ぼちぼち

本の感想と日々のできごと

ご訪問ありがとうございます。
TB・コメント大歓迎です♪(記事と関係ないものは削除させていただきます)
<< 天才たちの値段 | main | 図書館内乱 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
レインツリーの国
レインツリーの国

『レインツリーの国』有川浩(新潮社)
きっかけは「忘れられない本」。そこから始まったメールの交換。俺はあっという間に、どうしても彼女に会いたいと思うようになっていた。だが、意を決して出したメールの返事はつれないもの。かたくなに会うのを拒む彼女には、そう主張せざるを得ない、ある理由があった――。青春恋愛小説に、新たなスタンダードが誕生!
新潮社HPより

『図書館内乱』(メディアワークス)にこの本を登場人物が紹介する場面があって、その本を実際に読めちゃうという趣向のコラボレーション企画らしいです。
ちょっと楽しいですね。

内容は…結構がっつり恋愛小説。テーマは割と重い。

変な章タイトルやなあと思いながら読み進めてました。
なんというか、感情がささくれ立つお話でした。思いがお互いにきちんと伝わらないのってつらいしもどかしい。
真面目するくらい真面目な、まっすぐな恋愛小説。
ちょっとこっぱずかしい〈青春菌〉?が救いになってたような気がします。

それにしてもこういうテーマの本を読むとわかってるつもりでも、自分が知らないことが世の中には本当にたくさんあるのだということを思い知らされてちょっと落ち込んでしまいます。本の中でひどいと思ったことをごく普通にやってるかもしれへんもんなあ。むーん。

それにしても人と人の出会いにはやっぱり縁があるよなあ、と思う今日この頃。お互いに信頼しあえて、成長しあえる素敵な相手と出会えてよかったねえ。

本との出会いもまた縁です。
いい本にいっぱい出会いたいものです。
とりあえず、この本がどのように『図書館内乱』に出てくるか楽しみです。
|  ◆有川浩 | 00:35 | comments(12) | trackbacks(4) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:35 | - | - | pookmark |
こんばんは!
私も知らなかったこと、誤解していたことに気付かされた作品でもありました。
恋愛小説としても良かったですけど、気付きというきっかけを与えてくれる作品でもありましたね。
いい本に出会えてよかったと思います。
| エビノート | 2006/11/12 7:44 PM |
ちきちきさん、こんばんは。
自分が知らないことを思い知らされて、深く考えさせられました。
ふたりの気持ち、はじめは上手くいかないもどかしさが
すごく伝わってきましたね。
関西弁の言葉の響き、慣れたら独特の魅力にも感じられました。
| 藍色 | 2006/11/13 1:24 AM |
青春菌入りの恋愛小説・・・
とりあえず食指は動かずですね(^^;
| シン@偽哲学者 | 2006/11/13 2:20 AM |
>エビノートさん、こんばんは。
直球恋愛小説でしたね。こんな恋愛素敵だなあ。
聴覚障害のことは本当にいろいろお勉強になりました。

>藍色さん、こんばんは。
うまくいかないはじめの方のもどかしい思いさせられたのが、後で報われて嬉しくなりました。
関西弁、良かったですね。

>シンさん、こんばんは。
恋愛小説ですけどそれだけじゃないんですよ〜。
多分思っておられるようなお話ではないんですが、まあ機会があったら立読みでもしてみてください。
甘いけど甘くありません。
| ちきちき | 2006/11/13 9:02 PM |
ちきちきさま
こんばんは。恋愛小説だから甘かったですね。ちょっとウルウルきましたよ。青春菌満開でしたね(笑)コテコテの関西弁も良かったです。確かに世の中には知らないことは、まだまだいっぱいあると実感しました。先日『図書館戦争』読み終わりました。面白かった!!この作品の方が先に読んでしまっていたので、『図書館内乱』楽しみです。ちきちきさんの感想読んでいると、あぁー早く読みたいと思いました。ちきちきさんの言うように、これからもいい本にいっぱい出会いたいものですね。「天才たちの値段」面白そうなので図書館で予約しちゃいました。楽しみです♪
| naru | 2006/11/14 8:13 PM |
naruさん、こんばんは。
コテコテの関西弁…そうか。まあ確かにそうかも。でも私は関西弁に結構飢えてるので関西弁の話というだけでちょっと嬉しくなってしまうのでした。
naruさんも関西の方なんですよねえ。
『図書館』シリーズとはまた違う魅力の一冊だったと思います。

『天才たちの値段』は本当に面白いのでぜひ!読んでまた感想をお聞かせください〜。
| ちきちき | 2006/11/14 11:03 PM |
こんばんは。TBさせてもらいました。
自分が知らないうちに誰かを傷つけてるのかも・・・。
私もそう思いました。
実際、聴覚障害者が身近にいるので、もしかしたら・・・と思うと伸みたいにできたら・・・と思うんですが難しいですね。
| sonatine | 2007/01/17 1:03 AM |
sonatineさん、こんばんは。
どうもTBがうまく送れないみたいです。sonatineさんからのも反映されてないぽいし。むむー。
正直しくみがよくわかってないのでどうにもなりません。すみません。

本のほうはいろいろ考えさせられましたね。
私はこちらの方を内乱前に読んだのですが、そしてさらっと読み流してしまいましたが、この本をプレゼントしてしまう彼って…って今ちょっと思ってしまいました。なんか照れてしまうんですけど。
| ちきちき | 2007/01/19 12:08 AM |
むむむ。やっぱりだめです。
私もTBのしくみはわからないんですが、ぼちぼち。さんへできる記事はできるんですが、これは何度やってもだめでした。残念(TT)

私は内乱→レインツリーだったんですが、すっかり忘れていました。小牧さんって意外とやるなぁ。
この本をプレゼントされた時点でホの字ですよねぇ。
| sonatine | 2007/01/19 5:05 PM |
sonatineさん、こんばんは。
TBダメみたいですね…残念。
これに懲りずによろしくお願いします。

ね。小牧さん、わりとストレートですよね。
| ちきちき | 2007/01/19 10:23 PM |
はじめこの本のタイトルが気になり、
思いのほか購入してみた・・・・

読んでみると・・・・まさに俺が
最近体験した彼女との別れと似ていた。
男と女の考え方は違うのも同感。
そして、最大に痛感したのは、男は
なんで思いやりを忘れ、自分のペースに
好きな子を巻き込むのだろうかという部分。
この本のおかげで自分の悪い所の見直しが
でき、本当に感謝です。
| まっちゃん | 2007/02/27 12:27 AM |
まっちゃんさん、こんばんは。はじめまして。

>男はなんで思いやりを忘れ、自分のペースに好きな子を巻き込むのだろうか

私は女性ですが、やっぱり自分本位になってしまうことって多いです。人との関係はお互い様なところがあると思うんです。
でもできるだけ相手のことを思いやれる自分でありたいとは思います。それすら独りよがりなのかもしれないけど。
| ちきちき | 2007/02/27 9:35 PM |









http://tsukiniusagi.jugem.jp/trackback/295
レインツリーの国 〔有川浩〕
レインツリーの国 ≪内容≫ きっかけは「忘れられない本」そこから始まったメールの交換。 あなたを想う。 心が揺れる。 でも、会うことはできません。 ごめんなさい。 かたくなに会うのを拒む彼女には、ある理由があった―。 青春恋愛小説に、新スタンダード
| まったり読書日記 | 2006/11/12 7:40 PM |
レインツリーの国 有川浩
装幀は新潮社装幀室のはず。なぜかすべて横文字で、photograph by Takashi Otaka.design by Shinchosha Book Design Divisionとなっています。雰囲気作り?書き下ろし。 関西出身で東京の会社へ就職して3年の向坂伸行は、中
| 粋な提案 | 2006/11/13 1:25 AM |
「レインツリーの国」有川浩
タイトル:レインツリーの国 著者  :有川浩 出版社 :新潮社 読書期間:2007/03/15 - 2007/03/16 お勧め度:★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] きっかけは「忘れられない本」そこから始まったメールの交換。あなたを想う。心が揺れる。でも、会うこ
| AOCHAN-Blog | 2007/04/17 9:46 PM |
【レインツリーの国】 有川浩 著
あたりまえ… 他人にとってはあたりまえでも、自分にとっては違う。 でも自分ではあたりまえと思っていたことも、他人には違う。   まずは来訪記念のポチッ[:ひらめき:] [:next:] ブログランキング[:右斜め上:] あなたを想う気持ちに嘘はない。でも、会う
| じゅずじの旦那 | 2008/08/29 7:50 PM |

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
昨夜のカレー、明日のパン
昨夜のカレー、明日のパン (JUGEMレビュー »)
木皿 泉
2013年のお気に入り。
RECOMMEND
あと少し、もう少し
あと少し、もう少し (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
2012年のお気に入り。
RECOMMEND
64(ロクヨン)
64(ロクヨン) (JUGEMレビュー »)
横山 秀夫
2012年の5つ星。
久々に読めて嬉しかった。
RECOMMEND
([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫)
([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫) (JUGEMレビュー »)
大沼 紀子
2011年のお気に入り。
随分違う装丁になりましたが文庫になってます。
RECOMMEND
小暮写眞館(上) (講談社文庫)
小暮写眞館(上) (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
宮部 みゆき
2010年の5つ星
文庫になっております。
RECOMMEND
RECOMMEND
天地明察(上) (角川文庫)
天地明察(上) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
2009年の一冊。
文庫になりました。
RECOMMEND
天地明察(下) (角川文庫)
天地明察(下) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
文庫になりました。
装丁カッコイイ。
RECOMMEND
戸村飯店 青春100連発 (文春文庫)
戸村飯店 青春100連発 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
2008年の一冊。
文庫になりました。お試しあれ!
RECOMMEND
ゴールデンスランバー (新潮文庫)
ゴールデンスランバー (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
2007年の一冊。
文庫になりました。オススメ!
RECOMMEND
キサトア (文春文庫)
キサトア (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
2006年の一冊。入手困難でしたが、文庫になりました。
…前の装丁のが好きだ…
RECOMMEND
てのひらの父
てのひらの父 (JUGEMレビュー »)
大沼紀子
2011年の一冊。
RECOMMEND
天地明察
天地明察 (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
2009年5つ星。

じわじわ興奮の一冊。
RECOMMEND
キサトア
キサトア (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
ものすごく大好きな本。
2006年の私の一冊。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
本の検索
本のブログ
にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ 【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集
カウンター
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS