ぼちぼち

本の感想と日々のできごと

ご訪問ありがとうございます。
TB・コメント大歓迎です♪(記事と関係ないものは削除させていただきます)
<< また会う日まで | main | 植物診断室 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
夢を与える
評価:
綿矢 りさ
河出書房新社
¥ 1,365
(2007-02-08)
チャイルドモデルから芸能界へ――幼い頃からTVの中で生き続けてきた美しくすこやかな少女・夕子。ある出来事をきっかけに、彼女はブレイクするが……成長する少女の心とからだに流れる〈時間〉を描く、待望の芥川賞受賞第一作!
河出書房新社HPより

えっと単行本貼り付けてますが、私の読んだのは『文藝』掲載の方です。加筆とか修正があったのかどうか確認してません。手抜きですんません。あしからず。

綿矢りさたん4年ぶりの新刊はなんと芸能界モノ長編でした。雑誌で読んだせいか(どこで終わるか見えないので)長く感じてしまった。

なにかすごいことが起こるわけでなく、わりとオーソドックスな内容。チャイドルの人生を辿っていくんだけど、これまでの作品と違って三人称で描かれてて最初はちょっとバタバタした感じだったかも。まあ夕子視点になってからはそんな違和感なかったですが。
久々だし文体も違うけれど綿矢さんらしさみたいのは健在で言葉の使い方とか、人物に対する距離のバランス感覚が絶妙、と思いながら読んでました(ってか黒い…綿矢りさってやっぱり黒いと思うんですけど……でもそこが好き。ドキドキ)。

事前に結構濃厚な濡れ場があると聞いてたのでドキドキしてたけど、まあ、あのりさたんがみたいな感じでちと照れてしまいました。それほどどぎつくは感じませんでしたけど。

りさたん、大学も卒業してこれからは専業作家ということですが、随分メディアとかに露出しててやる気を感じます。インタビューとかサイン会とか。今月号の『文藝春秋 2007年 3月号』なんかはかなり気になります。都知事と村上龍に囲まれるなんて……私だったら絶対に嫌(いや、呼ばれませんけど)。
がそっちはほどほどにしてもらってまたまた新作読みたいです。楽しみにしてます。
| 作家別 ら行・わ行 | 22:34 | comments(8) | trackbacks(2) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 22:34 | - | - | pookmark |
こんばんは。
これ先日本屋で見かけました。
「蹴りたい背中」がまるで面白くなかったので
あらすじだけ見てって感じでしたが。
正直、綿矢さんの何が良いのかわからないのですが
映画の「インストール」を見て
ちょっと原作が読みたくなってたりします(;´д`)
にしても、彼女が濡れ場ですか。
なんかいまいちイメージしずらいですね。
黒いなら読めそうな感じがしますね。
| シン@偽哲学者 | 2007/02/10 11:13 PM |
シンさん、こんばんは。

私は映画の「インストール」見てないですが、『蹴りたい背中』はあかんかったけど『インストール』は好き、といってた同僚がいましたので、文庫にもなってる『インストール』いいかもしれないです。

新作のほうは多分女子の方が好きかもと思う内容の気が…
| ちきちき | 2007/02/11 6:01 PM |
こんばんは。
同じような同僚さんがいましたか!
これは文庫版でもいっちょ買って…
って、今まったく財布に余裕が(--;

新作は女性向けですかぁ…
じゃや苦手っぽいかもです。
| シン@偽哲学者 | 2007/02/11 6:27 PM |
シンさん、こんばんは。
文庫版、最近の本のなかでは破格の安さですよ!400円切ってますから。
それだけに買うのもったいない気もしますけど。

| ちきちき | 2007/02/11 7:24 PM |
りさたん読んだことないですね。朝日新聞に新作にかける意気込み☆みたいな記事があったんですがよく覚えてません。都知事と村上氏との対談ではりさたんの腹黒さ?を見せていただきたいものですな。ところでリンクを貼らせていただきたいのでよかったらお願いしますm(_ _)m
| 菱沼 | 2007/02/11 11:24 PM |
菱沼さん、こんばんは。
最近注目してるとやっぱりりさたんの露出が多くて、ちょっとドキドキしてます。今頃はサイン会行脚中かと…。

リンク大歓迎でございます。
これからもどうぞよろしくお願いしますです。
| ちきちき | 2007/02/12 9:18 PM |
こんばんは!
綿矢りささん、確かにさりげなく黒いかも(笑)
お姿からは想像できないですよ〜あんなに可愛いのに。
初めての三人称、濡れ場のシーンとか、
いろんなことに挑戦してた作品だったんですね〜
これからどんな作品を発表してくれるのか、楽しみです。
| エビノート | 2007/03/18 8:38 PM |
エビノートさん、こんばんは。
あの可愛い顔でよくこんなえぐいことを考えるなあ、と感心してるのです。
なにはともあれ、今後がすごく楽しみですね。
| ちきちき | 2007/03/18 9:21 PM |









http://tsukiniusagi.jugem.jp/trackback/387
夢を与える 〔綿矢 りさ〕
夢を与える綿矢 りさ 河出書房新社 2007-02-08売り上げランキング : 915おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ チャイルドモデルから芸能界へ。 幼い頃からテレビの中で生きてきた美しくすこやかな少女・夕子。 ある出来事をきっかけに、彼女はブ
| まったり読書日記 | 2007/03/18 8:23 PM |
「夢を与える」綿矢りさ
タイトル:夢を与える 著者  :綿矢りさ 出版社 :河出書房新社 読書期間:2007/05/08 - 2007/05/09 お勧め度:★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] チャイルドモデルから芸能界へ。幼い頃からテレビの中で生きてきた美しくすこやかな少女・夕子。ある出
| AOCHAN-Blog | 2007/06/25 10:02 PM |

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
昨夜のカレー、明日のパン
昨夜のカレー、明日のパン (JUGEMレビュー »)
木皿 泉
2013年のお気に入り。
RECOMMEND
あと少し、もう少し
あと少し、もう少し (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
2012年のお気に入り。
RECOMMEND
64(ロクヨン)
64(ロクヨン) (JUGEMレビュー »)
横山 秀夫
2012年の5つ星。
久々に読めて嬉しかった。
RECOMMEND
([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫)
([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫) (JUGEMレビュー »)
大沼 紀子
2011年のお気に入り。
随分違う装丁になりましたが文庫になってます。
RECOMMEND
小暮写眞館(上) (講談社文庫)
小暮写眞館(上) (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
宮部 みゆき
2010年の5つ星
文庫になっております。
RECOMMEND
RECOMMEND
天地明察(上) (角川文庫)
天地明察(上) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
2009年の一冊。
文庫になりました。
RECOMMEND
天地明察(下) (角川文庫)
天地明察(下) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
文庫になりました。
装丁カッコイイ。
RECOMMEND
戸村飯店 青春100連発 (文春文庫)
戸村飯店 青春100連発 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
2008年の一冊。
文庫になりました。お試しあれ!
RECOMMEND
ゴールデンスランバー (新潮文庫)
ゴールデンスランバー (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
2007年の一冊。
文庫になりました。オススメ!
RECOMMEND
キサトア (文春文庫)
キサトア (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
2006年の一冊。入手困難でしたが、文庫になりました。
…前の装丁のが好きだ…
RECOMMEND
てのひらの父
てのひらの父 (JUGEMレビュー »)
大沼紀子
2011年の一冊。
RECOMMEND
天地明察
天地明察 (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
2009年5つ星。

じわじわ興奮の一冊。
RECOMMEND
キサトア
キサトア (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
ものすごく大好きな本。
2006年の私の一冊。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
本の検索
本のブログ
にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ 【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集
カウンター
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS