ぼちぼち

本の感想と日々のできごと

ご訪問ありがとうございます。
TB・コメント大歓迎です♪(記事と関係ないものは削除させていただきます)
<< 空色ヒッチハイカー | main | 2月の新刊メモ 単行本編 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
星と半月の海
評価:
川端 裕人
講談社
¥ 1,680
(2006-12-01)
きみの中に海がある。きみは海なんだ。
西オーストラリアの海でジンベエザメと深く交わっていく研究者たち。いつしか心までサメとシンクロし、命の存在感を思い知らされる。
表題作ほか、動物をテーマにした傑作小説短編集!
講談社HPより

JUGEMに新しくレビュー投稿機能というのができたようなのでちょっと使ってみました。とりあえずしばらく使ってみようかしら?という感じです。

さて。
私は水族館がかなり好きだ。
多分他の人に比べて相当いろいろ行ってると思う。…水族館ブログできるくらい?旅行行くたびに各地の水族館回ってますから(そのわりにはあんまりどこがどれだったとかあやふやなんですよ…。鳥頭)
で、動物園も好き。こっちは水族館ほど熱心ではないんですが、やっぱり旅先で行ったりするので。

そんなわけでこういう作品集は大好物です。動物モノ連作短編集。
大変楽しく読めました。

「みっともないけど本物のペンギン」はペンギンがすごく好きで(とかいいながらオオウミガラス、知りませんでした)よく見てるので、えさやりシーンなんかはニヤニヤしながら読んでました。(「堕落」、確かに(^_^;)
同じ語り手のパンダの話も良かった。
「野生」ってなんなんだろう、って考えました。
動物園で喜んでみてるのは本当の彼らの姿じゃないのね、わかってたけどわかってなかったことに気づかされたりしました。人間の好き勝手に振り回されてる彼らですが、せっかく一緒の地球に住んでる?んだから上手くやっていきたいなあ、って思うのもやっぱヒトの勝手ですかね?
町の中を闊歩するジャイアントパンダ…見てみたい気も。やっぱ怖いかな?

恐竜の話は去年私は恐竜博を見てきたので、そのことを思い出しながら読みました。展示された恐竜の化石は迫力ありました。携帯ストラップ買ったりしてしまった。
空想のことが多いと思ってたんだけどわかってきてることもあるということですね。

取り上げてませんが他の作品も良かったです。
野生の動物たちのこととか彼らを巡る人々のお話は、こういう活動をしてる人もいるんだなあとなんでか不思議な感じでした。

動物を見る人々の目が暖かく、そして熱くって、とりあえず私はまた動物園とかに行きたいなあと思うのでした。
|  ◆川端裕人 | 19:56 | comments(5) | trackbacks(3) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 19:56 | - | - | pookmark |
こんばんは!
私も水族館好きです〜といっても何年も行ってないんですけど、久しぶりに水族館や動物園に行ってみたくなりました。
本当は野性の姿そのままに動物を見ることができれば一番なんでしょうけどね〜
街の中にいるパンダ見てみたいですね〜
| エビノート | 2007/02/01 8:22 PM |
エビノートさん、こんばんは。
水族館、いいですよね。
旭山動物園以降動物の展示とかってどこもいろいろ工夫してて楽しいです。その旭山動物園にはまだ行ってないので行ってみたいんですが。

動物園のパンダには不満があるので、動くパンダが見てみたいのです。
| ちきちき | 2007/02/01 9:04 PM |
こんばんは。
私も動物園や水族館は大好きです♪
もう何年もいったことないですが(-_-;)
ペンギンが好きなら「皇帝ペンギン」っていう
ドキュメンタリー映画は知ってますかね?
個人的にはいまいちだったのですが
生まれたばかりの子供ペンギンの萌え度は
かなりすごいものがありますよ(^-^)
| シン@偽哲学者 | 2007/02/02 12:18 AM |
こんばんは。
同日アップだったのですね〜。うれしいです。
水族館お好きなんですね。
動物園もですけど、しばらく行けてないので、
読んでたら行ってみたくなりました。
この季節だと、ちょっとつらいかも、ですけど。

そして、水族館ブログ、読んでみたくなりました(笑)。
| 藍色 | 2007/02/02 12:44 AM |
◆シンさん、こんばんは。


「皇帝ペンギン」気になってたんですが見てないです。なんか写真集が出とってそちらはぱらぱらと見てたのですが。
ペンギンの赤ちゃんってめちゃめちゃ可愛いですよね。
もって帰りたい…けどぬいぐるみでがまん。
我が家にはペンギンのぬいぐるみがごろごろしてます。
映画、DVDとかになってますかね。機会があったら見てみたいです。

◆藍色さん、こんばんは。

今まで一日違いとかはあったんですけど、同日アップというのは初めてで、嬉しかったです(*^_^*)

平日の水族館や動物園は子どもたちの遠足なんかとかち合いさえしなければかなりゆっくりと楽しめますよ♪確かに今は厳しいですね…私もあんまり行きたくない。

水族館ブログやってたらいろいろ覚えてて良かったのにと思ったりします。
印象に残ることはいろいろあるんですが、行き過ぎててどこの水族館やったかわからない!!(ちょっと大げさ。でもやっぱりかなり行ってると思う)
| ちきちき | 2007/02/02 9:16 PM |









http://tsukiniusagi.jugem.jp/trackback/377
星と半月の海 〔川端裕人〕
星と半月の海川端 裕人 講談社 2006-12-01売り上げランキング : 34784おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 西オーストラリアの海でジンベエザメと深く交わっていく研究者たち。 いつしか心までサメとシンクロし、命の存在感を思い知らされる。
| まったり読書日記 | 2007/02/01 8:07 PM |
星と半月の海 川端裕人
装画は山田博之。装幀は坂川事務所。小説現代2005年6月号から2006年9月号まで不定期掲載。動物テーマの短編集。4は書き下ろし。すべて加筆修正。 1みっともないけど本物のペンギン―語り手のぼくはペンギンの飼育
| 粋な提案 | 2007/02/02 12:45 AM |
「星と半月の海」川端裕人
タイトル:星と半月の海 著者  :川端裕人 出版社 :講談社 読書期間:2007/07/31 - 2007/08/02 お勧め度:★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 西オーストラリアの海でジンベエザメと深く交わっていく研究者たち。いつしか心までサメとシンクロし、命の
| AOCHAN-Blog | 2007/09/26 7:16 PM |

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
昨夜のカレー、明日のパン
昨夜のカレー、明日のパン (JUGEMレビュー »)
木皿 泉
2013年のお気に入り。
RECOMMEND
あと少し、もう少し
あと少し、もう少し (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
2012年のお気に入り。
RECOMMEND
64(ロクヨン)
64(ロクヨン) (JUGEMレビュー »)
横山 秀夫
2012年の5つ星。
久々に読めて嬉しかった。
RECOMMEND
([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫)
([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫) (JUGEMレビュー »)
大沼 紀子
2011年のお気に入り。
随分違う装丁になりましたが文庫になってます。
RECOMMEND
小暮写眞館(上) (講談社文庫)
小暮写眞館(上) (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
宮部 みゆき
2010年の5つ星
文庫になっております。
RECOMMEND
RECOMMEND
天地明察(上) (角川文庫)
天地明察(上) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
2009年の一冊。
文庫になりました。
RECOMMEND
天地明察(下) (角川文庫)
天地明察(下) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
文庫になりました。
装丁カッコイイ。
RECOMMEND
戸村飯店 青春100連発 (文春文庫)
戸村飯店 青春100連発 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
2008年の一冊。
文庫になりました。お試しあれ!
RECOMMEND
ゴールデンスランバー (新潮文庫)
ゴールデンスランバー (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
2007年の一冊。
文庫になりました。オススメ!
RECOMMEND
キサトア (文春文庫)
キサトア (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
2006年の一冊。入手困難でしたが、文庫になりました。
…前の装丁のが好きだ…
RECOMMEND
てのひらの父
てのひらの父 (JUGEMレビュー »)
大沼紀子
2011年の一冊。
RECOMMEND
天地明察
天地明察 (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
2009年5つ星。

じわじわ興奮の一冊。
RECOMMEND
キサトア
キサトア (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
ものすごく大好きな本。
2006年の私の一冊。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
本の検索
本のブログ
にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ 【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集
カウンター
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS