ぼちぼち

本の感想と日々のできごと

ご訪問ありがとうございます。
TB・コメント大歓迎です♪(記事と関係ないものは削除させていただきます)
<< 本の話じゃないんですが | main | ニッポン・サバイバル―不確かな時代を生き抜く10のヒント >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
赤朽葉家の伝説
評価:
桜庭 一樹
東京創元社
¥ 1,785
(2006-12-28)
「山の民」に置き去られた赤ん坊。この子は村の若夫婦に引き取られ、のちには製鉄業で財を成した旧家赤朽葉家に望まれて輿入れし、赤朽葉家の「千里眼奥様」と呼ばれることになる。これが、わたしの祖母である赤朽葉万葉だ。――千里眼の祖母、漫画家の母、そしてニートのわたし。高度経済成長、バブル崩壊を経て平成の世に至る現代史を背景に、鳥取の旧家に生きる3代の女たち、そして彼女たちを取り巻く不思議な一族の血脈を比類ない筆致で鮮やかに描き上げた渾身の雄編。2006年を締め括る著者の新たなる代表作、桜庭一樹はここまで凄かった!
東京創元社HPより

久しぶりの読書記事です♪
まっかっか。
2段組300ページ越え。今の私にはちと荷が重いか…と思ったんですが、危惧してたほどの長さは感じませんでした。

最初はやたら句読点が多い文章やなあ…と思ってました(作品世界に入るまでは読点が多いと、やたら息継ぎさせられる感じでイライラするのです)が、結構ずっとその調子なので慣れればなんとか大丈夫でした。

目次を見て女三代記なのねと読み始めたけど、第一部を終わった感想はなんじゃこりゃ?いまいち作者の意図がつかめないまま第二部へ。
昭和から現在までの時代史か?これ?と思いはじめて、だんだんあんまりそういうころを考えなくなったところで読了。

面白かった、のかな?むむ。
登場人物たちと、彼女たちが生きた時代・土地の雰囲気はすごくよく伝わってきました。所々懐かしかったり、笑えるところもあったり。

個人的には二部の毛鞠と百代の関係がなんとも恐ろしく好みでした。
可視できないってのはすごい。っうか、むごい。
あの性格なのに…

最後はあっさりしててちょっぴり肩透かしでした。
最初目次を読んで全然違う結末を予想してたので(三代目が殺人者になると思ってた)。
まあ「今」な感じではあったけど。

実は、読んでるときはあんまり興奮しなかったんですが、あとから考えるといろいろ好きなところがでてきたかもです。
|  ◆桜庭一樹 | 19:51 | comments(7) | trackbacks(3) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 19:51 | - | - | pookmark |
ちきちきさん こんばんは〜♪
感想、微妙な感じですね〜(笑)
私は先が気になり、ぐいぐい読んでしまい
読後はめっちゃ疲れました(笑)
肩こりまくりです。
確かに第三部はあっさりしてましたね。
| naru | 2007/03/15 9:07 PM |
こんばんは。
もう復活して大丈夫なのですかね?
にしてもなんか好きな設定っぽいです^^
赤も好きですし♪
| シン@偽哲学者 | 2007/03/15 10:40 PM |
こんばんは!
毛鞠と百代の関係は怖かったですね〜
無言の攻防にはゾゾゾッとしてしまいました。
ほんとに見えてなかったのかなぁ〜なんて
ちょっと疑問に思ったんですけど、
見えてたらさらに怖いかも…
| エビノート | 2007/03/15 11:18 PM |
ちきちきさん こんばんは。
私も目次で、三代目が殺人者に…と思ってました。
なので、肩透かしな感じを受けました。
でも、これまでの三代に渡る物語を
ミステリで締めくくっていたので
それもいいかな、と。
後からいろいろ好きなとこ。いいことです(笑)。
| 藍色 | 2007/03/16 1:47 AM |
◆naruさん、こんばんは。

あれ?ばれた!って、ばれるか。
いや、まあちょっと微妙だったんですよ。
特に読了直後は。
でも感想とか書いてたら、結構面白いとこもあったなあ、と思えて。

◆シンさん、こんばんは。

復活!とはちょっと言い難いんですが、まあぼちぼちです。
あとちょいなんですが、そんなんゆってる間に帰省休みになってしまうなあ、とか思って。
私も赤、好きです。
長い話ですが、機会があればぜひ。

◆エビノートさん、こんばんは。
いや、やっぱり見えてたと思うんですよ…私は。
精神的死角ゆーやつじゃないかと。
…こわ。
見えてても見えてなくてもすごいですよね…

◆藍色さん、こんばんは。
やっぱり目次見たらそう思ってしまいますよねえ。
〈何者でもない普通〉の私が殺人者になるのか…一体誰が殺されるんだろうって思ってましたよ、私。
とまあちょっと肩透かしだったんですが、思い返すと結構好きなところとかあって…良かったです♪


| ちきちき | 2007/03/16 10:33 PM |
赤朽葉の千里眼奥様の話が一番好きでした!
千里眼とかに弱いんですよね(笑)
そして恐ろしく泪が好きだったとゆう・・・(爆)
色んな要素を盛り込んでいてお腹一杯でしたが
3部は肩透かしでしたね。
締めくくりは好きでしたが、んー・・・ってなりました。
2段のこの分厚さは結構しんどかったです(爆)
| 弥勒 | 2007/03/19 1:03 AM |
弥勒さん、こんばんは。

>そして恐ろしく泪が好きだったとゆう・・・(爆)
かなり同感です。そしてなぜかちょっと言い出しにくかったので、同士がいてホッとしております…
| ちきちき | 2007/03/19 10:33 PM |









http://tsukiniusagi.jugem.jp/trackback/418
桜庭一樹「赤朽葉家の伝説」
「ようこそ ビューティフルワールドへ。」
| 待ち合わせは本屋さんで | 2007/03/15 8:59 PM |
赤朽葉家の伝説 〔桜庭 一樹〕
赤朽葉家の伝説桜庭 一樹 東京創元社 2006-12-28売り上げランキング : 9247おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 「山の民」に置き去られた赤ん坊。 この子は村の若夫婦に引き取られ、のちには製鉄業で財を成した旧家赤朽葉家に望まれて輿入れし、
| まったり読書日記 | 2007/03/15 11:13 PM |
赤朽葉家の伝説 桜庭一樹
Book Designは岩郷重力+WONDER WARKZ。書き下ろし。 物語の舞台は鳥取県紅緑村。千里眼の祖母、漫画家の母、そして何者でもない私。高度経済成長、バブル景気を経て平成の世に至る現代史を背景に、旧家に生きる三代の女たち、
| 粋な提案 | 2007/03/16 1:47 AM |

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
昨夜のカレー、明日のパン
昨夜のカレー、明日のパン (JUGEMレビュー »)
木皿 泉
2013年のお気に入り。
RECOMMEND
あと少し、もう少し
あと少し、もう少し (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
2012年のお気に入り。
RECOMMEND
64(ロクヨン)
64(ロクヨン) (JUGEMレビュー »)
横山 秀夫
2012年の5つ星。
久々に読めて嬉しかった。
RECOMMEND
([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫)
([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫) (JUGEMレビュー »)
大沼 紀子
2011年のお気に入り。
随分違う装丁になりましたが文庫になってます。
RECOMMEND
小暮写眞館(上) (講談社文庫)
小暮写眞館(上) (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
宮部 みゆき
2010年の5つ星
文庫になっております。
RECOMMEND
RECOMMEND
天地明察(上) (角川文庫)
天地明察(上) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
2009年の一冊。
文庫になりました。
RECOMMEND
天地明察(下) (角川文庫)
天地明察(下) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
文庫になりました。
装丁カッコイイ。
RECOMMEND
戸村飯店 青春100連発 (文春文庫)
戸村飯店 青春100連発 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
2008年の一冊。
文庫になりました。お試しあれ!
RECOMMEND
ゴールデンスランバー (新潮文庫)
ゴールデンスランバー (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
2007年の一冊。
文庫になりました。オススメ!
RECOMMEND
キサトア (文春文庫)
キサトア (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
2006年の一冊。入手困難でしたが、文庫になりました。
…前の装丁のが好きだ…
RECOMMEND
てのひらの父
てのひらの父 (JUGEMレビュー »)
大沼紀子
2011年の一冊。
RECOMMEND
天地明察
天地明察 (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
2009年5つ星。

じわじわ興奮の一冊。
RECOMMEND
キサトア
キサトア (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
ものすごく大好きな本。
2006年の私の一冊。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
本の検索
本のブログ
にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ 【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集
カウンター
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS