ぼちぼち

本の感想と日々のできごと

ご訪問ありがとうございます。
TB・コメント大歓迎です♪(記事と関係ないものは削除させていただきます)
<< 踊るジョーカー―名探偵 音野順の事件簿 | main | 草祭 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
どこから行っても遠い町
JUGEMテーマ:読書

捨てたものではなかったです、あたしの人生――。

男二人が奇妙な仲のよさで同居する魚屋の話、真夜中に差し向かいで紅茶をのむ「平凡」な主婦とその姑、両親の不仲をじっとみつめる小学生、裸足で男のもとへ駆けていった魚屋の死んだ女房……東京の小さな町で、ゆるやかにつながって生きる人々の、その平穏な日々にあるあやうさと幸福。川上文学の真髄を示す待望の連作短篇小説集。
新潮社HPより

さすがに川上弘美さん、な一冊。
こういう連作短編集は本当にうまい。
とても良かったです。かなり好き。

どこにでもあるような町での人々の緩やかな暮らし。
ちょっとずつつながってる人とひとの、その距離感が絶妙でした。

川上さんの作品はゆるりと隙間があるようで、でも見えないものでみっちりしてる感じがします。
透明な膜で包まれたような世界にゆらりと浸ることができました。
|  ◆川上弘美 | 21:59 | comments(6) | trackbacks(4) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 21:59 | - | - | pookmark |
こんばんは。
住んでる人たちの距離感、本当に絶妙でしたね。
いつもバケツで何かを洗ってるおばさん
彼女のことがもっと知りたかった!
| なな | 2009/02/05 10:49 PM |
普通の人々の暮らし
穏やかに過ぎる時間
会話の中に感じられる信頼
それらが、心地よかったです。
| 藍色 | 2009/02/06 3:20 AM |
ぐるっと町を一周して始発点に戻ってきましたね。
そこに住んでいる人の日常がドラマでした。
読む人によって共感ポイントが違いそう、かな。
| しんちゃん | 2009/02/06 2:09 PM |
◆ななさん、こんばんは。

バケツのおばさん、いましたね!
そういう人いるいる!って読んでるときは思ったんですが、そうでもない?(笑)
町の人たち、ひとりひとり、どこか気にかかる人たちでした。

◆藍色さん、こんばんは。

読んでて気持ちいい短編集でした。
付かず離れずな距離感が良くて、こういう人間関係いいなあって思いました。

◆しんちゃん、こんばんは。

そうですね。最後に不思議な家?の事がわかってよかったです。
私はなんか共感ポイントがいっぱいありました。
| ちきちき | 2009/02/06 10:54 PM |
こちらにも^^
これは好きでしたー。
短編なのだけれど、登場する人が繋がっていて。
魚屋さんが、哀愁漂ってました・・・
なんだか可哀想な人生だなあ・・・。
| latifa | 2012/03/29 5:32 PM |
latifaさん、こんばんは。

私も好きです〜
川上作品、短編集のがいい気がします。
もう一回読み直したくなっちゃった…
| ちきちき | 2012/03/30 8:14 PM |









http://tsukiniusagi.jugem.jp/trackback/1068
「どこから行っても遠い町」川上弘美
どこから行っても遠い町 川上 弘美 JUGEMテーマ:読書 男二人が奇妙な仲のよさで同居する魚屋の話、真夜中に差し向かいで紅茶をのむ「平凡」な主婦とその姑、両親の不仲をじっとみつめる小学生、裸足で男のもとへ駆けていった魚屋の死んだ女房……東京の小さな町
| ナナメモ | 2009/02/05 10:50 PM |
どこから行っても遠い町
装画は谷内六郎。新潮社装幀室。「小説新潮」ほか初出の連作短編集。 東京の小さな商店街を舞台に、主役が微妙な繋がりをしていきます。 普...
| 粋な提案 | 2009/02/06 3:21 AM |
「どこから行っても遠い町」川上弘美
どこから行っても遠い町(2008/11)川上 弘美商品詳細を見る ビルの屋上には、妙な小屋が建っている魚屋の魚春。常連客で賑わう小料理屋と居酒屋...
| しんちゃんの買い物帳 | 2009/02/06 2:08 PM |
どこから行っても遠い町<川上弘美>−(本:2009年)−
どこから行っても遠い町クチコミを見る # 出版社: 新潮社 (2008/11) # ISBN-10: 4104412058 評価:80点 どこか遠い町の小さな物語。 絡み合う連作短編集は、読者を見事なまでに架空の町に連れ込んでしまう。魚屋で暮らす男達や、不思議に気の会う嫁と姑や、
| デコ親父はいつも減量中 | 2009/09/16 12:14 AM |

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
昨夜のカレー、明日のパン
昨夜のカレー、明日のパン (JUGEMレビュー »)
木皿 泉
2013年のお気に入り。
RECOMMEND
あと少し、もう少し
あと少し、もう少し (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
2012年のお気に入り。
RECOMMEND
64(ロクヨン)
64(ロクヨン) (JUGEMレビュー »)
横山 秀夫
2012年の5つ星。
久々に読めて嬉しかった。
RECOMMEND
([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫)
([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫) (JUGEMレビュー »)
大沼 紀子
2011年のお気に入り。
随分違う装丁になりましたが文庫になってます。
RECOMMEND
小暮写眞館(上) (講談社文庫)
小暮写眞館(上) (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
宮部 みゆき
2010年の5つ星
文庫になっております。
RECOMMEND
RECOMMEND
天地明察(上) (角川文庫)
天地明察(上) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
2009年の一冊。
文庫になりました。
RECOMMEND
天地明察(下) (角川文庫)
天地明察(下) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
文庫になりました。
装丁カッコイイ。
RECOMMEND
戸村飯店 青春100連発 (文春文庫)
戸村飯店 青春100連発 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
2008年の一冊。
文庫になりました。お試しあれ!
RECOMMEND
ゴールデンスランバー (新潮文庫)
ゴールデンスランバー (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
2007年の一冊。
文庫になりました。オススメ!
RECOMMEND
キサトア (文春文庫)
キサトア (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
2006年の一冊。入手困難でしたが、文庫になりました。
…前の装丁のが好きだ…
RECOMMEND
てのひらの父
てのひらの父 (JUGEMレビュー »)
大沼紀子
2011年の一冊。
RECOMMEND
天地明察
天地明察 (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
2009年5つ星。

じわじわ興奮の一冊。
RECOMMEND
キサトア
キサトア (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
ものすごく大好きな本。
2006年の私の一冊。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
本の検索
本のブログ
にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ 【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集
カウンター
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS