ぼちぼち

本の感想と日々のできごと

ご訪問ありがとうございます。
TB・コメント大歓迎です♪(記事と関係ないものは削除させていただきます)
<< 8月の新刊メモ 単行本編 | main | 更新しました >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
キサトア
キサトア

『キサトア』小路幸也(理論社)

もうすごく好き。
すごく幸せな気分になれたしやさしい気持ちになれてよかった。

多分ジャンル的にはヤングアダルトになるんだと思うんですが、これはね、「いい本いい本、読んでー」ってのとはちょっと違って、もう私が!ものすごく好きなの!すきすき大好き。

登場人物もみんないいし、世界がなんともいえなく素敵。
主人公の家族の町での存在がいい。キサトアちゃんたちを可愛がる町の人たちの気持ちが、あったかくて。
で、また、お父さんがむちゃくちゃかっこいいのよ。んで主人公がすごい可愛くて、なんかもうたまらんのですわ。
町の雰囲気がいいんですよねー。
こんなところに住みたい。

主人公の少年は病気で色がわからないのだけれども、世界的に有名なアーティストで、彼のつくる作品を見てみたいと思った。〈アーチ〉はどんな色を見てるのかなあ…それにしても、マッチの作品っていい発想…ほんま見てみたい。
久しぶりに続きは気になるが読み終わるのはもったいない、という気分を味わいました。

著者は今わたくしが大変注目しております作家さんでして、次の作品も非常に楽しみです。
とてもいい気分になれました。手元において大事にしたい本。

子供たちにおすすめかな?ずっと持ってて大人になったらまた読んで欲しい…
|  ◆小路幸也 | 22:48 | comments(5) | trackbacks(5) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 22:48 | - | - | pookmark |
ちきちきさん、こんばんは。
登場人物の暖かさ、
描かれる町の雰囲気が素敵な物語でしたね。
| 藍色 | 2006/09/02 6:32 PM |
ちきちきさんのところにお邪魔するたびに、この水色の綺麗な本が気になっていたのです。
読んでみたら、とても素敵なお話でした。
この町に住み人たちの気持ちがみんなあたたかくていいですね。
| | 2007/08/05 12:59 PM |
花さん、こんばんは。

ものすごくお気に入りの本なので、そう言ってもらえて本当に嬉しいです♪
これ友達の誕生日プレゼントにしてしまった本(自分の中では本のプレゼントは禁じているので)だったりして、いろいろ思い出深い本です。
あったかい気持ちになれますよね。
| ちきちき | 2007/08/05 8:06 PM |
こんばんは^^過去記事に失礼いたします。
ちきちきさんのブログのTOPに大好きな本と書かれていたので気になって読んでみました。
お薦めしている通りとても温かい素敵なお話でした。
やっぱり出てくる人が皆さん良いですよね。
お父さんのお仕事はとてもかっこいいしアーチはとてもいい子だしキサトアちゃんも可愛いし。
最後の最後が希望が見える感じで。笑顔で読み終えました^^
| 苗坊 | 2012/04/21 11:05 PM |
苗坊さん、こんばんは。

小路さんの作品では一番好きなのです。
なんか思いいれがあるので、他の人に褒めてもらえるとと妙に嬉しい…

家族が素敵で、周りの人たちも素敵で、ありのままを受け入れる姿勢がカッコイイというかなんというか。

出版社さんが倒れて心配してたのですが、5月に文藝春秋から文庫が出ると聞いてひと安心。たくさんの人が読んでくれるといいなあ。
| ちきちき | 2012/04/26 6:35 PM |









http://tsukiniusagi.jugem.jp/trackback/202
■ キサトア 小路幸也
キサトア 小路 幸也 理論社 2006-06 読んでみるまで知らなかったのですが、児童文学でした。児童文学らしくファンタジックな雰囲気の本でしたが、大人が読んでも、好きになれると思う。出てくる人たちがとにかく温かくて、心に残るたくさんの言葉がちりばめられた、
| 本を読んだら・・・by ゆうき | 2006/08/06 2:26 AM |
キサトア、小路幸也
装画は木内達朗。装丁は守先正。 『空を見上げる古い歌を口ずさむ』で第二十九回メフィスト賞を受賞、作家デビュー。主な作品『Q.O.L』『そこへ届くのは僕たちの声』『HEARTBEAT』『ホームタウン』『東京バンドワゴン』な
| 粋な提案 | 2006/09/02 6:33 PM |
「キサトア」小路幸也
タイトル:キサトア 著者  :小路幸也 出版社 :理論社 読書期間:2006/09/16 お勧め度:★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 色を失くした僕と、時間を失くした妹たちが海辺の町をかけめぐる日々。僕らの心の中にある、世界のほとりの物語。 初読み
| AOCHAN-Blog | 2006/10/14 10:36 PM |
本「キサトア」
キサトア 小路幸也 理論社 2006年6月 (児童文学) <風のエキスパート>のフウガ氏が、家族のアーチ、キサとトアと共に<巨人の腕>の管理研究員として、ユードロの丘の元・診療所に、引っ越してきてから、5年が経とうとしていた。僕(アーチ)は、病
| <花>の本と映画の感想 | 2007/08/06 7:58 PM |
キサトア 小路幸也
キサトア著者:小路 幸也理論社(2006-06)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 色を失くした僕と、時間を失くした妹たちが海辺の町をかけめぐる日々。僕らの心の中にある、世界のほとりの ...
| 苗坊の徒然日記 | 2012/04/21 11:02 PM |

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
昨夜のカレー、明日のパン
昨夜のカレー、明日のパン (JUGEMレビュー »)
木皿 泉
2013年のお気に入り。
RECOMMEND
あと少し、もう少し
あと少し、もう少し (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
2012年のお気に入り。
RECOMMEND
64(ロクヨン)
64(ロクヨン) (JUGEMレビュー »)
横山 秀夫
2012年の5つ星。
久々に読めて嬉しかった。
RECOMMEND
([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫)
([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫) (JUGEMレビュー »)
大沼 紀子
2011年のお気に入り。
随分違う装丁になりましたが文庫になってます。
RECOMMEND
小暮写眞館(上) (講談社文庫)
小暮写眞館(上) (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
宮部 みゆき
2010年の5つ星
文庫になっております。
RECOMMEND
RECOMMEND
天地明察(上) (角川文庫)
天地明察(上) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
2009年の一冊。
文庫になりました。
RECOMMEND
天地明察(下) (角川文庫)
天地明察(下) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
文庫になりました。
装丁カッコイイ。
RECOMMEND
戸村飯店 青春100連発 (文春文庫)
戸村飯店 青春100連発 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
2008年の一冊。
文庫になりました。お試しあれ!
RECOMMEND
ゴールデンスランバー (新潮文庫)
ゴールデンスランバー (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
2007年の一冊。
文庫になりました。オススメ!
RECOMMEND
キサトア (文春文庫)
キサトア (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
2006年の一冊。入手困難でしたが、文庫になりました。
…前の装丁のが好きだ…
RECOMMEND
てのひらの父
てのひらの父 (JUGEMレビュー »)
大沼紀子
2011年の一冊。
RECOMMEND
天地明察
天地明察 (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
2009年5つ星。

じわじわ興奮の一冊。
RECOMMEND
キサトア
キサトア (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
ものすごく大好きな本。
2006年の私の一冊。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
本の検索
本のブログ
にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ 【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集
カウンター
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS