ぼちぼち

本の感想と日々のできごと

ご訪問ありがとうございます。
TB・コメント大歓迎です♪(記事と関係ないものは削除させていただきます)
<< 暗渠の宿 | main | ショック!! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
フィッシュストーリー
評価:
伊坂 幸太郎
新潮社
¥ 1,470
(2007-01-30)
伊坂ワールドの名脇役たちが遭遇する、「別の日・別の場所」での新たな事件。

売れないロックバンドが、最後のレコーディングで叫んだ音にならない声が、時空を越えて奇蹟を起こす。伊坂幸太郎の真骨頂とも言える多重の企みに満ちた表題作他、読者人気の特に高い“あの人”が、今度は主役に! デビュー第一短編から最新書き下ろし中編まで、変幻自在の筆致で編んだ伊坂流ホラ話の饗宴。
新潮社HPより。

今回は表紙もいい感じ。
4つの作品が掲載されてます。
最初、いつもどおり面白い!と思いながらも少しの物足りなさを感じてたんですが、表題作を読んでもう大満足。やっぱり伊坂幸太郎大好き。

個人的には、「フィッシュストーリー」と「ポテチ」がお気に入りの作品となりました。
とはいえ、4作品とも楽しかったんですけど。

「動物園のエンジン」
エンジンってのがいい。こういう人いそう。
そして登場人物みんなの雰囲気が伊坂!って感じで、巻頭の作品としても良かったと思います。

「サクリファイス」
ちょっと珍しいかも。毛色が違うというか。
なんで〈黒澤〉?って気もしないでもないんですが、まあこういうのもアリ。初出の掲載誌が『別冊 東北学』って事ですが、なるほど、みたいな。

「フィッシュツトーリー」
ひとつの事象が転がり転がって…っていう話なんですけど、とにかく優しい物語でした。これはかなり好き。心がぬくたくなった。
こうゆうつながりがあると思うと今を大事にせねばと感じます。

「ポテチ」
〈今村〉がいいです。〈黒澤〉がまた登場。おいしいとこ取ってる気も。でもそれが〈黒澤〉。
最後はちょっと熱くなりました。

楽しい読書でした。最近の幸ちゃんの本では一番好きかも。

これまでの作品の登場人物たちが出てるということでしたが、正直もうちゃんと覚えてないのが悲しすぎる…名前ですぐにわかったのは〈黒澤〉くらい。
わからなくても全然楽しめるんですが、わかったらそれはそれで楽しいだろうに…
ものすごく既刊を読み返したくなる本です。
誰か関係図とか作ってくれないかな。作って欲しいな。
|  ◆伊坂幸太郎 | 21:52 | comments(12) | trackbacks(5) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 21:52 | - | - | pookmark |
ちきちきさん こんばんは。
私は図書館本待ちで〜す。
いやー楽しみ♪
伊坂作品は『ラッシュライフ』
しか読んでいないのですが、
黒澤って確か...。

PS TAKANOの飴食べました。
うま〜い。チョコも売ってましたよん。

| naru | 2007/02/05 11:35 PM |
naruさん、こんばんは。
伊坂本はちゃんと単行本で購入しておりますのです。へへへ。楽しみにしといてください。

なんか〈黒澤〉以外にも、あれこれって確か…みたいな人がいるみたいなんですけどね。
いかんせん記憶力が…悲しいです。

TAKANOのあめちゃん食べましたか!!おいしいですよね、甘くなくて。私はレモン味が一番好きです。
チョコもうまいかな。ジャムとかもおいしそうですよね…
| ちきちき | 2007/02/06 9:59 PM |
初めまして、御陵灰名と申します。

何度か日記を拝見させて頂いていたのですが初めて書き込みさせて頂きます。

三月に発売される『ダ・ヴィンチ』で伊坂作品のキャラクター相関図が出ると確か書いてあったような気がします。

私も伊坂作品が好きなので楽しみにしてます♪

乱文で申し訳ありませんがこれにて失礼いたします。
| 御陵灰名 | 2007/02/08 11:47 PM |
御陵灰名さん、こんばんは。どうもはじめまして。
コメントありがとうございますm(__)m

そして素晴らしい情報をどうもありがとうです。
『ダ・ヴィンチ』は一応毎号買ってますので、チェックしてみます♪
| ちきちき | 2007/02/09 8:37 PM |
こんばんは!
良かったですよね〜〜
どの作品も味わい深くて、読み終えた後にじんわり響いてくるものがあるんですよね。
そして、いろんな作品とのリンクも嬉しくなっちゃいました。
全部チェックできたかどうかはわかんないんですけど…
私も「ダ・ヴィンチ」かってチェックしてみます♪
良いことを教えてもらいました(^o^)/
| エビノート | 2007/02/12 9:28 PM |
エビノートさん、こんばんは。

期待を裏切らない面白さでした。
やっぱりレベル高い!!
リンクがよくわからんのですね。いた気はするが、程度で…
来月号のダヴィンチ待つしかないっすね…
| ちきちき | 2007/02/12 9:50 PM |
ちきちきさん、こんばんは。
派手さはないけれど、じっくり読めて
独特の味わいがありましたね。
表題作「フィッシュストーリー」、
スケールの大きなつながりが心地良かったですね。
え、三月発売の「ダ・ヴィンチ」で…
いいこと教えていただきました。
忘れないようにしなくっちゃ(笑)。
| 藍色 | 2007/02/18 3:24 AM |
藍色さん、こんばんは。

「ダヴィンチ」楽しみですね。
やっぱり関係図が欲しくなりますよね。
本のカバーの折り返しに載ってた全著作リストを見ると、もういっぱい本が出てるんだなあと思いました。

伊坂さんご自身はどうやって把握してはるんでしょうね、とふと思ってみたり。
| ちきちき | 2007/02/18 9:18 PM |
確かに、伊坂さんの頭の中では何がどういうふうにつながってるんでしょうね!すごすぎる…。きっと記憶力の桁というか、仕組みがそもそも違うんだわ、と思います(笑)。
| chiekoa | 2007/02/19 12:16 PM |
ぼちぼちさん こんばんは〜。
読みました!!前回初読みでドキマギ
してしまった私ですが、この作品は
読みやすかった〜。地味ですが、
とっても面白かった!!です。
黒澤はやっぱりかっこいいな〜。
私はやっぱり『ポテチ』が一番かな。
| naru | 2007/02/19 8:17 PM |
◆chiekoaさん、こんばんは。

伊坂ノートがあればちょっとのぞいてみたいと思ったわけです。ふふふ。
こんだけ繋がってて(多分)破綻してないのはやっぱりすごいです。

◆naruさん、こんばんは。

伊坂入門書にピッタリみたいな本ですよねえ。
最近の伊坂さんの本の中では一番好きです。
基本的に地味好きかもしれません。
そして、黒澤は私も大好きです。カッコエエ…
| ちきちき | 2007/02/20 8:57 PM |
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
| 株の用語 | 2013/05/28 3:41 PM |









http://tsukiniusagi.jugem.jp/trackback/380
フィッシュストーリー 〔伊坂幸太郎〕
フィッシュストーリー著:伊坂幸太郎出版社:新潮社定価:1470円livedoor BOOKS書誌データ / 書評を書く ≪内容≫ 売れないロックバンドが、最後のレコーディングで叫んだ音にならない声が、時空を越えて奇蹟を起こす。 伊坂幸太郎の真骨頂とも言える多重の企みに満
| まったり読書日記 | 2007/02/12 9:23 PM |
フィッシュストーリー 伊坂幸太郎
装画は三谷龍二。装幀は新潮社装幀室。 過去の伊坂作品に登場した脇役たちが主人公に。デビュー第1短編から最新書き下ろし(150枚!)まで加筆修正の中短編集。表紙を開くと、作品タイトルについて「陽気なギャング」でおなじみの“
| 粋な提案 | 2007/02/18 3:11 AM |
フィッシュストーリー [伊坂幸太郎]
フィッシュストーリー伊坂 幸太郎 新潮社 2007-01-30 「動物園のエンジン」「サクリファイス」「フィッシュストーリー」「ポテチ」の四作品が収録された、短編集です。 伊坂作品の十三作目にあたるこの本。過去の物語に登場したあんな人物やこんな人物の物語…!と
| + ChiekoaLibrary + | 2007/02/19 12:14 PM |
伊坂幸太郎「フィッシュストーリー」
「動物園のエンジン」「サクリファイス」「フィッシュストーリー」「ポテチ」からなる短編集。
| 待ち合わせは本屋さんで | 2007/02/20 10:21 PM |
「フィッシュストーリー」伊坂幸太郎
タイトル:フィッシュストーリー 著者  :伊坂幸太郎 出版社 :新潮社 読書期間:2007/05/11 - 2007/05/14 お勧め度:★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] あの作品に登場した脇役達の日常は? 人気の高い「あの人」が、今度は主役に! デビュー第1短編
| AOCHAN-Blog | 2007/07/02 9:58 PM |

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
昨夜のカレー、明日のパン
昨夜のカレー、明日のパン (JUGEMレビュー »)
木皿 泉
2013年のお気に入り。
RECOMMEND
あと少し、もう少し
あと少し、もう少し (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
2012年のお気に入り。
RECOMMEND
64(ロクヨン)
64(ロクヨン) (JUGEMレビュー »)
横山 秀夫
2012年の5つ星。
久々に読めて嬉しかった。
RECOMMEND
([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫)
([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫) (JUGEMレビュー »)
大沼 紀子
2011年のお気に入り。
随分違う装丁になりましたが文庫になってます。
RECOMMEND
小暮写眞館(上) (講談社文庫)
小暮写眞館(上) (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
宮部 みゆき
2010年の5つ星
文庫になっております。
RECOMMEND
RECOMMEND
天地明察(上) (角川文庫)
天地明察(上) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
2009年の一冊。
文庫になりました。
RECOMMEND
天地明察(下) (角川文庫)
天地明察(下) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
文庫になりました。
装丁カッコイイ。
RECOMMEND
戸村飯店 青春100連発 (文春文庫)
戸村飯店 青春100連発 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
2008年の一冊。
文庫になりました。お試しあれ!
RECOMMEND
ゴールデンスランバー (新潮文庫)
ゴールデンスランバー (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
2007年の一冊。
文庫になりました。オススメ!
RECOMMEND
キサトア (文春文庫)
キサトア (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
2006年の一冊。入手困難でしたが、文庫になりました。
…前の装丁のが好きだ…
RECOMMEND
てのひらの父
てのひらの父 (JUGEMレビュー »)
大沼紀子
2011年の一冊。
RECOMMEND
天地明察
天地明察 (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
2009年5つ星。

じわじわ興奮の一冊。
RECOMMEND
キサトア
キサトア (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
ものすごく大好きな本。
2006年の私の一冊。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
本の検索
本のブログ
にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ 【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集
カウンター
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS