ぼちぼち

本の感想と日々のできごと

ご訪問ありがとうございます。
TB・コメント大歓迎です♪(記事と関係ないものは削除させていただきます)
<< 論理と感性は相反しない | main | Re-born はじまりの一歩 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
戸村飯店青春100連発
評価:
瀬尾 まいこ
理論社
¥ 1,575
(2008-03-20)
JUGEMテーマ:読書

大阪の下町にある中華料理店・戸村飯店の二人の息子は、性格も見た目もまるで正反対。東京、大阪と離れてくらす兄弟が再会をきっかけに人生を見つめ直していく。一番大切なことは近すぎて見えないもの。単純でバカでかっこわるいけどかっこいい男子の姿を見事に描いた、瀬尾まいこ・渾身の一作。
理論社HPより

とっても良かったです。
関西弁で書かれてる小説って最近とっても多くて、それぞれいい雰囲気で好きなんだけど、ここまで関西弁の会話が生きてる小説ってはじめてかも。
こういう会話してるしてるってすごい思いました。

兄弟の物語。
何でも器用にこなしてそつのないスマートな兄〈ヘイスケ〉と、明るく元気でノリがよくって人好きする弟〈コウスケ〉。
それぞれの兄、弟に対する思いは複雑で…

気づくとお兄ちゃんのほうにすごく肩入れして読んでた気が。
おんなじことやっても、他人が受ける反応って人によって違う。
〈ヘイスケ〉が暗いわけじゃないけど、〈コウスケ〉の明るさにはかなわない。
そういうの感じたことあるなあって思って。
あと、関西から関東へやってきた時の様子もなんだかちょっと親近感…

しかし、やっぱり兄弟だなあって思いました。
正反対とか言いながらすごい似てる。
なんだかんだ言って、いい家族で育ってきたんやなあって思わせる二人。
兄弟のちょこっとしたやりとりが楽しくて、もうちょっと年とったらまた違う関係ができたりするねん、と思うとそれも読みたくなってしまった。

そして吉本新喜劇、東京にいるとたまに無性に見たくなるんですよ…
うちで旦那とたまに吉本ギャグ繰り広げてしまう…入り口ギャグが多いんよね。
関西が恋しくなりました。

そしてそしてどうでもいいことなんですけど、〈ヘイスケ〉のこと、「ヘイヘイヘイスケ」(わかる人だけわかっていただければ(^_^;))って呼びたくなって困りました。

◆◆◆

この記事のTB
[ 「戸村飯店青春100連発」瀬尾まいこ] by しんちゃんの買い物帳
|  ◆瀬尾まいこ | 19:42 | comments(24) | trackbacks(9) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 19:42 | - | - | pookmark |
いいですよね〜これ。
現時点で確信しますけど、たぶん今年読んだ本でもトップ3に入る作品です。
関西弁のテンポも、使い方もとても自然で、この物語の魅力を増してましたよね^^

わたしもなんやかんやでお兄ちゃんに肩入れしてました。
あかんままかな…と思っていたので最後はちょっと泣けました。好きな作品なんで、映像化はしてほしくないです!
だって関西弁使った作品の成功例少ないんですもん……
| まみみ | 2008/04/24 8:12 PM |
おぉ、5つ星だ。
こういう作品はあまり読まないのですが、
兄弟の設定が微妙に私と弟に似てる気もするので
少々心が動きますね(苦笑)
| シン@偽哲学者 | 2008/04/24 10:35 PM |
関西弁が効いてましたね。
ウルフルズの曲に関西人のDNA?が刺激されるのがドラマチックで、これってわかります?。
赤松さんのところのおはぎ、おいしそうでした。

「ヘイヘイヘイスケ」わかりました。そして私も浮かんでました(笑)。
| 藍色 | 2008/04/25 1:47 AM |
◆まみみさん、こんばんは。

小説では今年初の5つ星つけちゃいました。
別に特別なことがあるわけじゃない気もするんですが、すごくいいなあって思いまして(*^_^*)
最後は本当に良かった♪お兄ちゃんがちゃんと帰れたのが良かったです。

瀬尾さんの作品、結構映像化されてますよね。
どうなるかな?

◆シンさん、こんばんは。

シンさんは弟さんもいはるんですね〜。
うちは姉弟ですがこんな感じなので、お兄ちゃんに結構共感しましたね。
長男・次男それぞれの思いもふんふんって思いました。

◆藍色さん、こんばんは。

関西を離れてるので余計にグッと来たというのはあるかもしれないです。
ウルフルズの曲は…残念ながら私にはあんまりピンと来なかったかも。
おはぎ、おいしそうでしたね。私もきなこが好き♪
| ちきちき | 2008/04/25 8:46 PM |
おにいちゃんええ男に成長しそうやね。
弟も大学生活満喫して自分の道見つけそうやし。
ええ家庭で育たはったんがよう分かります。
気持ちのいい小説やったとおばちゃんは思いました。
| ナカムラのおばちゃん | 2008/04/25 10:32 PM |
ナカムラのおばちゃん、こんばんは。

ほんまええ兄弟でしたね。
これからが楽しみ。
家族も素敵だし、近所の人たちもあったかかったです。
| ちきちき | 2008/04/26 7:44 PM |
良かったね〜これ。
うんうん。関西弁の会話生きてるわ!!
ちきちきさんは、ヘイスケに肩入れしたんやね。
私は単細胞なコウスケの方が好きやけど(笑)
東京生活と高校生活が読めて、一粒で二度
美味しいみたいな感じやった。
吉本新喜劇、見たなるよね。関西帰りたなるな〜(笑)
| naru | 2008/04/26 8:45 PM |
naruさん、こんばんは。

関西弁の会話、おもろいんやけど自然に流れてるところがええなあって思いました。
コウスケの方がやっぱり愛されキャラですよね〜(^_^;)私はヘイスケと一緒でちょっとジェラシーを感じちゃいます。
新喜劇見たいんやけど、メンバーとか入れ替わってそう(>_<)
| ちきちき | 2008/04/26 9:07 PM |
兄弟の良さ、みたいなのが
よく描かれているなぁ〜って言う感想です。
男兄弟って結構こんな感じなんで、
瀬尾さんよく分かってるなぁ〜って
感服しました。
関西弁の響きは好きですね。 
親戚結構大阪に住んでいるので違和感なく
読めました。
| す〜さん | 2008/04/26 9:21 PM |
す〜さん、こんばんは。
おお。
男兄弟は結構こんな感じなのですね。
きょうだいって、性別とか年齢差とかで結構違う気がしますね。
瀬尾さん、すごいのは、学校で男の子たちを見てはるしかな?
関西弁は良かったですよ〜。ほんまいい感じでした。
| ちきちき | 2008/04/27 7:17 PM |
なんかTBが文字化けしたぞ。
このコメントと共に削除願います。

日を改めて出直しますので^^;
| しんちゃん | 2008/05/02 10:18 PM |
しんちゃん、こんばんは。

なんでだろ?
コメント、TB了解しました。
このコメントもあとで消します。
お手数おかけします。
| ちきちき | 2008/05/03 8:52 PM |
やっぱりダメ(泣)なぜだーー!
| しんちゃん | 2008/05/04 12:28 PM |
しんちゃん、こんばんは。

あれ?本当ですね。なぜだろ?
もう記事の方に貼っちゃいますね。
何回もすみません(^_^;)
| ちきちき | 2008/05/04 8:19 PM |
最後に出てきた入り口ギャグ、良かったねぇ〜となっちゃいました。
この兄弟のその後も見てみたい気がするんですが、でもしっかりやってそうですよね。
よしもと新喜劇、そういえば時々深夜に放送されてるのを何となく見ちゃいます。
笑えるだけじゃなくって、人情味があるとこがいいですね。
| エビノート | 2008/05/05 10:13 PM |
エビノートさん、こんばんは。

最後、ほっこり、にっこりって感じでよかったですね。
まあ、兄弟はうまいことやってるとは思います。あの兄がいて弟がいるんだもん。でもやっぱり読みたいかな。

吉本新喜劇が深夜で放送。ちょっとうらやましい。
見てしまいそうです。肩の力抜きぬきで楽しめますしね。
| ちきちき | 2008/05/07 8:31 PM |
こんにちは。
ほのぼのとした感じの関西弁と兄弟がよく合っていて、楽しい本でしたね。
私は兄弟がいないので、兄弟がいればこんな感じかなと思ったりして。
そうそう、親父さんも良かったです。
お金が入った封筒の中にあった手紙とか、息子のことをよく見てるなぁって。

吉本ギャグも楽しかったです。家ではやらないけど…(笑)

| mint | 2008/05/10 9:25 AM |
mintさん、こんばんは。

読んでて気持ちいい本でした。
兄弟の良さが良く出てましたね。周りがあったかいのも良かった。

>家ではやらない
え〜〜〜やりましょうよ。ってか、やりまくりですよ。ウチ(^_^;)
| ちきちき | 2008/05/10 7:23 PM |
少しずつ大人になり、歩み寄る兄弟の姿が素敵でした。
二人がヘイスケの下宿でする会話、好きでした。
>うちで旦那とたまに吉本ギャグ繰り広げてしまう
きゃーーーー。そうなんですか?
なんだか吉本が浸透しているって感じです。
ヘイスケも子どもの頃から一人でギャグ練習してましたしね。

「ヘイヘイヘイスケ」私も想像してました(笑)
| なな | 2008/05/18 9:32 AM |
ななさん、こんばんは。

兄弟、良かったですね。
二人とも今後が楽しみだ♪
吉本ギャグ、というか新喜劇ギャグはやりだすと、思いつかなくなるまで繰り広げてしまいます(^_^;)
別にマネとかしてないんですけど、おもろい!
| ちきちき | 2008/05/18 9:29 PM |
いいなあ、この成長物語。文句なしの満点星です
最後はみごとに兄弟が入れ替って、再スタート
みごとな結末に拍手!

この、ゆる〜い感じの瀬尾ワールド好きだなあ
ヘイスケの三者面談はケッサク。たしかにあれって現実にもありそう
もしかして作者の実体験?
ウルフルズも今回は、いい仕事をしてくれたなあ(笑)

これだけ兄弟をじっくり書き込んで破綻がない
近々大作が生まれる予感。乞うご期待!

PS 
ヘイヘイヘイスケって「黄金地球儀」でしょ
アハハハハ、おんなじ〜
| ino3 | 2008/05/24 11:02 AM |
ino3さん、こんばんは。

これいいですよね〜。
とっても好きです。
読んだあとすごくいい気分でいいんですよ〜。
いろんな部分が大げさじゃないので自然ですんなり入ってきました。
瀬尾さん先生だし、学校ネタはいっぱい持ってそうですね。
今後もとっても楽しみです。

ヘイヘイヘイスケ、その通り♪結構お仲間がいて嬉しい?
| ちきちき | 2008/05/24 9:40 PM |
関西の土地柄がわかりました。
関西出身のちきちきさんも太鼓判を押してることだから
このイメージで合ってるんですね♪
あたしは九州なんですが、吉本たまに見てます★
ネタがおんなじのがほんわかしていいですねぇ。
TB飛ばないので、コメントだけ(><)
| sonatine | 2008/06/26 11:08 AM |
sonatineさん、こんばんは。

太鼓判押しちゃいます。
わざとらしかったり、大げさだったりすることが良くあるんですが、自然な感じでとっても良かったです。
よしもとは変わらないのが魅力ですよね。
今の世の中、そういうのもあっていいなと思うのです。

TB、私もうまく飛ばなかったんですよね〜。なんでだろ?
| ちきちき | 2008/06/26 8:52 PM |









http://tsukiniusagi.jugem.jp/trackback/830
戸村飯店青春100連発 瀬尾まいこ
装丁はタカハシデザイン室。装画は小池アミイゴ。第一章加筆訂正以降書き下ろし。 大阪の下町、戸村飯店の兄弟は外見も性格も正反対で不仲...
| 粋な提案 | 2008/04/25 1:49 AM |
戸村飯店青春100連発 瀬尾まいこ
戸村飯店青春100連発 瀬尾まいこ 理論社 ヘイスケ、コウスケは戸村飯店の息子たち。 兄ヘイスケは のんきでへらへら、 何をやらしてもそつがない。 何でも筒抜けで、底抜けに世話好きのこの町から そしてこの家から出たかった。 どこか居心地の悪か
| ナカムラのおばちゃんの読んだん | 2008/04/25 10:33 PM |
戸村飯店青春100連発   〜瀬尾 まいこ〜
「切っても切れないくされ縁?」 まさしくその通り。 血の繋がった兄弟は、どうあったって縁は切れないものなのです。 見た目も性格も...
| My Favorite Books | 2008/04/26 9:24 PM |
戸村飯店青春100連発
内容紹介 大阪の下町にある中華料理店・戸村飯店。この店の息子たちは、性格も外見も正反対で仲が悪い。高3の長男・ヘイスケは、昔から要領が良く、頭もいいイケメン。しかし地元の空気が苦手で、高校卒業後は東京の専門学校に通う準備をしていた。一方、高2の次男・コ
| ゆるゆる読書 | 2008/04/27 1:40 PM |
瀬尾まいこ『戸村飯店青春100連発』
大阪、住ノ江にある中華料理店、戸村飯店の2人の息子は、見た目も性格もまるで正反対。アホで不器用だけどまっすぐな兄弟を追いかける、さわやか爆笑コメディー。
| 待ち合わせは本屋さんで | 2008/04/28 10:03 PM |
戸村飯店青春100連発 〔瀬尾まいこ〕
戸村飯店青春100連発瀬尾 まいこ 小池アミイゴ 理論社 2008-03-20売り上げランキング : 4360おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 大阪の下町にある中華料理店・戸村飯店。 この店の息子たちは、性格も外見も正反対で仲が悪い。 高3の長男・ヘ
| まったり読書日記 | 2008/05/05 9:48 PM |
『戸村飯店青春100連発』
今日読んだ本は、瀬尾まいこさんの『戸村飯店青春100連発』です。
| いつか どこかで | 2008/05/09 11:41 AM |
「戸村飯店100連発」瀬尾まいこ
戸村飯店青春100連発 瀬尾 まいこ JUGEMテーマ:読書 戸村飯店は、大阪の下町にある中華料理店。ハンサムで女の子にもてる兄と、アホなギャグを連発する1歳違いの弟をめぐる物語。兄は東京の専門学校に行き、弟は店を継ぐと決めるのだが、戸村兄弟の進路も恋も
| ナナメモ | 2008/05/18 9:32 AM |
『戸村飯店青春100連発』 著:瀬尾まいこ
『戸村飯店青春100連発』 著:瀬尾まいこ大阪の下町にある中華料理店・戸村飯店。この店の息子たちは、性格も外見も正反対で仲が悪い。高3の長男・ヘイスケは、昔から要領が良く頭もいいイケメン。しかし地元の空気が苦手で、高校卒業後は東京の専門学校に通うつもり。
| *モナミ*SMAP・映画・本 | 2009/03/01 4:07 PM |

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
昨夜のカレー、明日のパン
昨夜のカレー、明日のパン (JUGEMレビュー »)
木皿 泉
2013年のお気に入り。
RECOMMEND
あと少し、もう少し
あと少し、もう少し (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
2012年のお気に入り。
RECOMMEND
64(ロクヨン)
64(ロクヨン) (JUGEMレビュー »)
横山 秀夫
2012年の5つ星。
久々に読めて嬉しかった。
RECOMMEND
([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫)
([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫) (JUGEMレビュー »)
大沼 紀子
2011年のお気に入り。
随分違う装丁になりましたが文庫になってます。
RECOMMEND
小暮写眞館(上) (講談社文庫)
小暮写眞館(上) (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
宮部 みゆき
2010年の5つ星
文庫になっております。
RECOMMEND
RECOMMEND
天地明察(上) (角川文庫)
天地明察(上) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
2009年の一冊。
文庫になりました。
RECOMMEND
天地明察(下) (角川文庫)
天地明察(下) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
文庫になりました。
装丁カッコイイ。
RECOMMEND
戸村飯店 青春100連発 (文春文庫)
戸村飯店 青春100連発 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
2008年の一冊。
文庫になりました。お試しあれ!
RECOMMEND
ゴールデンスランバー (新潮文庫)
ゴールデンスランバー (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
2007年の一冊。
文庫になりました。オススメ!
RECOMMEND
キサトア (文春文庫)
キサトア (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
2006年の一冊。入手困難でしたが、文庫になりました。
…前の装丁のが好きだ…
RECOMMEND
てのひらの父
てのひらの父 (JUGEMレビュー »)
大沼紀子
2011年の一冊。
RECOMMEND
天地明察
天地明察 (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
2009年5つ星。

じわじわ興奮の一冊。
RECOMMEND
キサトア
キサトア (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
ものすごく大好きな本。
2006年の私の一冊。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
本の検索
本のブログ
にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ 【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集
カウンター
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS