫)
小暮写眞館(上) (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
宮部 みゆき
2010年の5つ星
文庫になっております。
RECOMMEND
RECOMMEND
天地明察(上) (角川文庫)
天地明察(上) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
2009年の一冊。
文庫になりました。
RECOMMEND
天地明察(下) (角川文庫)
天地明察(下) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
文庫になりました。
装丁カッコイイ。
RECOMMEND
戸村飯店 青春100連発 (文春文庫)
戸村飯店 青春100連発 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
2008年の一冊。
文庫になりました。お試しあれ!
RECOMMEND
ゴールデンスランバー (新潮文庫)
ゴールデンスランバー (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
2007年の一冊。
文庫になりました。オススメ!
RECOMMEND
キサトア (文春文庫)
キサトア (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
2006年の一冊。入手困難でしたが、文庫になりました。
…前の装丁のが好きだ…
RECOMMEND
てのひらの父
てのひらの父 (JUGEMレビュー »)
大沼紀子
2011年の一冊。
RECOMMEND
天地明察
天地明察 (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
2009年5つ星。

じわじわ興奮の一冊。
RECOMMEND
キサトア
キサトア (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
ものすごく大好きな本。
2006年の私の一冊。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
本の検索
本のブログ
にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ 【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集
カウンター
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS