ぼちぼち

本の感想と日々のできごと

ご訪問ありがとうございます。
TB・コメント大歓迎です♪(記事と関係ないものは削除させていただきます)
<< 迷宮のファンダンゴ | main | 夢見る黄金地球儀 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
永遠を旅する者 ロストオデッセイ 千年の夢
JUGEMテーマ:読書

彼は老いず、ただ去りゆくのみ。彼は死なず、ただ別れるのみ。
その寂しさ――あんたにわかるかい?
書き下ろし、700枚! 壮大なスケールで描く命の賛歌

主人公は、カイム。永遠の生を生きる――すなわち、死ねない男。物語の舞台はすべて、一千年の旅をしてきたカイムが訪れた「いつか、どこか」の町である。――<本文より>

『流星ワゴン』重松清、『バガボンド』井上雄彦、『ファイナルファンタジー』坂口博信
3人の絆が生んだ重松文学の新たな試み
講談社HPより

重松清がゲーム!!とちょっと驚いたんですが、前書きを読んで納得。
確かにこのテーマなら重松さんかもしれません。
マイクロソフトのXboxのゲーム、『ロスト オデッセイ』(公式HP→こちらから)の主人公カイムの昔の記憶の部分を担当したのが重松さんということのようです。

永遠の生を生きる男の孤独。
ひとつひとつの物語はエピソードってくらい短くて、もうちょっと長くてもいいのにと思うものもたくさんありましたが(っていうか短すぎるの苦手なんです)、どれも悲哀たっぷりの話でした。おなかいっぱい。

夢の断片ということで、カイム本人のことはほとんどわからないのがストレス。
そのへんはゲームをやれということなのでしょうけど。
死なないってどういう風に死なないんだろうとか(RPGみたいやけど、じゃあ全滅はしないのかなとか)気になって。
一番わからんのは彼が何で傭兵の仕事してんのかってことでした…
どうせならそのへんも語ってくれたらよかったのに…。

ゲームの映像見てみましたけどちょっといまいち…井上さんの絵は好きなのですが…
| 作家別 さ行 | 20:42 | comments(6) | trackbacks(2) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 20:42 | - | - | pookmark |
どこを読んでもやはり重松さんらしさがありました。
短すぎる短編ですけど、
その中にカイムの哀しさがたっぷり詰め込まれていて、
確かに・・・お腹一杯になりますね。
楽しいことだってあるだろうに・・・。
まぁ、ゲーム主体なのでこれも仕方がないのかな、とは思いました。
| す〜さん | 2008/01/13 10:49 AM |
す〜さん、こんばんは。

そうなんですよね。ちょっとくらい楽しい夢があってもいいと思ったり。まあええ話はいっぱいあったんですけど、愉快かというとそうでもなく…
そういう設定といえばそれまでですけど…
| ちきちき | 2008/01/13 6:23 PM |
重松さんも嫌いじゃないですし、
井上さんの絵は大好きなので、
気になってたんですよね。
さて、どうしたものかです(^^;
| シン@偽哲学者 | 2008/01/14 3:32 AM |
シンさん、こんばんは。

私個人的にはものすごくおすすめ、というわけではないですが、全体的にはわりと評判いいみたいです。

むしろゲームはいかがですかね?
| ちきちき | 2008/01/14 6:17 PM |
元ゲーマーなのでかなりやりたいところなのですが、
いかんせんX-BOXだったはずなんですよ、
このゲームができる機種は。
もちろん持ってませんOTL
| シン@偽哲学者 | 2008/01/15 7:01 AM |
シンさん、こんばんは。

やっぱりX-BOXって敷居が高いですよね…
私もハード買ってまではなかなか…
| ちきちき | 2008/01/15 8:48 PM |









http://tsukiniusagi.jugem.jp/trackback/705
永遠を旅する者 ロストオデッセイ 千年の夢   〜重松 清〜
重松さんの新作はXboxの新作ゲームの主人公の持つ 千年に渡る記憶を描いたもの。 主人公のカイムは千年を生きる男。 自分が何故不死の命を得たのか、 そして自分の生きる意味は何なのか、 問いかけながら、千年という
| My Favorite Books | 2008/01/13 10:47 AM |
『永遠を旅する者 ロストオデッセイ 千年の夢』重松清
永遠を旅する者 ロストオデッセイ 千年の夢 重松 清 2007/11/20発行 講談社 P.389 ¥1,680 ★★★★★  はてしないような長い人生の中、いったいどれだけのひとの死を見つめてきただろう。  現世から立ち去っていく――目の前から消え
| ほんだらけ | 2008/01/16 11:26 PM |

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
昨夜のカレー、明日のパン
昨夜のカレー、明日のパン (JUGEMレビュー »)
木皿 泉
2013年のお気に入り。
RECOMMEND
あと少し、もう少し
あと少し、もう少し (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
2012年のお気に入り。
RECOMMEND
64(ロクヨン)
64(ロクヨン) (JUGEMレビュー »)
横山 秀夫
2012年の5つ星。
久々に読めて嬉しかった。
RECOMMEND
([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫)
([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫) (JUGEMレビュー »)
大沼 紀子
2011年のお気に入り。
随分違う装丁になりましたが文庫になってます。
RECOMMEND
小暮写眞館(上) (講談社文庫)
小暮写眞館(上) (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
宮部 みゆき
2010年の5つ星
文庫になっております。
RECOMMEND
RECOMMEND
天地明察(上) (角川文庫)
天地明察(上) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
2009年の一冊。
文庫になりました。
RECOMMEND
天地明察(下) (角川文庫)
天地明察(下) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
文庫になりました。
装丁カッコイイ。
RECOMMEND
戸村飯店 青春100連発 (文春文庫)
戸村飯店 青春100連発 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
2008年の一冊。
文庫になりました。お試しあれ!
RECOMMEND
ゴールデンスランバー (新潮文庫)
ゴールデンスランバー (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
2007年の一冊。
文庫になりました。オススメ!
RECOMMEND
キサトア (文春文庫)
キサトア (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
2006年の一冊。入手困難でしたが、文庫になりました。
…前の装丁のが好きだ…
RECOMMEND
てのひらの父
てのひらの父 (JUGEMレビュー »)
大沼紀子
2011年の一冊。
RECOMMEND
天地明察
天地明察 (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
2009年5つ星。

じわじわ興奮の一冊。
RECOMMEND
キサトア
キサトア (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
ものすごく大好きな本。
2006年の私の一冊。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
本の検索
本のブログ
にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ 【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集
カウンター
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS