ぼちぼち

本の感想と日々のできごと

ご訪問ありがとうございます。
TB・コメント大歓迎です♪(記事と関係ないものは削除させていただきます)
<< クラッシュ・ブレイズ 大峡谷のパピヨン | main | 5月の気になる新刊メモ 文庫編 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
螺鈿迷宮
評価:
海堂 尊
角川書店
¥ 1,680
(2006-11-30)
終末期医療の先端施設としてメディアの注目を集める桜宮病院。東城大学の医学生、天馬は看護ボランティアとして桜宮病院に通い始めるが、ある時から疑問を感じる。「この病院、あまりにも人が死にすぎる」と……。
角川書店HPより

『バチスタ』の〈白鳥〉のシリーズの一応番外編になるのかな?
東城大学病院の〈田口〉センセは出てきませんでしたが(ちらっとはねいたけど)、〈天馬〉君なかなか良かったです。
しかし今回特筆すべきは前2作でずっと引っ張ってきた〈氷姫〉の登場でしょうか。
ちょっと期待持たせすぎて肩透かし感はありましたけど、まああんなもんかも。それともこれからまだなんかあるのかもしれんし。

キャラクターをつくるのは本当うまいので、それで結構楽しく読めてしまいます。
一作目のインパクトはないけどそれは仕方ない気もします。
『ナイチンゲール』よりは好き。

桜宮病院の方針、意外とへえと思うことが多かったです。
現場で著者が感じてることとかも書かれてるんでしょうね。
普通に生活してる分には全然わからんことなので興味深かった。
終末期医療とか病院の問題って本当なんというかちゃんと考えて、安心できるようになりたいです。

ところでラストなんですけどあれは本当に彼女だったのかな、とか私は思うんですけど。


(・e・)
予告してました文庫メモは今日も無理です。ゴメンナサイ。
|  ◆海堂尊 | 23:01 | comments(9) | trackbacks(4) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 23:01 | - | - | pookmark |
ちきちきさん こんばんは〜♪
ぶっ飛んでるけど、結構好きかな..この作品。
医療行政の弊害や問題点を伝えたかったのかな
と思いました。ところで先日『ジェネラル・
ルージュの凱旋』が発売になりましたよ〜。
舞台は桜宮市。『ナイチンゲールの沈黙』と
まったく同じ時期に起きていた、別の事件を
描いた作品らしいです。楽しみですね。
その作品のレッドの表紙は、ちきちきさんが
気にいるのでは〜と思います。
私はもちろん図書館で予約しました(笑)

| naru | 2007/04/11 7:48 PM |
naruさん、こんばんは。
良かったですよね!

>医療行政の弊害や問題点を伝えたかったのかな
私もそう思いました。鵜呑みにするつもりはないですけど、結構成功してるのではと思います。

新刊、私も今図書館で予約しました(^_^;)
結構届くのに時間かかりそうですけど。

赤い表紙!ということなのでアマゾンで見てみたら、ほんまに赤かった。著者の作品は原色ばっかですね。並べたら目がチカチカしそうです。
…しかしなんで私が赤好きってばれたんだろ…へへへ。
好きですよ、この装丁。
| ちきちき | 2007/04/11 8:16 PM |
ちきちきさん、こんばんは!
終末期医療の課題や、現状など医療現場の問題点は、やはり現場を知っている著者だからこそ書けるテーマなんでしょうね。
日頃あまり気にしないことなので、興味深かったです。
難しいところもあったんですけど、問題意識は伝わってきました。
最後のあの人はあの人だったのか?(指示語ばっかりで何のことやらって感じですね 苦笑)
これは気になりますよね〜
天馬が登場するシリーズとして続いていくのかなぁ?
続いて欲しいですね!
| エビノート | 2007/04/11 10:46 PM |
ちきちきさん、こんばんは。
濃いキャラクターと終末期医療の問題、楽しんだり考え込んだりしました。
そして最後のあの台詞にはビックリ。引っ張り方が上手ですよね。

赤い表紙がお好きだったのですね。
あの二段組の「赤朽葉家」、かなり喜ばれたのでは?。
| 藍色 | 2007/04/12 12:54 AM |
◆エビノートさん、こんばんは。

そうなんですよ。
あの人はあの人だったのか、気になるんです。あの人のほうがあれな感じがするんですが(あれあれ。(^_^;)

天馬君は結構お気に入りなのでぜひともまた登場してほしいです。

◆藍色さん、こんばんは。

結構引きありましたよね。やっぱり続くのかな?どうなのかな?
楽しみながら、いろいろ考えることもあり得した感じでした。

『赤朽葉家』は確かにかっこいい装丁だった…かっこいいのも可愛いのも好きです。
| ちきちき | 2007/04/12 10:43 PM |
こんにちは。
″氷姫″にはクールなイメージがあったので、周囲を災厄に巻き込まんばかりのドジぶりには驚きました。
人生最後の過ごし方や生命を司るといった考え方には、疑問を感じながらもいろいろと考えさせられました。
| らぶほん | 2007/10/03 12:31 PM |
らぶほんさん、こんばんは。

氷姫、イメージ違いましたよね。
これからはちょっと読み方変わりそう?

シリーズは『ジェネラルルージュ〜』がまだ読めてなくて気になってるんですが、まだもうちょっと余裕が…
次が出るまでには読みたいです。
| ちきちき | 2007/10/03 10:27 PM |
 ラストに登場する女性は、絶対にす○れでなく、小×合ですよね(海堂さんの勘違いでない限り)! だからきっといつか続編があるのだろうと思ってます。

 手元に数日前に借りてきた『ジェネラルルージュ〜』があり、昨日『ブラックペアン〜』の予約確保の連絡が来て、嬉しい悲鳴。ああ忙しい読書の秋(もう冬?)
| higeru | 2007/11/27 6:35 PM |
higeruさん、こんばんは。

やっぱりそうですよね!じゃないとつまらないですよね!海堂さん、忘れたふりとかしないで、続編書いて欲しいですね。

あら。連続読書になりそうですね。
でも同じ作家さんだと波に乗ると読むの早くなりません?
忙しい読書の秋、いいですね!!
冬も寒がりなので引き続きひきこもり読書です♪
| ちきちき | 2007/11/27 9:23 PM |









http://tsukiniusagi.jugem.jp/trackback/443
螺鈿迷宮 〔海堂尊〕
螺鈿迷宮 ≪内容≫ 医療界を震撼させたバチスタ・スキャンダルから1年半。 東城大学の医学生・天馬は、留年を繰り返し医学の道をリタイア寸前だった。 ある日、幼なじみの記者・葉子から「碧翠院桜宮病院に潜入できないか」と依頼を受ける。 桜宮病院は、老人介
| まったり読書日記 | 2007/04/11 10:38 PM |
螺鈿迷宮 海堂尊
装丁は高柳雅人(角川書店装丁室)。 2006年1月、『チーム・バチスタの栄光』で第4回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞しデビュー。同年10月に受賞第一作『ナイチンゲールの沈黙』を刊行。現在、勤務医。 主人公で語り手の天
| 粋な提案 | 2007/04/12 12:55 AM |
海堂尊「螺鈿迷宮」
この病院、絶対に変だ。あまりにも人が死に過ぎる。
| 待ち合わせは本屋さんで | 2007/04/14 7:22 PM |
『螺鈿迷宮』(海堂尊) <感想&書評>
螺鈿迷宮 上 (角川文庫)海堂 尊発売日:2008-11-22売り上げランキング:132おすすめ平均 Amazonで詳しく見る 本の内容 医療界を震撼させたバチスタ...
| Book A GoGo!!! 〜本の読書感想ブログ〜 | 2009/02/07 2:29 PM |

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
昨夜のカレー、明日のパン
昨夜のカレー、明日のパン (JUGEMレビュー »)
木皿 泉
2013年のお気に入り。
RECOMMEND
あと少し、もう少し
あと少し、もう少し (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
2012年のお気に入り。
RECOMMEND
64(ロクヨン)
64(ロクヨン) (JUGEMレビュー »)
横山 秀夫
2012年の5つ星。
久々に読めて嬉しかった。
RECOMMEND
([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫)
([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫) (JUGEMレビュー »)
大沼 紀子
2011年のお気に入り。
随分違う装丁になりましたが文庫になってます。
RECOMMEND
小暮写眞館(上) (講談社文庫)
小暮写眞館(上) (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
宮部 みゆき
2010年の5つ星
文庫になっております。
RECOMMEND
RECOMMEND
天地明察(上) (角川文庫)
天地明察(上) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
2009年の一冊。
文庫になりました。
RECOMMEND
天地明察(下) (角川文庫)
天地明察(下) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
文庫になりました。
装丁カッコイイ。
RECOMMEND
戸村飯店 青春100連発 (文春文庫)
戸村飯店 青春100連発 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
2008年の一冊。
文庫になりました。お試しあれ!
RECOMMEND
ゴールデンスランバー (新潮文庫)
ゴールデンスランバー (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
2007年の一冊。
文庫になりました。オススメ!
RECOMMEND
キサトア (文春文庫)
キサトア (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
2006年の一冊。入手困難でしたが、文庫になりました。
…前の装丁のが好きだ…
RECOMMEND
てのひらの父
てのひらの父 (JUGEMレビュー »)
大沼紀子
2011年の一冊。
RECOMMEND
天地明察
天地明察 (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
2009年5つ星。

じわじわ興奮の一冊。
RECOMMEND
キサトア
キサトア (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
ものすごく大好きな本。
2006年の私の一冊。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
本の検索
本のブログ
にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ 【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集
カウンター
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS