ぼちぼち

本の感想と日々のできごと

ご訪問ありがとうございます。
TB・コメント大歓迎です♪(記事と関係ないものは削除させていただきます)
<< 先生と僕 | main | 奇談蒐集家 (創元クライム・クラブ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
温かな手
評価:
石持 浅海
東京創元社
¥ 1,470
(2007-12)
JUGEMテーマ:読書

大学の研究室に勤める畑寛子の同居人・ギンちゃんは名探偵。サラリーマンの北西匠の同居人・ムーちゃんも名探偵。ギンちゃん&ムーちゃん兄妹は、人間の生体エネルギーを糧にする謎の生命体。宿主である寛子や匠の清らかな生体エネルギーを確保するために、彼らが遭遇した殺人事件や騒動を鮮やかに解き明かす。一風変わった名探偵兄妹とそのパートナーが活躍する連作短編集。独特の設定とシャープな謎解きが魅力の、石持ミステリの真骨頂!
東京創元社HPより

変な設定だったけど、結構好きな感じ。

謎の生命体ギンちゃん・ムーちゃんは自分たちがおいしいエネルギーを得るため、彼らの同居人である人間をおいしい料理で肥えさせて(…と言っても余分なエネルギーは吸い取ってくれるから実際には太らないんですよ)、精神面のフォローもばっちりしてくれる。
しかもかっこいいなんて、そんなんありか?うらやましすぎる。
清らかな魂を持つ生命エネルギーはおいしいということなので、まあ彼らの動機はおいしい食料の確保なのかもしれないけどそれにしても、傍から見ると二組とも素敵なカップルなのだ。

ちょっと人が死にすぎる気はしたんですが、短い話の中、ギンちゃん・ムーちゃんの推理も冴えてて、こじつけギリギリと思う話もあったけど楽しく読めました。
他の人間に対する冷たい視線とは全然違うパートナーへの気遣いがうらやましかった。

もうちょっと読みたい気もしたけど、ラストは切ない感じでうまくまとまってました。
|  ◆石持浅海 | 19:39 | comments(11) | trackbacks(3) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 19:39 | - | - | pookmark |
こんばんは。
あんな風に大切にされて
なおかつ体型も維持できる。
こんな素晴らしいことはないです。
ラスト、二人が出会えたのはよかったけど、喪失感が…
| なな | 2008/02/19 10:07 PM |
こんばんは。
不思議なキャラも魅力的な物語に
一役買って物語を引き立てていましたね。
パートナーになった人たち、うらやましすぎです。
| 藍色 | 2008/02/20 12:41 AM |
◆ななさん、こんばんは。

二人とも大切にされてましたね。
本当うらやましい。
そしてラストは悲しかったです。
もうちょっと、もうしばらくみんなで暮らせたら良かったのにって思わずにはいられませんでした。

◆藍色さん、こんばんは。

不思議キャラたちに心惹かれました。
特にギンちゃん、ツボでした。
あ〜ゆ〜人たちと”普通に”一緒に暮らせないとパートナーにはなれないんだろうなあ…
| ちきちき | 2008/02/20 7:28 PM |
こんにちは。
最後はちょっと予想外でした。
コミカルな設定で、ミステリーっぽくして、
なおかつ最後は切なくて。
なんともいえず不思議な作品
で、石持さんらしいなぁと
思ったり。
| | 2008/02/21 1:09 PM |
コメントありがとうございます♪

ラストは考えれば考えるほど切ないですねえ。
二人とも結構依存してたと思うので(だからかなあ…?)
確かに石持さんらしいお話でした。
| ちきちき | 2008/02/21 7:27 PM |
うわ〜、ごめんなさい。
確かに名無しのコメントは私です。
名前がないのに私と察していただき
ありがとうございます♪
今度からは気をつけますね。
| BEE | 2008/02/22 8:45 AM |
BEEさん、こんばんは。

あ、良かった♪
わざわざご確認ありがとうございます♪
知らん間にクッキーが消えてるのってありますよね〜。
| ちきちき | 2008/02/22 8:26 PM |
こんばんは。
確かにこんな人(?)たちをパートナーにしてみたいです。まずは腹や太ももについたエネルギーをあますところなく吸い取ってもらって……とか自分本位に考えているわたしは、きっと魂がけがれているからお眼鏡にかなわないですね…^^;
| まみみ | 2008/02/22 8:46 PM |
まみみさん、こんばんは。

にゃはは。
こうして考えると、いったい誰がおめがねにかなうのか、採用条件を聞いてみたいような…
彼らから自立した?二人が、太り過ぎないように祈るばかりです。
| ちきちき | 2008/02/23 6:33 PM |
ダイエットに悩む人にとっての救世主みたいな人(?)たちでしたねぇ〜羨ましすぎる。採用条件聞いてみたい!ってか、聞くまでもなく不採用な気がしますが(^_^;)
石持さんの作品、もっと読んでみたいんですが、図書館に蔵書がないんですよね〜リクエストせねば!
| エビノート | 2008/02/29 9:46 PM |
エビノートさん、こんばんは。

ダイエットはもちろんうらやましいんですけど、おいしいご飯を食べされてくれるところが私はとってもうらやましかったです♪
採用される人っているんでしょうか…まずいの我慢してくれんかな?なんて(笑)

石持さんの作品って長編と短編と雰囲気違う気がします。ぜひリクエストしてみてください〜
| ちきちき | 2008/03/01 7:37 PM |









http://tsukiniusagi.jugem.jp/trackback/748
「温かな手」石持浅海
温かな手 石持 浅海 JUGEMテーマ:読書 大学の研究室に勤める畑寛子の同居人・ギンちゃんは名探偵。サラリーマンの北西匠の同居人・ムーちゃんも名探偵。人間離れした二人は、彼らが遭遇した殺人事件や騒動を、鮮やかに解き明かす! ギンちゃんとムーちゃんの
| ナナメモ | 2008/02/19 10:08 PM |
温かな手 石持浅海
ブックデザインは岩郷重力+WONDER WARKZ。イラストレーションは岩清水さやか。初出は「ミステリーズ!」。連作短編集。 大学の研究室勤めの語り手のわたし、畑寛子の同居人はギンちゃん。サラリーマンの語り手の僕、北西匠
| 粋な提案 | 2008/02/20 12:41 AM |
温かな手 〔石持 浅海〕
温かな手石持 浅海 東京創元社 2007-12売り上げランキング : 139562おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 大学の研究室に勤める畑寛子の同居人・ギンちゃんは名探偵。 サラリーマンの北西匠の同居人・ムーちゃんも名探偵。 人間離れした二人は、
| まったり読書日記 | 2008/02/29 9:40 PM |

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
昨夜のカレー、明日のパン
昨夜のカレー、明日のパン (JUGEMレビュー »)
木皿 泉
2013年のお気に入り。
RECOMMEND
あと少し、もう少し
あと少し、もう少し (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
2012年のお気に入り。
RECOMMEND
64(ロクヨン)
64(ロクヨン) (JUGEMレビュー »)
横山 秀夫
2012年の5つ星。
久々に読めて嬉しかった。
RECOMMEND
([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫)
([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫) (JUGEMレビュー »)
大沼 紀子
2011年のお気に入り。
随分違う装丁になりましたが文庫になってます。
RECOMMEND
小暮写眞館(上) (講談社文庫)
小暮写眞館(上) (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
宮部 みゆき
2010年の5つ星
文庫になっております。
RECOMMEND
RECOMMEND
天地明察(上) (角川文庫)
天地明察(上) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
2009年の一冊。
文庫になりました。
RECOMMEND
天地明察(下) (角川文庫)
天地明察(下) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
文庫になりました。
装丁カッコイイ。
RECOMMEND
戸村飯店 青春100連発 (文春文庫)
戸村飯店 青春100連発 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
2008年の一冊。
文庫になりました。お試しあれ!
RECOMMEND
ゴールデンスランバー (新潮文庫)
ゴールデンスランバー (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
2007年の一冊。
文庫になりました。オススメ!
RECOMMEND
キサトア (文春文庫)
キサトア (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
2006年の一冊。入手困難でしたが、文庫になりました。
…前の装丁のが好きだ…
RECOMMEND
てのひらの父
てのひらの父 (JUGEMレビュー »)
大沼紀子
2011年の一冊。
RECOMMEND
天地明察
天地明察 (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
2009年5つ星。

じわじわ興奮の一冊。
RECOMMEND
キサトア
キサトア (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
ものすごく大好きな本。
2006年の私の一冊。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
本の検索
本のブログ
にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ 【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集
カウンター
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS