ぼちぼち

本の感想と日々のできごと

ご訪問ありがとうございます。
TB・コメント大歓迎です♪(記事と関係ないものは削除させていただきます)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ブルー・ゴールド
評価:
真保 裕一
朝日新聞出版
¥ 1,680
(2010-09-07)

JUGEMテーマ:読書 
零細コンサルタント会社へ左遷させられた薮内之宏は、業界でも悪名高い社長の伊比大介と共に、長野県の酒造メーカーを大胆な手法で手に入れる。だが2千億円の巨大取引成立寸前に横やりが入った。その所有地の土壌汚染がテレビで告発されたのだ。一体誰が何のために!? やがて予想もしなかった巨大企業が薮内たちの前に立ちはだかる! 息を呑む頭脳戦&どんでん返しの連続――まさに第一級の謎解きエンターテインメント!

朝日新聞出版HPより

水ビジネスの話。
日本にいるとあんまり意識しないですけど、世界的にはものすごい貴重な資源なのですよ、水。

大手の商社から零細コンサルタント会社に出向させられた主人公〈薮内〉。
社長の〈伊比〉はかなり癖のある人物で、出向初日からやり込められっぱなし。
でも現場で揉まれつつ、だんだん図太くなっていく〈薮内〉はなかなか頼もしかったです。
この零細コンサル、他の社員の人たちも濃かった。
というか出てくる人たちアクだらけ、キャラ立ちまくり、みたいな。
個人的には社長の〈伊比〉、渋っぽいのに、突然ヒステリーみたいに物にあたるとこが嫌でした。
あれやられると本当にできる奴なのかと疑ってしまう…

ストーリーの方は、なんだか結構ややこしかった。
大きなことと思ってたのが、どんどんせこい話になってくるのが、なんだかおかしいような悲しいような。
でもそんなものかもしれない、と思えてしまうのがやっぱり悲しく。
|  ◆真保裕一 | 20:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
最愛
評価:
真保 裕一
新潮社
¥ 1,575
(2007-01-19)
あなたには最愛の人がいますか? 実力派作家がいびつな愛に挑む、本年最大の問題作。

十八年間音信不通だった姉が、意識不明で救急病院に搬送された。重傷の火傷、頭部の銃創。それは婚姻届を出した翌日の出来事だった。しかも、姉が選んだ最愛の夫は、かつて人を殺めた男だという……。姉の不審な預金通帳、噛み合わない事実。逃げる男と追う男。「姉さん、あなたはいったい何をしていたんだ……」慟哭の恋愛長編。
新潮社HPより

むむ。
久しぶりの真保裕一作品なんですが、これはちょっと好みじゃないかも…

とりあえず主人公の言動がいまいちピンとこない。
18年間も音信普通だった姉が死に掛けてるときに、彼女がどう生きてきたかを知るために主人公は奔走するんですけど…それって今しなあかんことなんかなあ、というのがずっと付きまとう。
傍にいたからってできることがあるわけではないのだろうけど、そうやっていろいろ人の生活暴いてる時にお姉さん死んだらショックじゃないかな??
よくわからん。

お話としてはスラスラ読めたんですけども

主人公がお姉さんのこと全肯定なのも理解に苦しむ。そもそもお姉さんってそんなに魅力的に描かれてない気がするのですが…
どっちかというとこんな女性が傍にいたら嫌なんですけど…

あれこれの理由は最後に語られるので納得いかないこともないんですが、共感はできない。
なんか勝手に盛り上がってるなあという印象の本でした。

話自体は読みやすくって、特に途切れることなく読めたんですけど。
これは、ちょっと……
|  ◆真保裕一 | 21:16 | comments(4) | trackbacks(1) | pookmark |
繋がれた明日
繋がれた明日
繋がれた明日
真保 裕一

『繋がれた明日』真保裕一(朝日文庫)

(私的)映像化作品原作祭り!!
こちらはNHK土曜ドラマの原作です。
しかし、この枠は今のところ重厚なやつばっかりですね(ってまだ、2作目ですが)。この路線で行くのかな?
あ、一応ビデオを撮ったんですが、まだ見てないです。このまま闇に葬られるパターン?ビデオ見ないんだよなあ…

“罪と罰”を問うサスペンス巨編

暗く重いテーマだけれども一気に読ませるのは、さすが真保裕一。
これは犯罪加害者の側が主人公の話なんだけど、それぞれの気持ちがとても割り切れるようなものではなくて、もうなんにもわからなくなります。
いろんな立場の人がいて、いろんな考えを持つ人がいて、
むーん…うまくまとめられない。

とにかくいろいろと考えさせられる作品で、決して面白いわけではないんやけど、読んで良かったと思える本でした。
こういう話は読後感がすごい悪かったりすることが多いんだけど、それはなかったです。
ドラマは…時間があったらぜひ見てみたいとは思っております。

これって直木賞候補作品やったやつですね。同時に候補になったので『手紙』東野圭吾(毎日新聞社)も確か同じようなテーマだったはずということを思い出したので、書いときます(文庫になってるなら読もうと思ったんですが、毎日新聞かあ。まあそのうちかな)。



|  ◆真保裕一 | 17:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
昨夜のカレー、明日のパン
昨夜のカレー、明日のパン (JUGEMレビュー »)
木皿 泉
2013年のお気に入り。
RECOMMEND
あと少し、もう少し
あと少し、もう少し (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
2012年のお気に入り。
RECOMMEND
64(ロクヨン)
64(ロクヨン) (JUGEMレビュー »)
横山 秀夫
2012年の5つ星。
久々に読めて嬉しかった。
RECOMMEND
([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫)
([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫) (JUGEMレビュー »)
大沼 紀子
2011年のお気に入り。
随分違う装丁になりましたが文庫になってます。
RECOMMEND
小暮写眞館(上) (講談社文庫)
小暮写眞館(上) (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
宮部 みゆき
2010年の5つ星
文庫になっております。
RECOMMEND
RECOMMEND
天地明察(上) (角川文庫)
天地明察(上) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
2009年の一冊。
文庫になりました。
RECOMMEND
天地明察(下) (角川文庫)
天地明察(下) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
文庫になりました。
装丁カッコイイ。
RECOMMEND
戸村飯店 青春100連発 (文春文庫)
戸村飯店 青春100連発 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
2008年の一冊。
文庫になりました。お試しあれ!
RECOMMEND
ゴールデンスランバー (新潮文庫)
ゴールデンスランバー (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
2007年の一冊。
文庫になりました。オススメ!
RECOMMEND
キサトア (文春文庫)
キサトア (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
2006年の一冊。入手困難でしたが、文庫になりました。
…前の装丁のが好きだ…
RECOMMEND
てのひらの父
てのひらの父 (JUGEMレビュー »)
大沼紀子
2011年の一冊。
RECOMMEND
天地明察
天地明察 (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
2009年5つ星。

じわじわ興奮の一冊。
RECOMMEND
キサトア
キサトア (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
ものすごく大好きな本。
2006年の私の一冊。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
本の検索
本のブログ
にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ 【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集
カウンター
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS