ぼちぼち

本の感想と日々のできごと

ご訪問ありがとうございます。
TB・コメント大歓迎です♪(記事と関係ないものは削除させていただきます)
<< 4月の新刊メモ 単行本編 | main | 密室殺人ゲーム王手飛車取り >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
サマーバケーションEP
評価:
古川 日出男
文藝春秋
¥ 1,800
(2007-03)
生まれつき他人の顔を憶えられない青年が、神田川の源流から河口までを歩く──偶然出会った人々と連れだちながら。うつくしい夏の物語
文藝春秋HPより

すごい。やっぱり古川日出男ラブです。ラブ。

夏の冒険の物語。

いつもと調子の違う文体で最初少し戸惑ってしまったのだけど、どっこいやっぱり相変わらずの古川ワールドで、ドキドキしっぱなしでした。

なんかいろいろ深いです。
登場人物とかそれぞれみんな魅力的。
主人公が、生まれつき人の顔が覚えられない、顔の区別がつかないという青年。
彼は、服装だとか匂いだとか声だとかで人を判別するんですけど、そこに描かれるのは人の本質であるような気がしました。

それにしても井の頭公園から川をたどって海へ行くという物語を読んでいて、一番思ったことは、「私もやりたい!!」ってことでした。
なんか素敵なんですもん。
道連れがそうそうできるとは思いませんが、彼らの冒険の跡をたどるのは楽しそう♪

装丁もさわやかで、今は春真っ盛りだけど、夏になったらまた読んでみたいです。
|  ◆古川日出男 | 23:17 | comments(9) | trackbacks(2) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 23:17 | - | - | pookmark |
こんばんは。
ちきちきさんがこれだけ褒めてる作品ってのは珍しいですね。
とりあえず表紙とタイトルは憶えました。
機会があれば立ち読みでもしてみたいと思います(^-^)
| シン@偽哲学者 | 2007/04/03 3:16 AM |
シンさん、こんばんは。

>これだけ褒めてる作品ってのは珍しい
褒めてないですかね?自分では結構褒めてるつもりなんですけど…あれ?

でも今古川日出男に対しては盲目的ラブ光線を送ってるので、よっぽどのことがない限り褒めてしまうのです。
冷静ではないです。ので、好みじゃなかったらすみません。
| ちきちき | 2007/04/03 8:51 PM |
アスペルガーの人は他人の顔の区別がつかないと言われてますが…この主人公の彼もそうなんですか(?_?)古川さん1冊しか読んでないのですが面白そうですね。
| 菱沼 | 2007/04/03 10:23 PM |
こんにちは。
もちろん好みは人それぞれでございますので^^
私も常に独断ランクですし(;´д`)
| シン@偽哲学者 | 2007/04/04 11:10 AM |
◆菱沼さん、こんばんは。
>アスペルガーの人は他人の顔の区別がつかない
へえ…そうなんですね。
私は人の顔がなかなか覚えられない人ですが、区別がつかないというのは想像がつきにくい…
素敵な話ですので、ぜひぜひ。

◆シンさん、こんばんは。
そーですよね。
好きに読めばいいと思いつつも、できれば褒め感想を書きたいと思ってるんですが、なかなか…
| ちきちき | 2007/04/04 9:25 PM |
こんばんは!
主人公の彼をはじめとして、一緒に歩く仲間もそれぞれに魅力的でしたよね♪
主人公が捉えているのは「人の本質」って、確かにそうかも!
彼の「透明な目」で見る人や景色ってどんな風に見えるのでしょうね?
きっと、何もかも新鮮で輝いてるんだろうなぁ〜と思えました。

この作品は、古川さんの作品をあまり読んでいない私にもドンピシャでしたよ〜♪
初めて読む古川作品としては、おススメなんじゃないかな〜と勝手ながら思っちゃいました。
どうでしょう?
| エビノート | 2007/04/11 10:29 PM |
エビノートさん、こんばんは。

さわやかで気持ちいいお話でしたね。

>初めて読む古川作品としては、おススメ
それは言えてるかも。
これで布教するかな?
| ちきちき | 2007/04/12 10:39 PM |
「私もやりたい!!)」って気持ち、よくわかります。
こんなふうにバケーションを過ごすのも悪くないでしょうね。
TBは、不調のようです。また挑戦してみます。
| | 2007/05/27 2:55 PM |
花さん、こんばんは。
今とか季節的にも歩いてたら気持ちよさそですよね!!
でも真夏の炎天下の中を歩くのがいいのかなあとも思ったり。
アイスがおいしそ〜。
| ちきちき | 2007/05/27 7:22 PM |









http://tsukiniusagi.jugem.jp/trackback/427
サマーバケーションEP 〔古川 日出男〕
サマーバケーションEP古川 日出男 文藝春秋 2007-03売り上げランキング : 9759Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 井の頭公園に湧く水をたどりながら、僕たちは海まで歩く―それは、永遠の夏休みのはじまりだった。 ひととひととがつながりあうミラクル。 おだ
| まったり読書日記 | 2007/04/11 10:31 PM |
本「サマーバケーションEP」
サマーバケーションEP 古川 日出男  文藝春秋 2007年3月 僕は冒険するために井の頭公園に来た。そこで、ウナさん、カネコさん、イギリス人のカップルと出会う。神田川は隅田川に注いでいる。その先にある海を見たいと一緒に出発する。 井の頭公園
| <花>の本と映画の感想 | 2007/05/28 7:37 PM |

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
昨夜のカレー、明日のパン
昨夜のカレー、明日のパン (JUGEMレビュー »)
木皿 泉
2013年のお気に入り。
RECOMMEND
あと少し、もう少し
あと少し、もう少し (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
2012年のお気に入り。
RECOMMEND
64(ロクヨン)
64(ロクヨン) (JUGEMレビュー »)
横山 秀夫
2012年の5つ星。
久々に読めて嬉しかった。
RECOMMEND
([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫)
([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫) (JUGEMレビュー »)
大沼 紀子
2011年のお気に入り。
随分違う装丁になりましたが文庫になってます。
RECOMMEND
小暮写眞館(上) (講談社文庫)
小暮写眞館(上) (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
宮部 みゆき
2010年の5つ星
文庫になっております。
RECOMMEND
RECOMMEND
天地明察(上) (角川文庫)
天地明察(上) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
2009年の一冊。
文庫になりました。
RECOMMEND
天地明察(下) (角川文庫)
天地明察(下) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
文庫になりました。
装丁カッコイイ。
RECOMMEND
戸村飯店 青春100連発 (文春文庫)
戸村飯店 青春100連発 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
2008年の一冊。
文庫になりました。お試しあれ!
RECOMMEND
ゴールデンスランバー (新潮文庫)
ゴールデンスランバー (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
2007年の一冊。
文庫になりました。オススメ!
RECOMMEND
キサトア (文春文庫)
キサトア (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
2006年の一冊。入手困難でしたが、文庫になりました。
…前の装丁のが好きだ…
RECOMMEND
てのひらの父
てのひらの父 (JUGEMレビュー »)
大沼紀子
2011年の一冊。
RECOMMEND
天地明察
天地明察 (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
2009年5つ星。

じわじわ興奮の一冊。
RECOMMEND
キサトア
キサトア (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
ものすごく大好きな本。
2006年の私の一冊。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
本の検索
本のブログ
にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ 【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集
カウンター
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS