ぼちぼち

本の感想と日々のできごと

ご訪問ありがとうございます。
TB・コメント大歓迎です♪(記事と関係ないものは削除させていただきます)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
舟を編む
評価:
三浦 しをん
光文社
¥ 1,575
(2011-09-17)

JUGEMテーマ:読書 
言葉への敬意、不完全な人間たちへの愛おしさを
謳いあげる三浦しをん最新長編小説。

【辞書】言葉という大海原を航海するための船。
【辞書編集部】言葉の海を照らす灯台の明かり。
【辞書編集者】普通の人間。食べて、泣いて、笑って、恋をして。
ただ少し人より言葉の海で遊ぶのがすきなだけ。

玄武書房に勤める馬締光也。
営業部では変人として持て余されていたが、
人とは違う視点で言葉を捉える馬締は、
辞書編集部に迎えられる。新しい辞書『大渡海』を編む仲間として。

定年間近のベテラン編集者、日本語研究に人生を捧げる老学者、
徐々に辞書に愛情を持ち始めるチャラ男、そして出会った運命の女性。

個性的な面々の中で、馬締は辞書の世界に没頭する。
言葉という絆を得て、彼らの人生が優しく編み上げられていく――。

しかし、問題が山積みの辞書編集部。果たして『大渡海』は完成するのか――。
光文社HPより

読んだのは去年なんですが。
本屋大賞ノミネート作品にもなりました。
とっても楽しい素敵なお話でしたふね

辞書作りということですが、ページがある本ではないので、それほど深く突っ込んだ話があるわけではないんです。本当はもうちょっと長くてもいいんでないの?という気がしましたが、出来上がるまでなが〜い時間がかかるから、あんまり細かくやってたら全然進まないわけですよね。バランスは取れてるし、違和感とかはないです。

現場で働く人たちがたまらなく愛おしくなりました。
〈まじめ君〉はじめ、個性的なキャラクターが生き生きと仕事してて良かったです。
〈西岡〉も良かった!やり方もいろいろあるんだよってことで。

辞書作りの現場も興味深かったです。
私、辞書わりと好きで、手に取れるとこに一通り置いてます。
『新明解国語辞典 第七版』(三省堂)(最新版が出ましたね。私が持ってるのは二世代くらい前のかな?)なのですが、この辞書って『新解さんの謎』赤瀬川原平 (文春文庫)で用例が面白いということで話題になった辞書。
『舟を編む』のまじめ君たちの話を聞いて、なんだかまじめなお堅い辞書も欲しくなっちゃった(いや、新明解がふざけてるってわけではないんですが)。
紙の話とかも「へ〜」って感じでした。ぬめり感って何??

タイトルもいいですね。イラストつきの帯を外した装丁も素敵でした♪
|  ◆三浦しをん | 18:50 | comments(4) | trackbacks(3) | pookmark |
木暮荘物語
評価:
三浦 しをん
祥伝社
¥ 1,575
(2010-10-29)

JUGEMテーマ:読書 
小田急線・世田谷代田駅から徒歩5分、築ウン10年。
空き室あります!
安普請ですが、人肌のぬくもりと、
心地よいつながりがあるアパートです。
祥伝社HPより

木暮荘に住まう人やその周りの人たちを描いた連作短編集。
一話目を読んだときは気づかなかったんだけど、二話目で「おや…?」ってなって、三話目でこれはそういうテーマの作品なのかと思った。
HPの紹介文(…はあらすじにはなってへんと思うけど)とか読んで想像してたのとはかなり違った。
なるほど。

全体的にはからりとした雰囲気なので、嫌な感じはしません。
本人が妙に真剣だったりして、所々笑えました。
なんだかんだひとつ屋根の下で、親しくなっていく距離感もいいなあ。
個人的に引っ越したばかりなので、住宅物件には敏感で、その辺も面白く読んでました。
古くても平気だけど、そこまで生活音が聞こえてくるお家はちょっとなあ…

最後、気になってた〈並木〉がなんとなくまとまってよかったな。
でも木暮荘から越しちゃう人もいるのかと思うと寂しい気持ちになりました。
|  ◆三浦しをん | 19:08 | comments(4) | trackbacks(3) | pookmark |
神去なあなあ日常
評価:
三浦 しをん
徳間書店
¥ 1,575
(2009-05)

JUGEMテーマ:読書

神去村の人たちはおっとりしている。彼らの口癖は「なあなあ」で、「ゆっくり行こう」「まあ落ち着け」など、いろんな意味に使われているが、語尾にも「な」がつくので、のんびりした感じになる。神去村には林業従事者が多く、百年単位んの作業をしているので、あくせくしてもしようがないと思っているみたいだ。俺は平野勇気。高校卒業式の後、俺の行き先は、担任の先生と母親に決められていた。この神去村で、林業の研修生として働くことになっていたのだ。ローカル線の終点の駅に出迎えに来てくれたのは、髪を金髪に染めたヨキというガタイのいい男だった。チェーンソーの使い方など教えられたところで、俺は「僂慮柩僉廚箸いΕ轡好謄爐留募者にされたのだと知った。しかし、「やっと神去村に若者が来た」と涙ぐんでいるおじいさんを前に帰るとは言えなかった。俺の山の生活が始まった。……。

徳間書店HPより

今回は林業ですか…と思わずつぶやいてしまいました。
存在はよ〜く知ってるけど、実情はほとんどわからん。そんなお仕事たくさんあるなあ。って自分がやったことない仕事って全部そんな感じですが。

おもしろかったです。
よく知らない林業の世界というのもいろいろ興味深かったし、山や村の雰囲気が良かったです。
やっぱり日本の山には神様がいるのだ。
自然と一緒に生きていく姿ってやっぱり大切な気がします。お祭りは迫力でした。

強制的に林業に従事することになった〈勇気〉がだんだんとなじんでいくのが、微笑ましかったです。
〈ヨキ〉をはじめ、村の人たちが素敵でした。
「なあなあ」ってなんかいいですねえ。

宮崎駿さんが、推薦文書かれてました。
ジブリアニメで見れたら楽しそうです。
|  ◆三浦しをん | 22:10 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
評価:
三浦 しをん
集英社
¥ 1,575
(2008-11-26)
JUGEMテーマ:読書

暴力で人は救えるか。渾身の長編
生まれ育った島が天災に遭い、天涯孤独の身となった信之。しかも彼は愛する幼なじみを救うためにある罪を犯していた。島を離れて二十数年、心を閉ざして生きてきた信之を、過去の秘密が追ってくる。
集英社HPより

なんか表紙とかタイトルから想像してたのとは、全然違う暗いドロドロした話でビックリした。

こういう閉じた社会の人間関係って大変そうです。
私は地元が大好きで、よそに行きたい気持ちってわからんな〜って昔は思ってたけど、最近は都会に出たいってのもなんだかわかるようになってきました。
都会には都会のよさってやっぱりある。

〈信之〉と〈輔〉が物語の中心だったと思うんですが、何気に女性陣がものすごく怖くていやらしかったです。
〈美花〉も〈南海子〉も。

とにかく想像とあまりにかけ離れてた話でちょっとその落差で疲れました。
|  ◆三浦しをん | 21:57 | comments(5) | trackbacks(4) | pookmark |
仏果を得ず
評価:
三浦 しをん
双葉社
¥ 1,575
(2007-11)
JUGEMテーマ:読書

直木賞作家が描く、伝統芸能の世界。主人公は太夫を語る大夫・健。人間国宝の師匠や変わり者の三味線弾きに鍛えられながら芸を磨く。芸に恋に悩みながら健は成長していく。傑作青春小説。
双葉社HPより

へえ。文楽。
一度じっくり見てみたい、と思わされた作品でした。

伝統芸能の世界ってベールに覆われてるというか、ちょっと遠くの世界という印象を抱いてしまうのですが、そればっかりじゃないよって気づく一冊?
誰でも知ってるってわけじゃないから、ちょっと近づくと得した気分になれるのかも。

お話の方は、ごく普通の主人公(元ヤン)が伝統芸能の世界に飛び込んで、いろいろ悩みながら成長してゆく物語。
人間国宝の師匠、〈変人〉な先輩などなど一筋縄ではいかない人たちに揉まれながら、芸の道を歩んでゆく〈健〉に好感を持ちました。
ただ女性陣がちょっとなあ…恋の話とかいきなりな感じ?

舞台の場面も面白くて、演目がどういうお話なのかとかすごく気になりました。
ガイドブックとか読んでみたい…
みなさん、体力いりそうで大変です。

とりあえず、『あやつられ文楽鑑賞』(ポプラ社)を読まなくちゃ。
|  ◆三浦しをん | 20:58 | comments(11) | trackbacks(4) | pookmark |
きみはポラリス
評価:
三浦 しをん
新潮社
¥ 1,680
(2007-05)
これも恋? いや、これこそ愛そのもの。ただならぬ「恋愛小説」の誕生!

世間の注目も、原稿の注文も「あのこと」ばかり。なら、「恋愛」とやらを、とことん描いてやろうじゃないの! ということで始まった小説集。裏切り、結婚、犯罪、信仰、偏愛、同性愛……これも恋、あれも愛の、あれこれに男女の機微と深淵を思い知らされます。本気で恋し、誰かに愛されたいなら読むしかない、われらの時代の「聖典(バイブル)」。
新潮社HPより

11の恋愛をテーマにした短編集。
最初と最後がしをんちゃんお得意?のアレ系なので、なんとなくそういう作品集のような読後感なんです(^_^;)が、いろいろバラエティにとんだ一冊でした。

初出のところにそれぞれの作品のお題が明かされていて、そういう仕掛けも楽しかったです。
そういう風に考えてんのか、みたいな。
最初に気がついたので全部確かめてから読んでしまった。

『最後の恋』(新潮社)の時にあんまり…と思ってた、「春太の毎日」が意外と楽しく読めました。なんでだろ?
ほのぼの系。
まあ仕掛けがあからさまなので、きっとそれが気に入らなかったんだろう。多分。
個人的には「森を歩く」が一番好きかなあ…

「きみはポラリス」、短編集の中のタイトルかと思ってたんですが違いました。
ポーラスター、なんですね。
なるほど。
|  ◆三浦しをん | 21:02 | comments(6) | trackbacks(1) | pookmark |
シュミじゃないんだ
シュミじゃないんだ

『シュミじゃないんだ』三浦しをん(新書館)
ボーイズラブ漫画にまみれた日常。で、ボーイズラブ漫画って…ナニ!?新・直木賞作家による、愛してやまぬボーイズラブ漫画についてのエッセイ。書き下ろしBL小説「夏の思い出」を収録。
「BOOK」データベースより

三浦しをんという人は本当に本が好きなんだなあ。
この人いつ寝てるんだろ??
しをんちゃんの本の本といえば『三四郎はそれから門を出た』(ポプラ社)(感想はこちら)を思い出すんですけど、マンガばっか読んでるわけでもないのにね。

面白かったです。ってか全体を通して妙なテンションで笑えた。
情熱ほとばしりすぎ。
私はBLはここのところご無沙汰ですが(指南してくれる人がそばにいない)、ちょっと読み返したくなる本もありました。よしながふみとか。

ただ、ラストのおまけに三浦しをんのBL小説が載ってましたが、あれは何がしたかったんだろう…?
短いというのもあると思いましたが中途半端だったような。
個人的には小説よりかっとんだブックレビューのおまけがあったほうが良かったかも。

そして。
私はあとり硅子さんがすごく好きで、イラストとかサイレントマンガをすごく一生懸命見てました。途中でイラストがなくなってしまって本当に切なくなってしまいました。
|  ◆三浦しをん | 22:09 | comments(6) | trackbacks(2) | pookmark |
風が強く吹いている
風が強く吹いている
箱根の山は蜃気楼ではない。襷をつないで上っていける、俺たちなら。才能に恵まれ、走ることを愛しながら走ることから見放されかけていた清瀬灰二と蔵原走。奇跡のような出会いから、二人は無謀にも陸上とかけ離れていた者と箱根駅伝に挑む。たった十人で。それぞれの「頂点」をめざして…。長距離を走る(=生きる)ために必要な真の「強さ」を謳いあげた書下ろし1200枚!超ストレートな青春小説。最強の直木賞受賞第一作。
Amazon.co.jp 商品紹介より

『風が強く吹いている』三浦しをん(新潮社)

すごい!面白い!

ぶっちゃけこんな話は現実にはありえないと思いつつもそれが全然気にならない面白さ。面白ければいいじゃん、だって小説なんだもん!
私も走りたい、もしかしたら私も走れるかも(←なんておこがましい。私は高校時代クラスで一番持久走が遅かった。基本的に根性がない)という妄想を抱かせてくれました…。
すばらしい。

ありがとうしをんちゃん。

登場人物が魅力的!意外と長い話なんですが、駅伝メンバーということで登場人物が多いせいかちょっと物足りない気すらしました。
寮の生活が本当に楽しそうで、初めから仲良さげだった彼らですが、本当の仲間としての絆を結んでいく様子はうらやましいです。

そして箱根駅伝。
ここが本当にすごかった。ここまではふんふんって感じだったし。

もうすべての区間がドラマチックでむさぼり読んでしまいました。
襷を渡すという行為は本当に彼らの関係を象徴しているようでとても良かったです。
最後の方は涙が止まらなかった。家で読んでて正解。
盛り上がって大満足の読後感でした。

来年年始、箱根駅伝が楽しみです。
|  ◆三浦しをん | 22:47 | comments(8) | trackbacks(7) | pookmark |
三四郎はそれから門を出た
三四郎はそれから門を出た

『三四郎はそれから門を出た』三浦しをん(ポプラ社)

作者の本への愛がほとばしる書評エッセイ本。なんか生き生きしてるなあ…

基本的にほめ書評です。なので好きな作品がけなされるということはないです(まあ、年齢とか立場とか考えて悪口書評は無理があるとは思うけど)。なので、読んでて気持ちいい、というかこの人は本当に本がすきなのだなあ、と思える。
こういう本を読むと読みたくなる本が絶対出てくるもので、ちょっとメモ取ったりしながら読んでました。驚く感じではないんですが、やっぱり趣味が広いなあ、と感心。(私のまわりには落語とか古典芸能好きが普通に比べてかなり多いと思うんですが、その人たちの読書傾向と似てる…まあ、量の多い少ないはありますが)。

この本の中で私がもっとも共感したのは電車の中での行動で、私もほぼおんなじことをしてるので、やっぱり本好きはやるよな、と大きく頷いたのでした。ただ、彼女みたいに読みに走ったことはないけど…

そしてこの本で一番違和感を感じたのは『anan』で連載していたというエッセイ…。なんで三浦しをんが『anan』…このエッセイ4人の執筆人で回してたというのですが他の面子は誰なんだろう。気になる…。

しをんちゃんは『風が強く吹いている』(新潮社)の評判がいいようなので早く読みたいんですけど、買うべきかなあ。むーん
|  ◆三浦しをん | 23:47 | comments(2) | trackbacks(2) | pookmark |
まほろ駅前多田便利軒
まほろ駅前多田便利軒
まほろ駅前多田便利軒
三浦 しをん

『まほろ駅前多田便利軒』三浦しをん(文藝春秋)

しかし、なんやねん、この装丁。もうちょっとなんとかならんかったんかい。

面白かったです。
三浦しをんはこーいうのがうまいし、好きなんやろうね。この路線でがんばって欲しいです。
『月魚』(角川文庫)とかも好き。でもこっちのほうが断然良いです。

便利屋〈多田〉とそこに転がり込んできた変な男かどまつ〈行天〉(すげえ名前)。
便利屋に持ち込まれる依頼をこなしていく過程で、ふたりの関係とか過去とかが明らかになっていくわけですが、何がいいかといえば、彼らの周辺に住む人々がいい。

バスの間引き運転に怒ってるおじいちゃんとか、偽コロンビア人(すごくいい!)とか、生意気な小学生とか、高校生?な裏の世界の人、刑事。〈まほろ〉という町のにおいとか音とか温度とかそういういろいろなものが感じられる。

高校の時の同級生で一度しか声を出さなかったという、〈行天〉は最後まで結構謎な人だったけど、町の人たちとの関係が本当にあったかいお話です。主人公たちには幸せになって欲しいし、幸せになれると思う。

気持ちいい読後感のする本でした。
|  ◆三浦しをん | 21:00 | comments(3) | trackbacks(5) | pookmark |

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
昨夜のカレー、明日のパン
昨夜のカレー、明日のパン (JUGEMレビュー »)
木皿 泉
2013年のお気に入り。
RECOMMEND
あと少し、もう少し
あと少し、もう少し (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
2012年のお気に入り。
RECOMMEND
64(ロクヨン)
64(ロクヨン) (JUGEMレビュー »)
横山 秀夫
2012年の5つ星。
久々に読めて嬉しかった。
RECOMMEND
([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫)
([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫) (JUGEMレビュー »)
大沼 紀子
2011年のお気に入り。
随分違う装丁になりましたが文庫になってます。
RECOMMEND
小暮写眞館(上) (講談社文庫)
小暮写眞館(上) (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
宮部 みゆき
2010年の5つ星
文庫になっております。
RECOMMEND
RECOMMEND
天地明察(上) (角川文庫)
天地明察(上) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
2009年の一冊。
文庫になりました。
RECOMMEND
天地明察(下) (角川文庫)
天地明察(下) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
文庫になりました。
装丁カッコイイ。
RECOMMEND
戸村飯店 青春100連発 (文春文庫)
戸村飯店 青春100連発 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
2008年の一冊。
文庫になりました。お試しあれ!
RECOMMEND
ゴールデンスランバー (新潮文庫)
ゴールデンスランバー (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
2007年の一冊。
文庫になりました。オススメ!
RECOMMEND
キサトア (文春文庫)
キサトア (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
2006年の一冊。入手困難でしたが、文庫になりました。
…前の装丁のが好きだ…
RECOMMEND
てのひらの父
てのひらの父 (JUGEMレビュー »)
大沼紀子
2011年の一冊。
RECOMMEND
天地明察
天地明察 (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
2009年5つ星。

じわじわ興奮の一冊。
RECOMMEND
キサトア
キサトア (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
ものすごく大好きな本。
2006年の私の一冊。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
本の検索
本のブログ
にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ 【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集
カウンター
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS