ぼちぼち

本の感想と日々のできごと

ご訪問ありがとうございます。
TB・コメント大歓迎です♪(記事と関係ないものは削除させていただきます)
<< 千年樹 | main | リンク追加 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
新釈 走れメロス 他四篇
評価:
森見 登美彦
祥伝社
¥ 1,470
(2007-03-13)
あの名作が、京の都に甦る!? 暴走する恋と友情――若き文士・森見登美彦の近代文学リミックス集!
祥伝社HPより

面白かったです。
どんな感じなのかと思ってたら、想像してたよりまんまの森見節。
原作が有名どころばっかなのでどう料理されるのかと思ってましたが、こういうのもありかと。
笑わせていただきました。

特に表題作があほらしくて好き。
ええ友情ですね〜。
しかしなんで桃色ぱんつなんやろ…あ、ブリーフか。
ぱんつ好きですよね。もりみ〜。
一番筆が滑ってる感じで良かった(笑)
「山月記」の先輩も好きですが。

『夜は短し歩けよ乙女』(角川書店)を読んでるとちょっと嬉しいネタがいっぱいちりばめてあってそちらも楽しかった。

大学生活楽しそうでいいなあ。
|  ◆森見登美彦 | 22:56 | comments(6) | trackbacks(3) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 22:56 | - | - | pookmark |
ちきちきさん、こんばんは。
バリエーション豊富な、
森見さんらしい味わいの短編集でしたね。
表題作、言葉のひねくれかたにも笑いました。
京都の町を熟知していらっしゃるちきちきさんでしたら、
場所の様子もしっかり思い浮かんだのでは?。
うらやましいです〜。
| 藍色 | 2007/05/22 1:15 AM |
藍色さん、こんばんは。
楽しい短編集でしたね。
表題作はあんまり方向感覚に自身のない私の数少ないわかる!と言えるところを移動してくれたので、おお!って感じでした。
またまた得した♪
| ちきちき | 2007/05/22 10:21 PM |
こんばんは!
面白かったですよね〜特に表題作。
こう変えるのか!という驚きもあったし、
何より京都を駆けめぐるスピード感が良かったです。
登場人物がリンクしているのも、なかなか面白かったです。
| エビノート | 2007/05/22 10:41 PM |
エビノートさん、こんばんは。
あんまり難しく考えずに楽しく読める一冊だったと思います。
出てくる男の人たちが妙に真面目なのが笑えた…
今回女性陣はちと怖かったですが…
| ちきちき | 2007/05/23 8:28 PM |
これとても、おもしろかったです
私もどこかもの悲しい万年学生、斎藤秀太が主人公の「山月記」
派手な逃走劇の末に、奇想天外なラストを迎える表題作
この2編が特に好きです

みんなパンツが大好きなんです(笑)
この作者は、しんみりした話もしっかり書けるひとなんですね
そのうち「夜は短し・・・ その2」が出てくるかも知れません

ところで恩田陸さんの新作が出てもいいころですね
| ino3 | 2008/07/17 2:45 PM |
ino3さん、こんばんは。

いろいろ楽しめる本ですよね。
そうですか、みんなぱんつが好きなのか…(笑)

森見さん、「きつねのはなし」みたいのもありますしね。
いろいろ書けるんですよね。でもやっぱりちょっと変な話のが好きです♪
その2望むところですね〜。読みたいです。

そしてそういえば、最近恩田さんを見ないのでした。多作な人なのにね。
| ちきちき | 2008/07/18 10:01 PM |









http://tsukiniusagi.jugem.jp/trackback/482
新釈走れメロス他四篇 森見登美彦
装幀はchutte。装画は山本祐布子。「小説NON」2005年10月号から2007年3月号まで不定期掲載をまとめた短編集。 ・山月記・原作中島敦(既読) 孤高の大学生、斎藤秀太郎が大文字山で変化(へんげ)したのは…。抑えた
| 粋な提案 | 2007/05/22 1:15 AM |
【新釈】走れメロス 他四篇 〔森見登美彦〕
新釈 走れメロス 他四篇森見 登美彦 祥伝社 2007-03-13売り上げランキング : 1947おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ あの名作が、京の都に甦る!? 異様なテンションで突っ走る表題作をはじめ、先達への敬意が切なさと笑いをさそう、5つの傑作
| まったり読書日記 | 2007/05/22 10:31 PM |
「新釈 走れメロス 他四篇」森見登美彦
タイトル:新釈 走れメロス 他四篇 著者  :森見登美彦 出版社 :祥伝社 読書期間:2007/08/07 - 2007/08/09 お勧め度:★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 異様なテンションで京都の街を突っ走る表題作をはじめ、先達への敬意が切なさと笑いをさそう、
| AOCHAN-Blog | 2007/10/04 6:04 PM |

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
昨夜のカレー、明日のパン
昨夜のカレー、明日のパン (JUGEMレビュー »)
木皿 泉
2013年のお気に入り。
RECOMMEND
あと少し、もう少し
あと少し、もう少し (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
2012年のお気に入り。
RECOMMEND
64(ロクヨン)
64(ロクヨン) (JUGEMレビュー »)
横山 秀夫
2012年の5つ星。
久々に読めて嬉しかった。
RECOMMEND
([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫)
([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫) (JUGEMレビュー »)
大沼 紀子
2011年のお気に入り。
随分違う装丁になりましたが文庫になってます。
RECOMMEND
小暮写眞館(上) (講談社文庫)
小暮写眞館(上) (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
宮部 みゆき
2010年の5つ星
文庫になっております。
RECOMMEND
RECOMMEND
天地明察(上) (角川文庫)
天地明察(上) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
2009年の一冊。
文庫になりました。
RECOMMEND
天地明察(下) (角川文庫)
天地明察(下) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
文庫になりました。
装丁カッコイイ。
RECOMMEND
戸村飯店 青春100連発 (文春文庫)
戸村飯店 青春100連発 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
2008年の一冊。
文庫になりました。お試しあれ!
RECOMMEND
ゴールデンスランバー (新潮文庫)
ゴールデンスランバー (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
2007年の一冊。
文庫になりました。オススメ!
RECOMMEND
キサトア (文春文庫)
キサトア (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
2006年の一冊。入手困難でしたが、文庫になりました。
…前の装丁のが好きだ…
RECOMMEND
てのひらの父
てのひらの父 (JUGEMレビュー »)
大沼紀子
2011年の一冊。
RECOMMEND
天地明察
天地明察 (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
2009年5つ星。

じわじわ興奮の一冊。
RECOMMEND
キサトア
キサトア (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
ものすごく大好きな本。
2006年の私の一冊。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
本の検索
本のブログ
にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ 【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集
カウンター
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS