ぼちぼち

本の感想と日々のできごと

ご訪問ありがとうございます。
TB・コメント大歓迎です♪(記事と関係ないものは削除させていただきます)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
市立第二中学校2年C組
評価:
椰月 美智子
講談社
¥ 1,470
(2010-08-04)

JUGEMテーマ:読書 
8時09分、瑞希は決まらない髪型に悩み、10時24分、貴大は里中さんを好きになる。
野間児童文芸賞・坪田譲治文学賞受賞作家が描く、中2思春期、やっかいだけど輝いている、それぞれの事情。

講談社HPより

中学二年生のとあるクラスの一日を、それぞれの生徒の目線で描いた作品。
座席表とクラスの時間割表がいちばん最初にのってます。
それによると、クラスの人数は38人。みんなが主人公になるにはお話の数が足りない…

豊島ミホさんの『初恋素描帖 (ダ・ヴィンチブックス)』(感想は→こちら)を思い出しました。確か似たような感じだったような…
やはりどうしても主人公になれなかった子たちが気になるようです。

さておき。
中学生ってなんか特別な気がします。
本当にいろんな子がいる。
まだ受験受験言ってなかった私の時代は確実にそうでした。
高校生になると、ある程度グループ分けされちゃう。もちろんその中でいろんな子がいるわけだけど、中学生のときのごった感はちょっと別格でした。
そして、厄介な時期なんですよね。
ちょっと息苦しかったことを思い出した読書でした。
でも同時に濃厚で忘れられない時期。忘れたいこともあるんだけど。
いろいろ考えてたんだなあ。
あのころからはやっぱりちょっと大人になったかもしれない。

|  ◆椰月美智子 | 21:20 | comments(2) | trackbacks(1) | pookmark |
ダリアの笑顔
評価:
椰月美智子
光文社
¥ 1,680
(2010-07-17)

JUGEMテーマ:読書
「毎日が宝なのだ!」
うれしい時にはいつも家族がいた。
四人家族綿貫さんちの愛おしい日々。

自信満々の別の自分を空想する長女・真美。友人たちと揺れる40代
を惑う母・春子。転校生にピッチャーの座を奪わそうな長男・健介。
係長なのに全然やる気の出ない父・明弘。

四人家族の綿貫さんち、
それぞれの悩みや不安の日々から生まれる、ささやかだけれど大切なもの。
どこか懐かしくて元気が出る、あなたと同じ普通の家族が光り輝く物語。
光文社HPより

綿貫家の日常を描く連作短編集。
家族それぞれの視点で語られます。

なんというか、本当、ごく普通の家族だなという印象。
家族ってそれぞれやっぱり個人なんだけど、でもつながってる。
距離感が抜群でした。

全体的にぬくたい気持ちになれるお話だったんだけど、ただひとつ。
私お母さんがどうしても苦手で…
いちばん最初の〈真美〉の物語での印象が悪すぎて、それをずっと引きずってしまった。
ヒステリーなんですよね。すぐかっとなって、声が大きくなったり、ばん!って机たたいたり。
何より、それどうよ?って思ったのが、〈真美〉が見つけた自分の育児日記の出所。
ありえへん。
私だったら、立ち直れへんかも。
|  ◆椰月美智子 | 19:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
体育座りで、空を見上げて
評価:
椰月 美智子
幻冬舎
¥ 1,470
(2008-05)
JUGEMテーマ:読書

「大人の階段を昇るのって、すごくしんどい。」五分だって同じ気持ちでいられなかった、あの頃。中学生時代の出来事を通して読者を瞬時に思春期へと引き戻す、おかしくも美しい感動作!
幻冬舎HPより

昨日に引き続き、中学生女子の不安定な心の動きを描き出した作品。
時代がちょっと前。
私よりはちょっとお姉さんなくらいの人には、きっとすごく懐かしく読めるんじゃないかと思いました。当時の音楽やらラジオ・テレビ番組とか、私が読んでもおお!って感じでした。

そして全体的にものすごくあったあった、ってなった。
小学校から中学校にあがる時はものすごく悪い上級生におびえてたし、意味もなくイライラしちゃって、母親(や私の場合は弟!)にあたってしまって一人反省してたし。
今から考えるとちょっとこっぱずかしい…

特に何にも起こらない、一人の女の子の3年間の中学校生活なんだけど、興味深く読めました。

あのころのもやもやとかっていつの間にどこへ行ってしまったんだろう?
すっかり忘れて私も大きくなったもんだ(笑)

…それにしてもあの気色悪い先生はなんだったんだろう?椰月さんの周りにいはったんですかね??
|  ◆椰月美智子 | 21:00 | comments(6) | trackbacks(3) | pookmark |

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
昨夜のカレー、明日のパン
昨夜のカレー、明日のパン (JUGEMレビュー »)
木皿 泉
2013年のお気に入り。
RECOMMEND
あと少し、もう少し
あと少し、もう少し (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
2012年のお気に入り。
RECOMMEND
64(ロクヨン)
64(ロクヨン) (JUGEMレビュー »)
横山 秀夫
2012年の5つ星。
久々に読めて嬉しかった。
RECOMMEND
([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫)
([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫) (JUGEMレビュー »)
大沼 紀子
2011年のお気に入り。
随分違う装丁になりましたが文庫になってます。
RECOMMEND
小暮写眞館(上) (講談社文庫)
小暮写眞館(上) (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
宮部 みゆき
2010年の5つ星
文庫になっております。
RECOMMEND
RECOMMEND
天地明察(上) (角川文庫)
天地明察(上) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
2009年の一冊。
文庫になりました。
RECOMMEND
天地明察(下) (角川文庫)
天地明察(下) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
文庫になりました。
装丁カッコイイ。
RECOMMEND
戸村飯店 青春100連発 (文春文庫)
戸村飯店 青春100連発 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
2008年の一冊。
文庫になりました。お試しあれ!
RECOMMEND
ゴールデンスランバー (新潮文庫)
ゴールデンスランバー (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
2007年の一冊。
文庫になりました。オススメ!
RECOMMEND
キサトア (文春文庫)
キサトア (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
2006年の一冊。入手困難でしたが、文庫になりました。
…前の装丁のが好きだ…
RECOMMEND
てのひらの父
てのひらの父 (JUGEMレビュー »)
大沼紀子
2011年の一冊。
RECOMMEND
天地明察
天地明察 (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
2009年5つ星。

じわじわ興奮の一冊。
RECOMMEND
キサトア
キサトア (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
ものすごく大好きな本。
2006年の私の一冊。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
本の検索
本のブログ
にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ 【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集
カウンター
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS