ぼちぼち

本の感想と日々のできごと

ご訪問ありがとうございます。
TB・コメント大歓迎です♪(記事と関係ないものは削除させていただきます)
<< カテゴリ編集… | main | 青年のための読書クラブ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ワーキング・ホリデー
息子と過ごすために、ホストから「ハチさん便」ドライバーへ。正義感の強い元ヤンキー父とおばちゃん臭い少年のハートフルな物語

夏のある日、ホストクラブで働く元ヤン・沖田大和のもとに、突然、息子と名乗る小学五年生の進がやってきた! 息子の教育上ホストはよろしくない、と大和は昼間の仕事である宅配便のドライバーへ転身するのだったが……。正義感溢れ、喧嘩っ早くて義理人情に篤い大和。家事にたけて口うるさい、おばちゃんのような中身の進。仕事や仲間を通して、二人は絆を深めてゆくが、進の夏休みも終わりに近づいて……。
文藝春秋HPより

なぜかまたアマゾンに画像がなかったので楽天からいただきました(…と思ったんだけど、楽天だとリンク先がトップページみたいなので、それっていまいち?の気がしてやっぱりアマゾンにしました。)
画像は貼り付けちゃえ。


とにかく進がめちゃくちゃかわい〜!!
そして大和もなにげに良いお父さんで、個性的な登場人物とのやりとりとかすごく楽しく読めました。
そしてラストはほろり…
電車の中で読んでたので、思わずコンタクトがずれたふりをしてしまった(なんてベタな(笑))

進のつくるごはんがすごくおいしそうで餌付けされていく大和が微笑ましい(とくに火を使わないごはんは今どき重宝しそうです。試してみよう)。
いろいろあったからこんなになったんだろうけど、良いお父さんで良かったねえって感じ。
モテ男塾もいいし!

てっきり実は本当はお父さんではないってオチかと思ってましたが…
いつか家族で暮らせるといいなあ。
まだまだ続けられそうな気配。続編、楽しみです。

そして本の間に挟まってたおまけ。おまけも楽しみ。
新刊出たらチェックしなきゃ。
|  ◆坂木司 | 22:36 | comments(7) | trackbacks(6) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 22:36 | - | - | pookmark |
こんばんは!
大和と進のやり取りが微笑ましかったですよね。
そして、私も不覚にもラストのところでは
涙ぐんでしまいました〜。
進くん、良い子や〜♪
続編あって欲しいですよね〜。
また、大和や進たちに会いたいです!
| エビノート | 2007/08/08 11:13 PM |
ちきちきさん、こんばんは。
大和と進の会話、近づいていく様子がよかったです。
登場人物がみんな個性的であたたかくて
やりとりが楽しかったですね。
あはは、餌付けされていく大和、に笑いました。
続編、楽しみです。
| 藍色 | 2007/08/09 2:02 AM |
モテ男塾…
実に気になりますねぇ〜
| シン@偽哲学者 | 2007/08/09 2:04 AM |
こんにちは〜。
結局本当のお父さんか否かっていうのは
きちんと明かされていないのですよね。
その辺も続編の材料になるかなぁなんて
勝手に想像しています。
新作も期待できそうですよね。
| BEE | 2007/08/09 11:58 AM |
◆エビノートさん、こんばんは。

ベタといえばベタなんだけど、ほろりと来てしまいましたね。
友達みたいだけど、良いお父さんって感じの大和。
母娘とかはなんとなく想像つくんだけど、男の子とお父さんってどんな関係かいまいちわからないので、こんなんだったらいいなあ、って思いました。

◆藍色さん、こんばんは。

…私も餌付けされたいと思ったので(笑)
進と大和の関係が素敵でしたね。
二人がよりかっこいい男性になってくれることを楽しみにしてます。
続編、本当楽しみ。ありますよね?

◆シンさん、こんばんは。

元ヤン、元ホストが塾長のもてもて男塾。
現在、塾生は小学男子3人ですが…
なかなか楽しそうではあります。

◆BEEさん、こんばんは。

そうなんですよね。決着は着いてないんですよね。
このままお母さんは出てこないまま終わってしまうのか…
やっぱり続編期待です。
新作も続々登場みたいで楽しみですよね。
| ちきちき | 2007/08/09 9:53 PM |
ちきちきさん こんばんは♪
この作品、面白かったねぇ。
進も可愛いかった。
大和もちゃんとお父さんになってくるし。
そうそう、ごはんのシーン美味しそうやった。

続編楽しみですよね。←もう出来ると確信している。
9月にはまた発売ですもんね。あぁ忙しい。

| naru | 2007/08/09 11:56 PM |
naruさん、まいどです。

読みやすくて面白い本でした。
それぞれの成長が著しかったなあ。

続編、私もあると思ってますよん。
新刊ラッシュみたいで楽しみ〜。
| ちきちき | 2007/08/10 10:15 PM |









http://tsukiniusagi.jugem.jp/trackback/560
ワーキング・ホリデー 〔坂木 司〕
ワーキング・ホリデー坂木 司 文藝春秋 2007-06売り上げランキング : 21074おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 元ヤン・ホストが宅配便(特別仕様車)ドライバーに転身!? 血気さかんな若者と所帯じみた小学生、親子と仕事と仲間によるひと夏の
| まったり読書日記 | 2007/08/08 11:10 PM |
ワーキング・ホリデー 坂木司
ワーキング・ホリデー 装幀はtheGARDEN石川絢士。初出「別冊文藝春秋」2006年7月号〜2007年5月号。 主人公で語り手の俺:ヤマト(沖田大和)は元ヤンキーの売れないホスト。訪ねてきたのは息子と名乗る小学五年生の進(
| 粋な提案 | 2007/08/09 2:05 AM |
ワーキング・ホリデー
 ワーキング・ホリデー  坂木 司著/文藝春秋社  「サクサク読める」というのはまさにこういう作品を  言うのだろうな。  サクサク読めるからと言って軽薄短小というわけでは  ありませんよ。中身はギッシリ詰まって
| はちみつ書房 | 2007/08/09 11:58 AM |
坂木司『ワーキング・ホリデー』
沖田大和参上 夜露死苦(よろしく)
| 待ち合わせは本屋さんで | 2007/08/12 8:34 AM |
『ワーキング・ホリデー』坂木司
ワーキング・ホリデー 坂木 司 2007/6/30発行 文藝春秋 P.285 ¥1,550 ★★★★★  俺がまだヤンキーになりたての頃、朝帰りをするたびに親は俺のことをひどく叱った。帰る時間が数時間ずれただけのことで何故そこまで怒られなきゃならな
| ほんだらけ | 2007/08/21 10:24 PM |
坂木 司著/3作品
坂木 司著/3作品 どなたかのブログの読書感想でこの著者のことを知り読んでみました。とても読みやすく、無駄のない文章と物語の流れが好きになり、とっかかりは「ワーキング・ホリデー」でしたが、続けて3冊読破となりました。こういう小説は、不快な通勤電車での中
| 京の昼寝〜♪ | 2011/08/28 10:11 AM |

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
昨夜のカレー、明日のパン
昨夜のカレー、明日のパン (JUGEMレビュー »)
木皿 泉
2013年のお気に入り。
RECOMMEND
あと少し、もう少し
あと少し、もう少し (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
2012年のお気に入り。
RECOMMEND
64(ロクヨン)
64(ロクヨン) (JUGEMレビュー »)
横山 秀夫
2012年の5つ星。
久々に読めて嬉しかった。
RECOMMEND
([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫)
([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫) (JUGEMレビュー »)
大沼 紀子
2011年のお気に入り。
随分違う装丁になりましたが文庫になってます。
RECOMMEND
小暮写眞館(上) (講談社文庫)
小暮写眞館(上) (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
宮部 みゆき
2010年の5つ星
文庫になっております。
RECOMMEND
RECOMMEND
天地明察(上) (角川文庫)
天地明察(上) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
2009年の一冊。
文庫になりました。
RECOMMEND
天地明察(下) (角川文庫)
天地明察(下) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
文庫になりました。
装丁カッコイイ。
RECOMMEND
戸村飯店 青春100連発 (文春文庫)
戸村飯店 青春100連発 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
2008年の一冊。
文庫になりました。お試しあれ!
RECOMMEND
ゴールデンスランバー (新潮文庫)
ゴールデンスランバー (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
2007年の一冊。
文庫になりました。オススメ!
RECOMMEND
キサトア (文春文庫)
キサトア (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
2006年の一冊。入手困難でしたが、文庫になりました。
…前の装丁のが好きだ…
RECOMMEND
てのひらの父
てのひらの父 (JUGEMレビュー »)
大沼紀子
2011年の一冊。
RECOMMEND
天地明察
天地明察 (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
2009年5つ星。

じわじわ興奮の一冊。
RECOMMEND
キサトア
キサトア (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
ものすごく大好きな本。
2006年の私の一冊。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
本の検索
本のブログ
にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ 【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集
カウンター
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS