ぼちぼち

本の感想と日々のできごと

ご訪問ありがとうございます。
TB・コメント大歓迎です♪(記事と関係ないものは削除させていただきます)
<< 迷宮パノラマ館 | main | 浅草色つき不良少年団 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
家日和
おかしくて切ない、〈在宅〉小説誕生!
ネットオークションにはまる主婦。会社が倒産し主夫となった営業マン。ロハスに凝る妻に辟易する小説家…。ちょっとズレても家庭は続く。夫と妻の心の機微を軽妙に描きだす、6つの物語。
集英社HPより

さすがにさすがに。安心して楽しめる一冊でした。

家と家族(ってか夫婦かな?)の物語。短編集。
今風の話題もいろいろと詰め込んでありました。
全体的にほんわかした読み心地。

特に「家においでよ」「妻と玄米御飯」が好きでした。「夫とカーテン」もいい感じ。

私は今んところダンナと二人で住んでますが、「家においでよ」みたいなお部屋作りやってみたいです。ってか〈正春〉の部屋、行ってみたい!!
お金に余裕ができたときには好きなことはできないというのはわかるような気もして、ふむふむってなってしまいました。大人向けのなつかし高級玩具が流行るのは、やっぱりかと思ったり。

「妻と玄米御飯」はとにかく面白くて、ラストも優しくって好き。
ロハス、確かにからかいたくなる気持ちはわからんでも…。(そしてこれはひょっとして実話かと勘繰ってしまいました。にゃはは)
このロハスをテーマにした小説?読んでみたい〜。最高傑作という話だし(笑)

なんだかほっとする短編集でした。
面白かった。
評価:
奥田 英朗
集英社
¥ 1,470
(2007-04)

|  ◆奥田英朗 | 21:12 | comments(11) | trackbacks(8) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 21:12 | - | - | pookmark |
ちきちきさん、こんばんは。

「妻と玄米ご飯」ん?リアルな物語なの?って思わせる設定がよかったですね。結局、最後は奥さんのいいなりなところが笑えました。
| なな | 2007/07/14 11:06 PM |
ちきちきさん、こんばんは!
安心して読める作品でしたね〜。
満足、満足です。
私も「家においでよ」がお気に入りです。
こだわりの部屋作り、私だったら…とついつい想像してしまいます。
ロハスをテーマにした小説、実際に読んでみたいですね!!
| エビノート | 2007/07/14 11:13 PM |
ホッとする短編ですか。
最近ストレス溜まってるんで読んでみようかなぁ…
にしても主夫になりたいものです(^^;
| シン@偽哲学者 | 2007/07/15 9:08 AM |
ちきちきさん、こんにちは。
どの短編もサクサク読めて、楽しめました。
「家においでよ」の自分のための部屋作り、憧れです。
時間と先立つものがないので夢のままですが。
| 藍色 | 2007/07/15 2:41 PM |
◆ななさん、こんばんは。

「妻と玄米御飯」妻と子どもの両方に気をつかう旦那さんが微笑ましくて良かったです。
バランスのいい夫婦が多かったような気がします。

◆エビノートさん、こんばんは。

私は一人ぐらしをしたことがないので、そういうことを試す時が一回もなかったんですよね〜。
今も自分の部屋があるわけでもないし。(そしてお金もないし)。
いいな〜って思いました。
ロハス小説は実際あってもおかしくなくって、面白そうなのでぜひ読んでみたいのでした。

◆シンさん、こんばんは。

シンさん、よく主夫になりたいゆってますね〜。
ひとつ夫の会社が倒産して主夫になる話があるんですが、これもいい感じでしたよ。

◆藍色さん、こんばんは。

最近本読みがスランプ〜(^_^;)って感じだったので、さくさく読めて気持ちよかったです。
いつかはやりたい自分の部屋作り。
もうちょっと、無理かなあ…
| ちきちき | 2007/07/15 6:47 PM |
ちきちきさん
「家においでよ」は確かにこんなうちに住んでみてー
って思ったけど、たとえお金があっても私はセンス
あらへんから、オシャレにできひんやろな〜(笑)
奥田さんって何にでも精通してはると思えへん??
この作品、夫婦ものでええ感じやったね♪
| naru | 2007/07/16 8:37 PM |
naruさん、こんばんは。

奥田さんは、何かいても自然な感じになるのがすごいかも。
特に主婦目線はすごい。

私もセンスない〜(^_^;)
そして一人やったら散らかりぱなしの気が…
| ちきちき | 2007/07/16 9:24 PM |
こんにちは。
基本的に「女性上位」な話が多かった
ですよね。やっぱり女性が強いくらいの方が
「家」はうまくいくのかなぁと思ったり。
| BEE | 2007/07/17 1:12 PM |
BEEさん、こんばんは。

思わずうんうん、ってうなずいてしまいましたよ。
女性強かったですよね。
そして尻にひかれて、嬉しそうな男性陣…
でした。
| ちきちき | 2007/07/18 8:43 PM |
安心して読めますよね。
何を書いてもサマになる作家さんですね!
私は家においでよ、の夫の話やリストラ夫の話が好みでした。
でもはずれナシでしたね。
家においでよ、は男目線で書いてあるけど、女目線で見ると「男の城ってかっこいいけど、既婚者にされると妻としてはつらいなぁ」と思いました。また、そういうとこに目が行くストーリー運びがさすがだなぁとおもいました。
| sonatine | 2007/08/30 9:45 AM |
sonatineさん、こんばんは。

はずれなしでとっても気軽に楽しく読めた本でした。

>既婚者にされると妻としてはつらいなぁ
コッソリやられると確かにつらいですね。一緒に楽しめると素敵と思うんですが、それだと隠れ家じゃないか。
時々ご招待していただくとかでもIいいです。
| ちきちき | 2007/08/30 10:25 PM |









http://tsukiniusagi.jugem.jp/trackback/528
「家日和」奥田英朗
家日和 奥田 英朗 6つの短編。30代後半から40代前半の夫だったり妻だったり。どこにでもありそうな家庭の話をほんわか、ちょっぴり辛口に書いてる。 面白かったです。それぞれのラストもきっちりと終わらせる訳じゃなく、この先さてさてどうなるんだろう
| ナナメモ | 2007/07/14 11:06 PM |
家日和 〔奥田 英朗〕
家日和奥田 英朗 集英社 2007-04売り上げランキング : 277おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ ネットオークションにはまる専業主婦。 会社が倒産し、主夫となる営業マン。 夫と妻。 ちょっとずれていて、でも愛情がないわけでなく…。 ずっと外
| まったり読書日記 | 2007/07/14 11:10 PM |
家日和 奥田英朗
装丁は大久保伸子。写真は本城直季。 「小説すばる」2004年9月号から2006年12月号までの不定期掲載に加筆修正した短編集。 1997年「ウランバーナの森」で作家デビュー。02年「邪魔」で大薮春彦賞、04年「空中
| 粋な提案 | 2007/07/15 2:41 PM |
奥田英朗『家日和』
ビター&スウィートな「在宅」小説。 6編の短編集。
| 待ち合わせは本屋さんで | 2007/07/16 8:11 PM |
家日和
 家日和  奥田 英朗著/集英社  この人はなんだってこう女性(しかも主婦)の気持ちを  描くのが上手いんだろう。  家日和posted with 簡単リンクくん at 2007. 4. 7奥田 英朗著集英社 (2007.4)通常24時間以内に発送
| はちみつ書房 | 2007/07/17 1:12 PM |
家日和
家日和奥田 英朗 (2007/04)集英社 この商品の詳細を見る <ストーリー> ネットオークションにはまる専業主婦。会社が倒産し、主夫となる営業マン。夫と妻。ちょっとずれていて、でも愛情がないわけでなく…。ずっと外に
| 寝ていられるのになぜ起きる? | 2007/08/30 9:41 AM |
「家日和」奥田英朗
タイトル:家日和 著者  :奥田英朗 出版社 :集英社 読書期間:2007/08/06 - 2007/08/07 お勧め度:★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] ネットオークションにはまる専業主婦。会社が倒産し、主夫となる営業マン。夫と妻。ちょっとずれていて、でも愛情
| AOCHAN-Blog | 2007/09/28 10:05 PM |
奥田英朗『家日和』
家日和奥田 英朗集英社このアイテムの詳細を見る 今回は、奥田英朗『家日和』を紹介します。本書は家庭にフォーカスを当てた短編集です。何かあるあると思わず言ってしまうようなものばかりですね。全体的に女性に優しい感じがしますね。一番良かったものは妻と玄米御
| itchy1976の日記 | 2009/11/02 1:18 PM |

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
昨夜のカレー、明日のパン
昨夜のカレー、明日のパン (JUGEMレビュー »)
木皿 泉
2013年のお気に入り。
RECOMMEND
あと少し、もう少し
あと少し、もう少し (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
2012年のお気に入り。
RECOMMEND
64(ロクヨン)
64(ロクヨン) (JUGEMレビュー »)
横山 秀夫
2012年の5つ星。
久々に読めて嬉しかった。
RECOMMEND
([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫)
([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫) (JUGEMレビュー »)
大沼 紀子
2011年のお気に入り。
随分違う装丁になりましたが文庫になってます。
RECOMMEND
小暮写眞館(上) (講談社文庫)
小暮写眞館(上) (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
宮部 みゆき
2010年の5つ星
文庫になっております。
RECOMMEND
RECOMMEND
天地明察(上) (角川文庫)
天地明察(上) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
2009年の一冊。
文庫になりました。
RECOMMEND
天地明察(下) (角川文庫)
天地明察(下) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
文庫になりました。
装丁カッコイイ。
RECOMMEND
戸村飯店 青春100連発 (文春文庫)
戸村飯店 青春100連発 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
2008年の一冊。
文庫になりました。お試しあれ!
RECOMMEND
ゴールデンスランバー (新潮文庫)
ゴールデンスランバー (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
2007年の一冊。
文庫になりました。オススメ!
RECOMMEND
キサトア (文春文庫)
キサトア (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
2006年の一冊。入手困難でしたが、文庫になりました。
…前の装丁のが好きだ…
RECOMMEND
てのひらの父
てのひらの父 (JUGEMレビュー »)
大沼紀子
2011年の一冊。
RECOMMEND
天地明察
天地明察 (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
2009年5つ星。

じわじわ興奮の一冊。
RECOMMEND
キサトア
キサトア (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
ものすごく大好きな本。
2006年の私の一冊。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
本の検索
本のブログ
にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ 【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集
カウンター
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS