ぼちぼち

本の感想と日々のできごと

ご訪問ありがとうございます。
TB・コメント大歓迎です♪(記事と関係ないものは削除させていただきます)
<< 星へ落ちる | main | MM9 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
やがて目覚めない朝が来る
評価:
大島 真寿美
ポプラ社
¥ 1,470
(2007-11)
JUGEMテーマ:読書

両親の離婚後、母とともに父方の祖母、蕗さんの洋館で暮らすことになった私。蕗さんは元舞台女優で、周囲には常に、若い頃から蕗さんの熱烈なファンである元記者の田幡さん、衣装アシスタントだった孔雀のようなミラさん、元マネージャーの富樫さんなど、魅力的な人々が集まっていた。
血のつながりを超えた密接な関係と、そのなかで大人になっていく少女の姿、そして時の流れがもたらすものを、まろやかで繊細な筆致で描き出す、著者渾身の一作。
ポプラ社HPより

繊細で落ちついた雰囲気。
ところどころひっかるところはあるんだけれども、〈蕗さん〉のキャラクターが秀逸で、彼女の周りに集まってくる大人たちも魅力的でするすると読ませられました。

物語の語り手である〈有加〉はでしゃばらない雰囲気。大人の中の子どもってこんな感じかもしれません。
大人が思ってるより多くのことを知ってるけど、思ってるよりしっかり子ども。

元舞台女優で背筋がしゃんと伸びてそうな〈蕗さん〉やそのほかの大人たちは、〈有加〉が大人になるにつれて少しずつ亡くなってしまうんだけど、悲しいというよりはそういうものなのだ、と思えるようなお話でした。
私は〈ミラ〉さん、好きでした。

読み終わって、タイトルがなんだか沁みます。
|  ◆大島真寿美 | 21:10 | comments(11) | trackbacks(2) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 21:10 | - | - | pookmark |
こんばんは。
大島さん初読みだったんですけど
読んでよかったって思える物語でした。
ミラさんの生き方素敵でした。
ミラさんの作ったドレスが見てみたいです。
| なな | 2008/01/09 10:40 PM |
ななさん、こんばんは。

静かで穏やかな気持ちになりましたね。
ミラさんの有加との関わり方もいいなあって思いました。
ミラさんのドレス…本当、見たい!
| ちきちき | 2008/01/10 6:51 PM |
蕗さんもミラさんも潔くて素敵でした。ミラさんのウエディングドレス、カットワークが目に浮かぶ。
| ナカムラのおばちゃん | 2008/01/10 10:53 PM |
最近すっかりご無沙汰している
大島さんなので、ちきちきさんの
記事を読んでいたら久々に
ものすごく読みたくなりました。
ポプラ社って、いつもチェックからもれてしまうんですよねぇ・・・。
| BEE | 2008/01/11 11:10 AM |
◆ナカムラのおばちゃん、こんばんは。

大人の潔さってかっこよくていいですよね。私もああいう大人になりたい…
ウェディングドレスは、見たいゆうより実は着てみたかったり…

◆BEEさん、こんばんは。

私は大島さん、読んだような気もするけど…って感じだったんですけど…。
穏やかな気持ちになれますよ。
| ちきちき | 2008/01/11 9:35 PM |
こんばんは。
ななさんと同じで初読みだったんですけど
優しい雰囲気が素敵でした。
有加と蕗さんのやりとりに
穏やかな心を思い出したりしました。

トラックバック、お先にお願いします。
| 藍色 | 2008/01/30 2:32 AM |
藍色さん、こんばんは。

静かで優しくて、でもしゃんとした作品でしたね。
心穏やかな気持ちになれました。
私も以前に一作読んだくらいだと思うんですが、これからはちゃんと追って行きたいです。
| ちきちき | 2008/01/30 5:40 PM |
有加の語り口のせいか、ちょっと
淡々としすぎていた感が
ありました。さっぱりとした
登場人物の中で、立ち位置の
はっきりしたミラさんが私も
好きでした。
| BEE | 2008/03/05 1:58 PM |
BEEさん、こんばんは。

確かに全体的に淡々としてますよね。
有加ちゃん、普段の生活のシーンがほとんどなくって、多分そういうつくりだと思うんだけど、はっきりしない人物だったように思います。

ミラさん、かっこよくていいですよね♪
| ちきちき | 2008/03/05 7:14 PM |
突然のコメント、失礼いたします。

初めまして。
書評コミュニティサイト「本が好き!」を運営しております、高橋と申します。

ただ今、ちきちきさんの書評を楽しく拝読させていただきました。
特に「やがて目覚めない朝が来る」に惹かれました!
大島真寿美さんは私の好きな作家さんの一人で、特に「チョコリエッタ」という本が好きです!
「やがて目覚めない朝が来る」は読んだことがなかったので、読んでみたいと思いました。
素敵な本のご紹介、ありがとうございます!!

話しがそれてしまいましたが、
今回は、ぜひ私どものサイトにも書評を投稿していただきたい!!
と思いコメントをいたしました。

「本が好き!」には10万件以上(7割は400字以上の長文)の書評が投稿されております。
文学からビジネス、洋書までジャンルも様々です。
そして書評家さんの間の交流も盛んです。

私どものサイトを通じて、ちきちきさんに、
趣味の合う方や思いもよらない素敵な本との出会いを提供させていただくことができたらと思っております。
お時間のあるときで構いませんので、一度サイトの方にお越しいただけると幸いです。

不明な点などありましたらお気軽にご連絡ください。
よろしくお願いいたします。

【URL】
http://www.honzuki.jp/sp/2011/honzukilp/index.html
【連絡先】
info@honzuki.jp
| たかはし | 2014/08/27 4:50 PM |
たかはしさん、こんばんは。

コメントありがとうございます。
本サイトのご紹介いただきましたが、当方はご覧のとおり、最近さっぱり本の感想は更新できておりません。
せっかくのお誘いですが、参加は無理かと思います。

本が好き!さんは、以前から存じ上げておりますし、またそのうちお邪魔します。
ありがとうございました。
| ちきちき | 2014/08/31 7:37 PM |









http://tsukiniusagi.jugem.jp/trackback/701
「やがて目覚めない朝が来る」大島真寿美
やがて目覚めない朝が来る 大島 真寿美 JUGEMテーマ:読書 蕗さんは父方の祖母。小学4年の時、両親が離婚し母・のぶちゃんと有加は蕗さんが一人で暮らす洋館に引っ越した。蕗さんの家にやってくる色々な人たちとのふれあい。有加はみんなに見守られながら成長し
| ナナメモ | 2008/01/09 10:41 PM |
やがて目覚めない朝が来る  大島真寿美
やがて目覚めない朝が来る 大島真寿美 ポプラ社 ある瞬間ふと蕗さんの話をしてみたくなる。 蕗さんは父方の祖母。 小学4年の時両親の離婚をきっかけに 有加と母ののぶちゃんは 蕗さんの家に転がり込んだ。 嫁と姑でありながら 家を出て行った父の舟の事を
| ナカムラのおばちゃんの読んだん | 2008/01/10 10:33 PM |

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
昨夜のカレー、明日のパン
昨夜のカレー、明日のパン (JUGEMレビュー »)
木皿 泉
2013年のお気に入り。
RECOMMEND
あと少し、もう少し
あと少し、もう少し (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
2012年のお気に入り。
RECOMMEND
64(ロクヨン)
64(ロクヨン) (JUGEMレビュー »)
横山 秀夫
2012年の5つ星。
久々に読めて嬉しかった。
RECOMMEND
([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫)
([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫) (JUGEMレビュー »)
大沼 紀子
2011年のお気に入り。
随分違う装丁になりましたが文庫になってます。
RECOMMEND
小暮写眞館(上) (講談社文庫)
小暮写眞館(上) (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
宮部 みゆき
2010年の5つ星
文庫になっております。
RECOMMEND
RECOMMEND
天地明察(上) (角川文庫)
天地明察(上) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
2009年の一冊。
文庫になりました。
RECOMMEND
天地明察(下) (角川文庫)
天地明察(下) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
文庫になりました。
装丁カッコイイ。
RECOMMEND
戸村飯店 青春100連発 (文春文庫)
戸村飯店 青春100連発 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
2008年の一冊。
文庫になりました。お試しあれ!
RECOMMEND
ゴールデンスランバー (新潮文庫)
ゴールデンスランバー (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
2007年の一冊。
文庫になりました。オススメ!
RECOMMEND
キサトア (文春文庫)
キサトア (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
2006年の一冊。入手困難でしたが、文庫になりました。
…前の装丁のが好きだ…
RECOMMEND
てのひらの父
てのひらの父 (JUGEMレビュー »)
大沼紀子
2011年の一冊。
RECOMMEND
天地明察
天地明察 (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
2009年5つ星。

じわじわ興奮の一冊。
RECOMMEND
キサトア
キサトア (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
ものすごく大好きな本。
2006年の私の一冊。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
本の検索
本のブログ
にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ 【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集
カウンター
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS