ぼちぼち

本の感想と日々のできごと

ご訪問ありがとうございます。
TB・コメント大歓迎です♪(記事と関係ないものは削除させていただきます)
<< ばかもの | main | 火村英生に捧げる犯罪 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
群青
評価:
宮木 あや子
小学館
¥ 1,365
(2008-09-30)
JUGEMテーマ:読書

離島の女と男をめぐる生と死と再生の物語

長澤まさみ主演映画「群青」(2009年全国公開予定)の原作小説。離島に生まれた無垢な少女が、ある事件をきっかけに人生を放棄し、ある奇跡を機に再生する人間ドラマ。 ピアニストの由起子は、病気療養のために訪れた沖縄の離島で漁師の龍二に出会い、恋に落ち、やがて身籠もる。しかし、娘・凉子を産んだ後、由起子は他界。凉子は美しく成長し、やがて幼なじみの漁師・一也と愛し合うようになるが、一也は結婚に反対する龍二に自分を認めてもらいたいがために漁師のプライドを賭けて深く海に潜り、帰らぬ人となってしまう。最愛の人を失った凉子はショックで心を病み、島を訪れる男たちに夜な夜な抱かれるようになるが――。 発表作が次々と話題になる若手女性作家が沖縄の自然を背景に官能的に描くラブストーリー。
小学館HPより

映画の原作、宮木あや子、『群青』というタイトルで、てっきり沖縄戦のお話と思ってたです。違いました。
沖縄の離島、南風原島を舞台にした親子2代、三部作?

一話目「紺碧」は病気で余命わずかと宣告されたピアニスト〈由起子〉と島の漁師〈龍二〉のお話。続く二話目からは、二人の娘〈涼子〉のお話。

読んでてちょっとページが足りなかったのかなあって思いました。
全体的に登場人物たちの心理描写がもっと突っ込んで書いてあっても良かったかなあ。
特に〈涼子〉が心を病むに到るまでとかちょっと弱い感じがします。
なんかいきなり…
読んでてちょっと物足りない気がしました。そこまでのめり込めなくて、残念。もったいない。

いつもどおり官能描写もありありで、長澤まさみ、だいじょぶかな?と思ったり。
沖縄の海が美しく、なんだかいろいろ色鮮やかな作品ではありました。
|  ◆宮木あや子 | 21:22 | comments(5) | trackbacks(2) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 21:22 | - | - | pookmark |
この時もおばちゃん、体調がすぐれませんでしたわ(笑)

《中川監督の原案のもと、
作家の宮木あや子(31)さんが
07年12月の雑誌連載当初から
長澤まさみ(21)をヒロインとしてイメージして
執筆した同名小説を原作に映画化の計画が進行した。》

って書いたはる方がいやはりました。

おばちゃん、『ロボコン』の時の長澤ますみは
好きやったなぁ。



| | 2008/11/06 10:53 PM |
もう少しページを増やして長く書いてほしかった気がします。
オリジナルではないのは残念でしたが、これで少しは知名度が上がるといいなあ、と思います。
| 藍色 | 2008/11/07 3:13 AM |
ナカムラのおばちゃん、こんばんは。

ははあ。体調悪いとダメですよね〜(笑)
原案あって、そこから…てことですね。
なんだかんだ制約が多かったんかなあ。
父娘のいざこざ?とか引っかかるところ多いんですよね…(^_^;)
結構期待してたので、残念です。

◆藍色さん、こんばんは。

そうですよね。
宮木さん、一気にメジャーかもです。
次のオリジナル作品を待つことにしましょう。
| ちきちき | 2008/11/07 9:37 PM |
宮木さんの作品らしさと、ちょっと違うかな?という部分が同居してた作品かなと思いました。
子どもから大人に成長してゆく部分とか、上手いなぁ〜と思いながら読んでましたが、後半はもうちょっと書いてほしいなって所もありましたね。
| エビノート | 2008/11/08 7:55 PM |
エビノートさん、こんばんは。

そうなんですよね。
後半ちょっとまきが入ってた、というか。
もうちょっと、書き込んで欲しかったです。
| ちきちき | 2008/11/09 8:38 PM |









http://tsukiniusagi.jugem.jp/trackback/1006
群青
カバーデザインは田島照久。「きらら」連載に加筆改稿。連作短編形式。 余命短いピアニストの由起子は、沖縄の離島に滞在。漁師の龍二と恋に...
| 粋な提案 | 2008/11/07 3:14 AM |
群青 〔宮木 あや子〕
群青 (shogakukan paperbacks)宮木 あや子小学館 2008-09-30売り上げランキング : 25543おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 離島の女と男をめぐる生と死と再生の物語 長澤まさみ主演、沖縄・八重山諸島を舞台にした映画「群青」の原作小説。 愛
| まったり読書日記 | 2008/11/08 7:36 PM |

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
昨夜のカレー、明日のパン
昨夜のカレー、明日のパン (JUGEMレビュー »)
木皿 泉
2013年のお気に入り。
RECOMMEND
あと少し、もう少し
あと少し、もう少し (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
2012年のお気に入り。
RECOMMEND
64(ロクヨン)
64(ロクヨン) (JUGEMレビュー »)
横山 秀夫
2012年の5つ星。
久々に読めて嬉しかった。
RECOMMEND
([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫)
([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫) (JUGEMレビュー »)
大沼 紀子
2011年のお気に入り。
随分違う装丁になりましたが文庫になってます。
RECOMMEND
小暮写眞館(上) (講談社文庫)
小暮写眞館(上) (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
宮部 みゆき
2010年の5つ星
文庫になっております。
RECOMMEND
RECOMMEND
天地明察(上) (角川文庫)
天地明察(上) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
2009年の一冊。
文庫になりました。
RECOMMEND
天地明察(下) (角川文庫)
天地明察(下) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
文庫になりました。
装丁カッコイイ。
RECOMMEND
戸村飯店 青春100連発 (文春文庫)
戸村飯店 青春100連発 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
2008年の一冊。
文庫になりました。お試しあれ!
RECOMMEND
ゴールデンスランバー (新潮文庫)
ゴールデンスランバー (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
2007年の一冊。
文庫になりました。オススメ!
RECOMMEND
キサトア (文春文庫)
キサトア (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
2006年の一冊。入手困難でしたが、文庫になりました。
…前の装丁のが好きだ…
RECOMMEND
てのひらの父
てのひらの父 (JUGEMレビュー »)
大沼紀子
2011年の一冊。
RECOMMEND
天地明察
天地明察 (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
2009年5つ星。

じわじわ興奮の一冊。
RECOMMEND
キサトア
キサトア (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
ものすごく大好きな本。
2006年の私の一冊。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
本の検索
本のブログ
にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ 【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集
カウンター
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS