ぼちぼち

本の感想と日々のできごと

ご訪問ありがとうございます。
TB・コメント大歓迎です♪(記事と関係ないものは削除させていただきます)
<< リリイの籠 | main | 本からはじまる物語 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
仏果を得ず
評価:
三浦 しをん
双葉社
¥ 1,575
(2007-11)
JUGEMテーマ:読書

直木賞作家が描く、伝統芸能の世界。主人公は太夫を語る大夫・健。人間国宝の師匠や変わり者の三味線弾きに鍛えられながら芸を磨く。芸に恋に悩みながら健は成長していく。傑作青春小説。
双葉社HPより

へえ。文楽。
一度じっくり見てみたい、と思わされた作品でした。

伝統芸能の世界ってベールに覆われてるというか、ちょっと遠くの世界という印象を抱いてしまうのですが、そればっかりじゃないよって気づく一冊?
誰でも知ってるってわけじゃないから、ちょっと近づくと得した気分になれるのかも。

お話の方は、ごく普通の主人公(元ヤン)が伝統芸能の世界に飛び込んで、いろいろ悩みながら成長してゆく物語。
人間国宝の師匠、〈変人〉な先輩などなど一筋縄ではいかない人たちに揉まれながら、芸の道を歩んでゆく〈健〉に好感を持ちました。
ただ女性陣がちょっとなあ…恋の話とかいきなりな感じ?

舞台の場面も面白くて、演目がどういうお話なのかとかすごく気になりました。
ガイドブックとか読んでみたい…
みなさん、体力いりそうで大変です。

とりあえず、『あやつられ文楽鑑賞』(ポプラ社)を読まなくちゃ。
|  ◆三浦しをん | 20:58 | comments(11) | trackbacks(4) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 20:58 | - | - | pookmark |
伝統芸能って堅苦しい?というイメージがなくなりましたね〜この本を読むと。すごく奥深くて、しかも楽しそうな感じがしてきます。
『あやつられ文楽鑑賞』も面白かったですよ〜こちらはしをんさんの妄想込みで、文楽が楽しめます♪
| エビノート | 2008/02/04 9:35 PM |
しをんさんが夢中になっている文楽の魅力、
文楽に情熱を注ぐ健を通してよく描かれていました。
『あやつられ文楽鑑賞』面白かったですよ。
文楽のこと、手取り足取りでわかります。

コメントが飛ばされたみたいです。
お手すきになられたら…お待ちしています。
| 藍色 | 2008/02/05 2:06 AM |
◆エビノートさん、こんばんは。

先日、大河ドラマ見てたらそういうシーンが出てきて、ついまじまじと見てしまいました。
『あやつられ〜』面白いんですね!
操られてる?しをんちゃんを楽しみたいです!

◆藍色さん、こんばんは。

好きなことを書いてる!って感じでしたね。しをんちゃんの思い入れが伝わってきました。
やっぱり『あやつられ〜』は必読ですかね?頑張って時間を作ろう。
| ちきちき | 2008/02/05 6:23 PM |
ちきちきさん ども。
面白かったよね。それにめっちゃ文楽見たなるし。装丁の絵も可愛かった。
駅伝といい文楽といい、しをんさん勉強熱心やねぇ。関西弁も私の中ではポイント高いっす!!
| naru | 2008/02/05 8:16 PM |
naruさん、こんばんは。

確かに関西弁のお話は2割増しくらい評価が高くなるかもしれん…
文楽面白そうやんね。
ほんま、多趣味な人やなあと思います。
| ちきちき | 2008/02/06 6:45 PM |
ちきちきさん、こんにちは。
表紙の絵も可愛くて、文楽の世界がちょっと身近に感じられました。
『あやつられ文楽鑑賞』も読んでみたいですね。
| りょう | 2008/02/15 4:09 PM |
りょうさん、こんばんは。

表紙の絵、漫画っぽくて、確かに身近な気持ちになれるかも。
『あやつられ〜』は私も読んでみたいんですが、まだまだなかなか。
時間が足りん!!
| ちきちき | 2008/02/15 7:24 PM |
私も「あやつられ〜」を
読みたくなりました。
何かに夢中になっている
主人公といい、魅力的な師匠や
兄弟子といい、読んでいて
楽しい作品でした〜。
| BEE | 2008/02/22 1:11 PM |
BEEさん、こんばんは。

安心して楽しめる作品ですよね。
登場人物が魅力的で、あんまりなじみのない世界も魅力的に描かれてました。
「あやつられ〜」読みたいんですが、まだです(^_^;)
| ちきちき | 2008/02/22 8:30 PM |
ちきちきさん こんばんは

ボクが先回読んだ、しをんさんの作品は「風が強く吹いている」でした。読んでいて、体の中の血がふつふつとたぎるようでした。
 そして、今回の文楽を描いたこの作品。健の芸にかける情熱が迫ってきて、またもや感動しました。
ボクはこの二つを「動と静の二部作」(笑)と名づけて遊んでおります。嬉しい二作品でした。
| くじら | 2008/05/07 8:26 PM |
くじらさん、こんばんは。

>「動と静の二部作」
言いえて妙ですね。
健、がんばってました。こうやって何かに情熱を持ってやれるっていいですよね〜。
| ちきちき | 2008/05/07 8:39 PM |









http://tsukiniusagi.jugem.jp/trackback/728
仏果を得ず 〔三浦 しをん〕
仏果を得ず三浦 しをん 双葉社 2007-11売り上げランキング : 615おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 直木賞作家が描く、伝統芸能の世界。 主人公は太夫を語る大夫・健。 人間国宝の師匠や変わり者の三味線弾きに鍛えられながら芸を磨く。 芸に
| まったり読書日記 | 2008/02/04 9:29 PM |
仏果を得ず 三浦しをん
装画は勝田文。装丁は松昭教。「小説推理」連載に加筆修正。 文楽に魅せられ笹本銀大夫に弟子入りして十年目の主人公、健(たける)。師匠が三味線の鷺澤兎一郎と組めと命令。「実力はあるが変人」との評判に不安な健は…。 既刊
| 粋な提案 | 2008/02/05 2:06 AM |
仏果を得ず
双葉社HPより 直木賞作家が描く、伝統芸能の世界。主人公は太夫を語る大夫・健。人間国宝の師匠や変わり者の三味線弾きに鍛えられながら芸を磨く。芸に恋に悩みながら健は成長していく。傑作青春小説。 JUGEMテーマ:読書 今年初めのTBS王様のブランチ本のコーナー
| ゆるゆる読書 | 2008/02/15 3:55 PM |
仏果を得ず<三浦しをん>−(本:2009年25冊目)−
仏果を得ずクチコミを見る # 出版社: 双葉社 (2007/11) # ISBN-10: 4575235946 評価:80点 文楽である。 全く興味のない分野である。 この小説の主人公と同様に、高校生のときに芸術鑑賞会かなにかで文楽を見に行ったことがあるくらいである。 この小説の
| デコ親父はいつも減量中 | 2009/02/21 12:38 AM |

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
昨夜のカレー、明日のパン
昨夜のカレー、明日のパン (JUGEMレビュー »)
木皿 泉
2013年のお気に入り。
RECOMMEND
あと少し、もう少し
あと少し、もう少し (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
2012年のお気に入り。
RECOMMEND
64(ロクヨン)
64(ロクヨン) (JUGEMレビュー »)
横山 秀夫
2012年の5つ星。
久々に読めて嬉しかった。
RECOMMEND
([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫)
([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫) (JUGEMレビュー »)
大沼 紀子
2011年のお気に入り。
随分違う装丁になりましたが文庫になってます。
RECOMMEND
小暮写眞館(上) (講談社文庫)
小暮写眞館(上) (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
宮部 みゆき
2010年の5つ星
文庫になっております。
RECOMMEND
RECOMMEND
天地明察(上) (角川文庫)
天地明察(上) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
2009年の一冊。
文庫になりました。
RECOMMEND
天地明察(下) (角川文庫)
天地明察(下) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
文庫になりました。
装丁カッコイイ。
RECOMMEND
戸村飯店 青春100連発 (文春文庫)
戸村飯店 青春100連発 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
2008年の一冊。
文庫になりました。お試しあれ!
RECOMMEND
ゴールデンスランバー (新潮文庫)
ゴールデンスランバー (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
2007年の一冊。
文庫になりました。オススメ!
RECOMMEND
キサトア (文春文庫)
キサトア (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
2006年の一冊。入手困難でしたが、文庫になりました。
…前の装丁のが好きだ…
RECOMMEND
てのひらの父
てのひらの父 (JUGEMレビュー »)
大沼紀子
2011年の一冊。
RECOMMEND
天地明察
天地明察 (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
2009年5つ星。

じわじわ興奮の一冊。
RECOMMEND
キサトア
キサトア (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
ものすごく大好きな本。
2006年の私の一冊。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
本の検索
本のブログ
にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ 【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集
カウンター
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS