ぼちぼち

本の感想と日々のできごと

ご訪問ありがとうございます。
TB・コメント大歓迎です♪(記事と関係ないものは削除させていただきます)
<< 夕子ちゃんの近道 | main | おみやげが… >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
愚行録
愚行録
愚行録
貫井 徳郎

『愚行録』貫井徳郎(東京創元社)

なかなか面白かったです。
ええ、はい。あの事件のことでしょ? えっ? どうしてわかるのかって? そりゃあ、わかりますよ。だってあの事件が起きてからの一年間、訪ねてくる人来る人みんな同じことを訊くんですから……。数多のエピソードを通して浮かび上がる、人間たちの愚行のカタログ。痛烈にして哀切、『慟哭』の作者が放つ新たなる傑作!

ってゆーのが東京創元社のHPの書籍紹介の引用なんですが。

?ってことはあの被害者の夫婦の言動が〈愚行〉だったということなのかしら?
そっか。それはちょっと感じ方が違ったかも。
タイトルの意味わからなかったんですよね、あんまり。

私が面白かったのは、被害者夫婦の人となりを聞かれてインタビューに答えてる人たちの言葉。
みんな結構ひどいことを話してるんですが、自分のつくろい方?みたいのが興味深かった。みんな、自分はいい人なんだってことを主張するんですよね…微妙にかばう発言したりして。
ああ、確かにこういう話し方する時ってあるよなあ、と思ってしまいました。

インタビューと、間間に挟まれる子どもの話。
これが最後にどうからまってくるのかなあ、とすごく楽しみにしてたんですが、割と普通に終わってしまって残念でした。
もっと、ひゃー!みたいになりそうな気配があったのに。
だから最後はちょっと肩透かしな感じでした。期待しすぎ?
|  ◆貫井徳郎 | 12:36 | comments(2) | trackbacks(5) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 12:36 | - | - | pookmark |
早いな。
貫井さんの本、出たら必ずチェックすることに
なっているんだけど、
実はまだ図書館からまわってこなーい。

よかったらしいから、楽しみ。
| よみよみ | 2006/06/11 2:20 PM |
こちらにも寄らせていただきます。
そういえば「愚行録」は直木賞の候補になりましたね。

インタビューされている人達が語るうちにだんだんとヒートアップしていく様が恐かったです。
| yasishi | 2006/07/19 12:53 PM |









http://tsukiniusagi.jugem.jp/trackback/156
(書評)愚行録
著者:貫井徳郎 都内で起きた一家惨殺事件。被害者である田向一家を襲ったものは何か
| たこの感想文 | 2006/06/16 3:17 AM |
妄想キャスティング――貫井徳郎【愚行録】
こういう胸の痛む作品が、現実に映画化・ドラマ化されるかどうかはわからないけれど、まぁ私が勝手に妄想するだけだから。 スポンサーがついてくれるか、とか、視聴率がとれるか、興行成績がどうか、なんて考えなくてい
| ぱんどら日記 | 2006/07/21 3:14 PM |
貫井徳郎【愚行録】
え? 貫井徳郎って直木賞はまだ取ってないの? どうしてそんなこときくのかって? そりゃあ、ききたくもなりますよ。この本、面白いもの。 直木賞作家・東野圭吾の【白夜行】を思わせる雰囲気なの。事件のキモの部分をす
| ぱんどら日記 | 2006/07/21 3:14 PM |
貫井徳郎 愚行録(東京創元社)
愚行録貫井 徳郎 (2006/03/22)東京創元社 この商品の詳細を見る 読書量減らすと言った途端更新している・・・。 全然量減ってない・・・駄目じゃないか私! 父親は有名大学を卒業し一流不動産会社に勤め、高収入。 母親
| Celestial Blue | 2006/08/14 7:21 PM |
「愚行録」貫井徳郎
タイトル:愚行録 著者  :貫井徳郎 出版社 :東京創元社 読書期間:2006/12/16 - 2006/12/19 お勧め度:★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] ほら、人間という生き物は、こんなにも愚かで、哀しい。数多のエピソードを通して浮かび上がる、人間たちの愚
| AOCHAN-Blog | 2006/12/28 7:07 PM |

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
昨夜のカレー、明日のパン
昨夜のカレー、明日のパン (JUGEMレビュー »)
木皿 泉
2013年のお気に入り。
RECOMMEND
あと少し、もう少し
あと少し、もう少し (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
2012年のお気に入り。
RECOMMEND
64(ロクヨン)
64(ロクヨン) (JUGEMレビュー »)
横山 秀夫
2012年の5つ星。
久々に読めて嬉しかった。
RECOMMEND
([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫)
([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫) (JUGEMレビュー »)
大沼 紀子
2011年のお気に入り。
随分違う装丁になりましたが文庫になってます。
RECOMMEND
小暮写眞館(上) (講談社文庫)
小暮写眞館(上) (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
宮部 みゆき
2010年の5つ星
文庫になっております。
RECOMMEND
RECOMMEND
天地明察(上) (角川文庫)
天地明察(上) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
2009年の一冊。
文庫になりました。
RECOMMEND
天地明察(下) (角川文庫)
天地明察(下) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
文庫になりました。
装丁カッコイイ。
RECOMMEND
戸村飯店 青春100連発 (文春文庫)
戸村飯店 青春100連発 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
2008年の一冊。
文庫になりました。お試しあれ!
RECOMMEND
ゴールデンスランバー (新潮文庫)
ゴールデンスランバー (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
2007年の一冊。
文庫になりました。オススメ!
RECOMMEND
キサトア (文春文庫)
キサトア (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
2006年の一冊。入手困難でしたが、文庫になりました。
…前の装丁のが好きだ…
RECOMMEND
てのひらの父
てのひらの父 (JUGEMレビュー »)
大沼紀子
2011年の一冊。
RECOMMEND
天地明察
天地明察 (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
2009年5つ星。

じわじわ興奮の一冊。
RECOMMEND
キサトア
キサトア (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
ものすごく大好きな本。
2006年の私の一冊。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
本の検索
本のブログ
にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ 【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集
カウンター
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS