ぼちぼち

本の感想と日々のできごと

ご訪問ありがとうございます。
TB・コメント大歓迎です♪(記事と関係ないものは削除させていただきます)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2015年2月の新刊メモ 単行本編
JUGEMテーマ:読書

ジョギング節分オニ2月の新刊メモ雪冬

パソコンの前に座る足が寒さにしびれ、手がかじかむ…
早いトコ暖かくなってくれないものか。

2/2『学園天国』五十嵐貴久(実業之日本社)
   『闇から届く命』藤岡陽子(実業之日本社)
   『嗤う淑女』中山七里(実業之日本社)
   『森に願いを』乾ルカ(実業之日本社)
2/4『虹の歯ブラシ 上木らいち発散』早坂吝(講談社ノベルス)
   『花とアリス殺人事件』乙一/岩井俊二原作(小学館)←映画のノベライズのようです。
2/5『島と人類』足立陽(集英社)←第38回すばる文学賞受賞作
   『みずうみのほうへ』上村亮平(集英社)←同上
   『白頭の人』富樫倫太郎(潮出版)
   『砂漠の青がとける夜』中村理聖(集英社)← 第27回小説すばる新人賞受賞作
2/6『精鋭』今野敏(朝日新聞出版)
2/7『元気で大きいアメリカの赤ちゃん』ジュディ・バドニッツ/岸本佐知子訳(文藝春秋)
2/9『薫香のカナピウム』上田早夕里(文藝春秋)
   『残りの人生で、今日がいちばん若い日』盛田隆二(祥伝社)
   『日本レンタルパパの会』竹内雄紀(祥伝社)
   『くるすの残光 天の庭』仁木英之(祥伝社)
   『ホケツ!』小野寺史宜(祥伝社)
   『ロストデイズ』大崎善生(祥伝社)
   『幻影のマイコ』太田忠司(祥伝社ノンノベル)
2/10『朽ちないサクラ』柚月裕子(徳間書店)
   『をちこちさんとわたし』小島水青(中央公論新社)
   『いなくなった私へ』辻堂ゆめ(宝島社)←第13回『このミス』大賞優秀賞受賞作品
   『となりの女神』山下貴光(中央公論新社)
   『六秒間の永遠』杉井光(幻冬舎)
   『わたしたちはその赤ん坊を応援することにした』朝倉かすみ(幻冬舎)

2/14『お葬式』遠田潤子(角川春樹事務所)
2/17『私刑』川中大樹(光文社)
   『粗忽長屋の殺人』河合莞爾(光文社)
   『十二月八日の幻影』直原冬明(光文社)
   『にぎやかな落葉たち 21世紀はじめての密室』辻真先(光文社)
   『火星に住むつもりかい?』伊坂幸太郎(光文社)
   『覇王の贄』矢野隆(光文社)
2/18『おまめごとの島』中澤日菜子(講談社)
   『星か獣になる季節』最果タヒ(筑摩書房)
2/19『千日のマリア』小池真理子(講談社)
   『天国マイレージ』樋口卓治(講談社)
2/20『死んでたまるか』伊東潤(新潮社)
   『乙女の家』朝倉かすみ(新潮社)
   『ブラック オア ホワイト』浅田次郎(新潮社)
   『デブを捨てに』平山夢明(文藝春秋)
   『リバース』相場英雄(双葉社)
   『呪い殺しの村』小島正樹(双葉社)
   『エウレカの確率 経済学捜査員とナッシュ均衡の殺人』石川智健(講談社)
   『サンティアゴの東 渋谷の西』瀧羽麻子(講談社)
   『刑事群像』香納諒一(講談社)

2/24『かわいいだけじゃない私たちの、かわいいだけの平凡。』最果タヒ(講談社)
   『永い言い訳』西川美和(文藝春秋)
   『神様のカルテ0』夏川草介(小学館)
   『Story of Uji 小説源氏物語』林真理子(小学館)
2/25『無銭横町』西村賢太(文藝春秋)
   『僕とおじさんの朝ごはん』桂望実(中央公論新社)
   『マレ・サカチのたったひとつの贈物』王城夕紀(中央公論新社)
2/26『幸せ嫌い』平安寿子(集英社)
   『ラ・ミッション―軍事顧問ブリュネ―』佐藤賢一(文藝春秋)
   『絶望的――寄生クラブ』鳥飼否宇(原書房)
   『睦月童(仮)』西條奈加(PHP研究所)
   『異邦人(いりびと)(仮)』原田マハ(PHP研究所)
2/27『宰相A』田中慎弥(新潮社)
   『電車道』磯崎憲一郎(新潮社)
   『影媛』高尾長良(新潮社)
   『ナナフシ』幸田真音(文藝春秋)
   『人魚と金魚鉢』市井豊(東京創元社)
   『時穴みみか』藤野千夜(講談社)
2/28『WOLF ウルフ』柴田哲孝(角川書店)
   『夕暮れ密室』村崎友(角川書店)
| 新刊メモ・単行本 | 21:35 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
2015年1月の新刊メモ 単行本編
JUGEMテーマ:読書

ジョギングundefined1月の新刊メモ正月こたつ

今年もあとちょっとでおしまいです。
毎年、年末には振り返りの記事を載せていたのですが、今日はもう無理だな…
年明けて余裕があれば、何とかしたいと思います(無理な気もするが)。
ちなみに今年の読書は194冊でした。またもや200冊届かず。残念。

さてさて。今年もお付き合いいただきありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。
年明けから心躍るラインナップ♪
2015年も素敵な本とたくさん出会えますように!

1/5『洋子さんの本棚』小川洋子/平松洋子(集英社)
   『オネスティ』石田衣良(集英社)
   『雪炎』馳星周(集英社)
1/7『小旋風の夢絃』小島環(講談社)
   『壊れた自転車でぼくはゆく』市川拓司(朝日新聞出版)
1/8『幕末愚連隊』幡大介(実業之日本社)
1/9『アンブラッセ』阿刀田高(文藝春秋)
   『影踏み鬼 新撰組篠原泰之進日録』葉室麟(文藝春秋)
   『起き姫 口入れ屋のおんな』杉本章子(文藝春秋)
   『女王はかえらない』降田天(宝島社)←第13回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作
1/10『死と砂時計』鳥飼否宇(東京創元社)
    『賢者の愛』山田詠美(中央公論新社)

1/14『少年探偵』小路幸也(ポプラ社)
1/15『点をつなぐ』加藤千恵(角川春樹事務所)
    『神さまたちの遊ぶ庭』宮下奈都(光文社)
    『心臓異色』中島たい子(光文社)
    『プラットホームの彼女』水沢秋生(光文社)
    『悲嘆の門(上 )(下)』宮部みゆき(毎日新聞社)
1/16『パノララ』柴崎友香(講談社)
    『あの子が欲しい』朝比奈あすか(講談社)
    『恋形見』山口恵以子(徳間書店)
1/17『ラスト・ワルツ』柳広司(角川書店)←「ジョーカー・ゲーム」シリーズ

1/21『サーカスナイト 』よしもとばなな(幻冬舎)
1/22『絶唱』湊かなえ(新潮社)
    『サナキの森』彩藤アザミ(新潮社)←第1回 新潮ミステリー大賞受賞作
    『冷蔵庫を抱きしめて』荻原浩(新潮社)
    『恋路ヶ島サービスエリアとその夜の獣たち』森晶麿(講談社)
1/23『我が心の底の光』貫井徳郎(双葉社)
    『探偵・竹花 帰り来ぬ青春』藤田宜永(双葉社)
1/25『偽証 オッドアイ』渡辺裕之(中央公論新社)
1/26『暗闇・キッス・それだけで』森博嗣(集英社)
    『銀幕の神々』山本甲士(小学館)
1/27『ある一年 京都ごはん日記2』いしいしんじ(河出書房新社)
1/28『雨に泣いてる』真山仁(幻冬舎)
    『しるしなきもの』真藤順丈(幻冬舎)
1/29『桑港特急』山本一力(文藝春秋)
    『北半球の南十字星』沢村浩輔(東京創元社)
1/30『警視庁文書捜査官』麻見和史(角川書店)
    『サーカスの夜に』小川糸(新潮社)
    『指の骨』高橋弘希(新潮社)←第46回新潮新人賞受賞作
    『ソラシド』吉田篤弘(新潮社)
    『奴隷小説』桐野夏生(文藝春秋)
1/31『透明カメレオン』道尾秀介(角川書店)
    『森に願いを』乾ルカ(実業之日本社)
    『嗤う淑女』中山七里(実業之日本社)
    『学園天国』五十嵐貴久(実業之日本社)
    『闇から届く命』藤岡陽子(実業之日本社)
| 新刊メモ・単行本 | 14:53 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
2014年12月の新刊メモ 単行本編
JUGEMテーマ:読書

クリスマスクリスマスクリスマス12月の新刊メモジョギングゆずかぼちゃ

今年もあとひと月を残すのみとなりました。
毎年言ってますが、年末になってくると日がすぎるのが本当に早い!もうそりゃ、びっくりするほどです。

今わたしはマンガの積読がエライことになってるんですが(それ以外の本の積読はもはや常態なので気にしない。いや、気にはしてるがどうにもならない)、今年中にいろいろ何とかしたいものです。

12/1『一私小説書きの日乗 野性の章』西村賢太(角川書店)
    『中尉』古処誠二(角川書店)
    『エンドレス・ワルツ』稲葉真弓(河出書房新社)
12/3『営繕かるかや怪異譚』小野不由美(角川書店)
    『全員少年探偵団』藤谷治(ポプラ社)
12/4『忍者物語』東郷隆(実業之日本社)
    『マル暴甘糟』今野敏(実業之日本社)
    『黄金の糸 幕末甲州金始末』渡辺房男(実業之日本社)
    『ルール』堂場瞬一(実業之日本社)
12/5『いのちの姿』宮本輝(集英社)
    『ブルース』桜木紫乃(文藝春秋)
    『このミステリーがすごい!四つの謎』安生正/乾緑郎/海堂尊/中山七里(宝島社)
    『悪い恋人』井上荒野(朝日新聞出版)
    『ダナスの幻影』吉川英梨(朝日新聞出版)
12/6『晩鐘』佐藤愛子(文藝春秋)
    『読まされ図書室』小林聡美(宝島社)
12/8『東京ブラックアウト』若杉冽(講談社)
    『愛される資格』樋口毅宏(小学館)
12/10『風のベーコンサンド 高原カフェ日誌』柴田よしき(文藝春秋)
     『御松茸騒動』朝井まかて(徳間書店)
     『5人のジュンコ』真梨幸子(徳間書店)
     『臣女』吉村萬壱(徳間書店)
     『旅はときどき奇妙な匂いがする アジア沈殿旅日記』宮田珠己(筑摩書房)
     『捏造のロジック 文部科学省研究公正局・二神冴希』喜多喜久(宝島社)
     『いちばん近くて遠い(仮)』小手鞠るい(PHP研究所)

12/11『つよく結べ、ポニーテール』朝倉宏景(講談社)
     『外田警部、TGVに乗る(仮)』古野まほろ(光文社)
     『堕天使の秤り(仮)』吉田恭教(光文社)
12/12『六花落々』西條奈加(祥伝社)
     『光秀の影武者』矢的竜(祥伝社)
     『何が困るかって』坂木司(東京創元社)
12/13『はらぺこ万歳! 家ごはん、外ごはん、ときどき旅ごはん』たかぎなおこ(文藝春秋)
     『福も来た パンとスープとネコ日和』群ようこ(角川春樹事務所)
     『信玄の首』矢野隆(角川春樹事務所)
12/15『教団X』中村文則(集英社)
     『旅者の歌 中途の王』小路幸也(幻冬舎)
     『誘』松浦だるま(講談社)
12/18『拝啓 彼方からあなたへ』谷瑞恵(集英社)
     『ご破算で願いましては―みとや・お瑛仕入帖―』梶よう子(新潮社)
     『書き出し小説』天久聖一編(新潮社)
     『アールダーの方舟』周木律(新潮社)
     『紺碧の果てを見よ』須賀しのぶ(新潮社)
12/19『峠しぐれ』葉室麟(双葉社)
     『青い翅』吉永南央(双葉社)
     『機龍警察 火宅』月村了衛(早川書房)
     『鴉龍天晴』神々廻楽市(早川書房)
     『九年前の祈り』小野正嗣(講談社)
     『秘恋 日野富子異聞』鳥越碧(講談社)
     『あなたは、誰かの大切な人』原田マハ(講談社)
12/20『世界で最初の音』白川道(角川書店)
     『北条早雲 悪人覚醒篇』富樫倫太郎(中央公論新社)
     『江戸オリンピック』室積光(中央公論新社)
     『アプレゲール』軒上泊(中央公論新社)

12/22『インドクリスタル』篠田節子(角川書店)
     『ばけたま長屋』輪渡颯介(角川書店)
     『天鬼越―蓮丈那智フィールドファイル后宗挧命更/浅野里沙子(新潮社)
     『避難所』垣谷美雨(新潮社)
     『月光のスティグマ』中山七里(新潮社)
     『少女のための秘密の聖書』鹿島田真希(新潮社)
     『田舎の刑事の好敵手』滝田務雄(東京創元社)
     『翼を持つ少女 BISビブリオバトル部』山本弘(東京創元社)
12/25『乙霧村の七人』伊岡瞬(双葉社)
12/26『自滅』柴田よしき(角川書店)
| 新刊メモ・単行本 | 19:39 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
2014年11月の新刊メモ 単行本編
JUGEMテーマ:読書

ジョギングどんぐりさつまいも11月の新刊メモいちょう紅葉アート

今年は暖冬傾向なんだって!
あんまり寒くならないといいなあ。
さて、新刊の方は、なにやらいろいろ楽しみな11月です!!

11/1『怪しい店』有栖川有栖(角川書店)
    『田舎でロックンロール』奥田英朗(角川書店)
    『she & sea 海上の覇者と愚者』糸森環(角川書店)
    『人間の顔は食べづらい』白井智之(角川書店)←第34回横溝正史ミステリ大賞最終候補作
    『僕は小説が書けない』中村航/中田永一(角川書店)←合作
11/4『肉小説集』坂木司(角川書店)
11/5『サイタ×サイタ』森博嗣(講談社ノベルス)
    『無貌伝 〜最後の物語〜』望月守宮(講談社ノベルス)
    『霊能動物館』加門七海(集英社)
11/6『みんなの少年探偵団』小路幸也/藤谷治/万城目学/湊かなえ/向井湘吾(ポプラ社)
11/7『機龍警察〔完全版〕』月村了衛(早川書房)
    『ヤモリ、カエル、シジミチョウ』江國香織(朝日新聞出版)
    『ダンテの遺言』谷川悠里(朝日新聞出版)
    『つちくれさん』仁木英之(朝日新聞出版)
11/10『だれの息子でもない』神林長平(講談社)
     『私の命はあなたの命より軽い』近藤史恵(講談社)
     『帰ってきたエンジェルス』越智月子(文藝春秋)
     『おまえの手を汚せ』佐伯龍一(講談社)
     『いまさらですが、無頼派宣言。』海堂尊(宝島社)←小説ではない

11/11『ハガキ職人タカギ!』風カオル(小学館)←第15回小学館文庫賞小説賞受賞作
     『if』垣谷美雨(小学館)
     『彫千代』平山瑞穂(小学館)
     『ナオミとカナコ』奥田英朗(幻冬舎)
11/12『妄想刑事エニグマの執着』七尾与史(徳間書店)
     『化石少女』麻耶雄高(徳間書店)
     『名探偵の証明 密室館殺人事件』市川哲也(東京創元社)
     『パスティス 大人のアリスと三月兎のお茶会』中島京子(筑摩書房)
11/13『伶也と』椰月美智子(文藝春秋)
     『鳩の撃退法(上)(下)』佐藤正午(小学館)
     『インデックス』誉田哲也(光文社)
     『ボルケイノ・ホテル』谷村志穂(光文社)
     『店長がいっぱい』山本幸久(光文社)
     『未来へ……』新井素子(角川春樹事務所)
11/14『たった、それだけ』宮下奈都(双葉社)
     『探偵の探偵 サイン入り特装限定版』松岡圭祐(講談社)←通常版は文庫で発売
11/15『水やりはいつも深夜だけど』窪美澄(角川書店)
     『K体掌説』九星鳴(文藝春秋)
     『陰陽師 螢火ノ巻』夢枕獏(文藝春秋)
11/17『稽古長屋 音わざ吹き寄せ』奥山景布子(文藝春秋)
11/18『波の音が消えるまで(上)(下)』沢木耕太郎(新潮社)
11/19『絶望トレジャー』一田和樹(原書房)
     『焼け跡のユディトへ』川辺純可(原書房)←第6回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞優秀作
11/20『異邦の仔』西川司(講談社)
    『決戦!関ヶ原』葉室麟/冲方丁/伊東潤ほか(講談社)

11/21『ジュンのための6つの小曲』古谷田奈月(新潮社)
     『氷の仮面』塩田武士(新潮社)
     『かぜまち美術館の謎便り』森晶麿(新潮社)
     『泣き虫弱虫諸葛孔明 第四部』酒見賢一(文藝春秋)←で、でた!!
     『玩物双紙』新城カズマ(双葉社)
     『舎人の部屋』花村萬月(双葉社)
     『放課後に死者は戻る』秋吉理香子(双葉社)
     『死にたくなったら電話して』李龍徳(河出書房新社)←第51回文藝賞授賞作
     『アルタッドに捧ぐ』金子薫(河出書房新社)←第51回文藝賞受賞作
     『オルゴーリェンヌ』北山猛邦(東京創元社)
     『ニルヤの島』綿谷翔太(早川書房)
     『TATSUMAKI 特命捜査対策室7係』曽根圭介(講談社)
     『風の如く 吉田松陰篇』富樫倫太郎(講談社)
11/25『慶應本科と折口信夫 いとま申して2』北村薫(文藝春秋)
     『現代罪悪集』藤谷治(河出書房新社)
     『エンドレス・ワルツ』稲葉真弓(河出書房新社)
     『トゥルークの海賊4』茅田砂胡(中央公論新社)
     『親愛なる』いとうせいこう(河出書房新社)
     『誤断』堂場瞬一(中央公論新社)
     『清とこの夜』広小路尚祈(中央公論新社)
11/26『浮雲心霊奇譚 赤眼の理』神永学(集英社)
     『注文の多い美術館 美術探偵・神永美有』門井慶喜(文藝春秋)←いつのまにかシリーズ名が…
     『知的生き方教室』中原昌也(文藝春秋)
     『脱・限界集落株式会社』黒野伸一(小学館)
     『通り魔』嶽本野ばら(小学館)
11/27『セメント怪談稼業』松村進吉(角川書店)
     『夜の木の下で』湯本香樹実(新潮社)
     『太陽・惑星』上田岳弘(新潮社)←新潮新人賞受賞作
     『フィルムノワール/黒色影片』矢作俊彦(新潮社)
     『逢魔』唯川恵(新潮社)
     『しょっぱい夕陽』神田茜(講談社)
11/28『一私小説書きの日乗 野性の章』西村賢太(角川書店)
     『暗黒寓話集』島田雅彦(文藝春秋)
     『キャプテンサンダーボルト』阿部和重/伊坂幸太郎(文藝春秋)←合作。なんだかすごそう。
     『うどん キツネつきの』高山羽根子(東京創元社)
     『シャーロック・ホームズの蒐集』北原尚彦(東京創元社)
     『花野に眠る』森谷明子(東京創元社)
11/29『GOSICK BLUE』桜庭一樹(角川書店)

おまけハート
12/1『営繕かるかや怪異譚』小野不由美(角川書店)
| 新刊メモ・単行本 | 18:24 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
2014年10月の新刊メモ 単行本編
JUGEMテーマ:読書

ジョギング本10月の新刊メモ
ぶどう梨ハロウィン

ちょっと遅くなりました。文庫は時間なくてチェックできてませんが、できるようならそのうち…

すっかり秋らしくなりました!
日が落ちるのが、早い早い。
朝晩が涼しくなって、過ごしやすくなった。もう冬なんて来なくていい…

気分転換で模様替え。コーヒーあんまり飲みませんが、香りは大好きです。
今月も盛りだくさんです。たくさん読めるといいな。

10/1『その孤島の名は、虚』古野まほろ(角川書店)
     『黄泉坂の娘たち』仁木英之(角川書店)
10/2『クローバー・リーフをもう一杯 今宵、謎解きバー「三号館」へ』円居挽(角川書店)
    『11月のジュリエット』乾ルカ(角川書店)
    『ダンデライオン』河合莞爾(角川書店)
    『瞳の犬』新堂冬樹(角川書店)
10/3『ダブル・フォールト』真保裕一(集英社)
    『にじいろガーデン』小川糸(集英社)
    『サラは銀の涙を探しに』橋本長道(集英社)
10/7『あなたの本当の人生は』大島真寿美(文藝春秋)
    『お任せ! 数学屋さん2』向井湘吾(ポプラ社)
    『ユダの柩』福田和代(朝日新聞出版)
    『物語のおわり』湊かなえ(朝日新聞出版)
10/8『純喫茶「一服堂」の四季』東川篤哉(講談社)
    『この靴、なげたい』中居真麻(徳間書店)
    『処刑までの十章』連城三紀彦(光文社)
    『夜また夜の深い夜』桐野夏生(幻冬舎)
    『ゲームセットにはまだ早い』須賀しのぶ(幻冬舎)
10/9『花の命は短くて…』越智月子(実業之日本社)
    『いつか来た町(仮)』東直子(PHP研究所)
10/10『キッド・ザ・ラビット ナイト・オブ・ザ・ホッピング・デッド』東山彰良(双葉社)

10/11『ホームズ連盟の事件簿』北原尚彦(祥伝社)
     『パレートの誤算』柚月裕子(祥伝社)
     『分水嶺』笹本稜平(祥伝社)
     『侵食捜査』安東能明(祥伝社)
     『少女A』新堂冬樹(祥伝社)
     『走れ、健次郎』菊池幸見(祥伝社)
10/14『トオリヌケ キンシ』加納朋子(文藝春秋)
     『ずっとあなたが好きでした』歌野晶午(文藝春秋)
     『断貧サロン』谷川直子(河出書房新社)
     『ゼロの日に叫ぶ 戦力外捜査官3』似鳥鶏(河出書房新社)
     『Bハナブサへようこそ』内山純(東京創元社)←第24回鮎川哲也賞受賞作
     『誉れ高き勇敢なブルーよ』本城雅人(東京創元社)
10/15『絶叫』葉真中顕(光文社)
     『BOOKWITHYOU だいじな本のみつけかた』大崎梢(光文社)
10/16『掟上今日子の備忘録』西尾維新(講談社)
     『埋れた牙』堂場瞬一(講談社)
     『幻想探偵社』堀川アサコ(講談社)
10/17『3時のアッコちゃん』柚木麻子(双葉社)
10/20『家族シアター』辻村深月(講談社)

10/22『殺意の産声』鏑木蓮(角川書店)
     『自覚―隠蔽捜査5.5―』今野敏(新潮社)
     『マル合の下僕』高殿円(新潮社)
     『フライプレイ! 監棺館殺人事件』霞流一(原書房)
     『キャロリング』有川浩(幻冬舎)
     『スカーフェイス』富樫倫太郎(幻冬舎)
     『京大芸人式日本史』菅広文(幻冬舎)
10/23『奇跡の人 The Miracle Worker』原田マハ(双葉社)
     『神坐す山の物語』浅田次郎(双葉社)
     『冥の水底』朱川湊人(講談社)
     『現調』遠藤武文(講談社)
     『K2 池袋署刑事課 神崎・黒木』横関大(講談社)
     『池田屋乱刃』伊東潤(講談社)
10/24『ふたつの星とタイムマシン』畑野智美(集英社)
     『鳥たち』よしもとばなな(集英社)
     『テミスの剣』中山七里(文藝春秋)
     『しだれ桜恋心中』松浦千恵美(早川書房)←第4回アガサ・クリスティー賞受賞作
     『地球が寂しいその理由』六冬和生(早川書房)
10/25『朝露通信』保坂和志(中央公論新社)
     『ヘルたん ヘルパー探偵とマドンナの帰還』愛川晶(中央公論新社)
     『青天(仮)』井上祐美子(中央公論新社)
10/27『敗者の告白 弁護士睦木怜の事件簿』深木章子(角川書店)
10/28『肉小説集』坂木司(角川書店)
10/29『密室の神話』柄刀一(文藝春秋)
     『サラバ!(上)(下)』西加奈子(小学館)
     『名刺ゲーム』鈴木おさむ(扶桑社)
10/30『怪しい店』有栖川有栖(角川書店)
     『気障でけっこうです』小嶋陽太郎(角川書店)←第16回ボイルドエッグズ新人賞受賞作
     『売国』真山仁(文藝春秋)
     『ルンタ』山下澄人(講談社)
     『女王』連城三紀彦(講談社)
10/31『死呪の島』雪富千晶紀(角川書店)←第21回日本ホラー小説大賞受賞作
     『みなそこ』中脇初枝(新潮社)
     『麹町二婆二娘孫一人』中沢けい(新潮社)
     『京都』黒川創(新潮社)
     『裏窓クロニクル』友桐夏(東京創元社)
     『人間の顔は食べづらい』白井智之(角川書店)
| 新刊メモ・単行本 | 21:58 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
2014年9月の新刊メモ 単行本編
JUGEMテーマ:読書

月とんぼ9月の新刊メモぶどうさんまジョギング

なんだか梅雨のような8月でしたね。
9月はどんなお天気かなあ。
このまま夏が終わるのはなんとなく寂しい…

9/2『スタープレイヤー』恒川光太郎(角川書店)
  『レミングスの夏』竹吉優輔(講談社)
9/3『○○○○○○○○殺人事件』早坂吝(講談社ノベルス)←第50回メフィスト賞受賞作
  『伽藍堂の殺人 〜Banach-Tarski Paradox〜』周木律(講談社ノベルス)
9/5『チャンミーグヮー』今野敏(集英社)
  『アポロンの嘲笑』中山七里(集英社)
  『逢坂の六人』周防柳(集英社)
9/9『阿蘭陀西鶴』朝井まかて(講談社)
  『なぜなら雨が降ったから』森川智喜(講談社)
9/10『スターダストパレード』小路幸也(講談社)
  『都知事探偵・漆原翔太郎 セシューズ・ハイ』天祢涼(講談社)
  『侵入者』折原一(文藝春秋)
  『未必のマクベス』早瀬耕(早川書房)

9/11『離陸』絲山秋子(文藝春秋)
  『ランチ合コン探偵』水生大海(実業之日本社)
9/12『エデンの果ての家』桂望実(文藝春秋)
  『笹の舟で海をわたる』角田光代(毎日新聞社)
9/13『群青のタンデム』長岡弘樹(角川春樹事務所)
9/16『夢の燈影』小松エメル(講談社)
  『ファンタズマゴーリア』岡崎祥久(講談社)
9/17『復活祭』馳星周(文藝春秋)
  『背乗り ソトニ 警視庁公安部外事二課』竹内明(講談社)
  『あなたが大切(仮)』朝比奈あすか(光文社)
  『警視庁特捜班ドットジェイピーふたたび(仮)』我孫子武丸(光文社)
  『清流の宴(仮)』石川渓月(光文社)
  『懐疑は踊る、決して勧めず(仮)』大村友貴美(光文社)
  『屋上と、犬と、ぼくたちと(仮)』若月香(光文社)←第6回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞優秀作受賞作
  『オオベシミ警部の事件簿(仮)』深水黎一郎(光文社)
9/18『こぼれ落ちて季節は』加藤千恵(講談社)
  『土漠の花』月村了衛(幻冬舎)
  『近所の犬』姫野カオルコ(幻冬舎)
  『未婚30』白岩玄(幻冬舎)
9/19『猫が足りない』沢村凜(双葉社)
  『ふたつのしるし』宮下奈津(幻冬舎)
  『天下、なんぼや。』吉川永青(幻冬舎)

9/22『島津戦記』新城カズマ(新潮社)
  『マンガ肉と僕』朝香式(新潮社)←第12回R−18文学賞大賞受賞作
  『一人っ子同盟』重松清(新潮社)
  『傲慢な婚活』嶽本野ばら(新潮社)
  『魔術師の視線』本多孝好(新潮社)
9/24『きょうのできごと、十年後』柴崎友香(河出書房新社)
9/25『鹿の王(上)(下)』上橋菜穂子(角川書店)
  『電氣ホテル』吉田篤弘(文藝春秋)
  『アガサ・クリスティー賞殺人事件』三沢陽一(早川書房)
  『黒猫の約束あるいは遡行未来』森晶麿(早川書房)
  『歌舞伎町ダムド』誉田哲也(中央公論新社)
  『Red』島本理生(中央公論新社)
  『環八イレギュラーズ』佐伯瑠伽(中央公論新社)
  『火桜が根 幕末女志士 多勢子』藤本ひとみ(中央公論新社)
  『もみ消しはスピーディーに』石川智健(講談社)
9/26『神様の裏の顔』藤崎翔(角川書店)←第34回横溝正史ミステリ大賞受賞作
  『砂に泳ぐ』飛鳥井千砂(角川書店)
  『桃のひこばえ』梶よう子(集英社)
  『警察回りの夏』堂場瞬一(集英社)
  『フォルトゥナの瞳』百田尚樹(新潮社)
  『ほんとうの花を見せにきた』桜庭一樹(文藝春秋)
  『アイネクライネナハトムジーク』伊坂幸太郎(幻冬舎)
9/29『繁栄の昭和』筒井康隆(文藝春秋)
  『ログ・ホライズン8 雲雀(ひばり)たちの羽ばたき』橙乃ままれ(エンタブレイン)
9/30『ダンデライオン』河合莞爾(角川書店)
  『瞳の犬』新堂冬樹(角川書店)
  『丹生都比売 梨木香歩作品集』梨木香歩(新潮社)
  『水声』川上弘美(文藝春秋)

花今月のチェックしたい文庫(多分書き下ろし)は続きからどうぞ
続きを読む >>
| 新刊メモ・単行本 | 21:18 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
2014年8月の新刊メモ 単行本編
JUGEMテーマ:読書

蚊取り線香ひまわり8月の新刊メモジョギングおばけ

猛烈に暑いです…
肩こりがヒドイ。もしや五十肩!?冷えてるのかな…

今月は盛りだくさんですよ〜!そして来月も。楽しみですね!!

8/1『銀翼のイカロス』池井戸潤(ダイヤモンド社)
8/4『ターンオーバー』堂場瞬一(角川春樹事務所)
   『捜査組曲』今野敏(角川春樹事務所)
8/5『さいとう市立さいとう高校野球部 甲子園でエースしちゃいました』あさのあつこ(講談社)
   『ラブコメの法則』東山彰良(集英社)
   『天に星 地に花』帚木蓬生(集英社)
8/6『旧校舎は茜色の迷宮』明利英司(講談社ノベルス)
   『波上館の犯罪』倉阪鬼一郎(講談社ノベルス)
   『さよなら神様』麻耶雄嵩(文藝春秋)
   『探偵工女 富岡製糸場の密室』翔田寛(講談社)
8/7『癒し屋キリコの約束』森沢明夫(幻冬舎)
   『闇に香る嘘』下村敦史(講談社)←第60回江戸川乱歩賞受賞作
8/8『明日の子供たち』有川浩(幻冬舎)
   『グリーン・グリーン』あさのあつこ(徳間書店)
   『ランチに行きましょう』深沢潮(徳間書店)
   『天使たちの課外活動4 アンヌの野兎』茅田砂胡(C★NOVELS)
8/10『どこの家にも怖いものはいる』三津田信三(中央公論新社)


8/11『四人組がいた。』眤七亜癖檎砂媾)
   『ねじまき片想い』柚木麻子(東京創元社)
8/18『神の子(上)(下)』薬丸岳(光文社)
   『オペラ座の美女(仮)』鯨統一郎(光文社)
   『ウィンディ・ガール2(仮)』田中啓文(光文社)
   『異次元の館の殺人(仮)』芦辺拓(光文社)
   『オオベシミ警部の事件簿(仮)』深水黎一郎(光文社) 
   『青嵐(仮)』折口真喜子(光文社)
8/19『運転、見合わせ中』畑野智美(実業之日本社)
8/20『荒神』宮部みゆき(朝日新聞出版)

8/21『矢澤潤二の微妙な陰謀』秋梨惟喬(東京創元社)
8/22『仙丹の契り―僕僕先生―』仁木英之(新潮社)
   『愛なんて嘘』白石一文(新潮社)
   『六億九、五八七万円を取り返せ同盟!!』古野まほろ(新潮社)
   『約定』青山文平(新潮社)
   『イノセント・デイズ』早見和真(新潮社)
   『機巧のイヴ』乾緑郎(新潮社)
   『磁極反転』伊与原新(新潮社)
   『ファイト! 木津西高校生徒会』本田有明(河出書房新社)
   『短夜明し』佐々木中(河出書房新社)
   『壁と孔雀』小路幸也(早川書房)
8/25『寄居虫女』櫛木理宇(角川書店)
   『糸切り』紅雲町珈琲屋こよみ』(吉永南央)
   『クロム・ジョウ』結城充考(文藝春秋)
   『わたしが殺した男』永瀬隼介(中央公論新社)
   『テミスの求刑』大門剛明(中央公論新社)
8/26『キルマ1945』丈武琉(角川書店)
   『柩の中の狂騒』菅原和也(角川書店)
   『緋の天空』葉室麟(集英社)
   『かたづの!』中島京子(集英社)
   『鴨川食堂おかわり』柏井壽(集英社)
8/27『エヴリシング・フロウズ』津村記久子(文藝春秋)
   『ギフテッド』山田宗樹(幻冬舎)
8/28『心中おサトリ申し上げます』未上夕二(角川書店)
   『極卵』仙川環(小学館)
   『THE 密室』泡坂妻夫/山村正夫(ジョイノベルス)
8/29『GIVER』日野草(角川書店)
   『女優堕』河原れん(角川書店)
   『スタープレイヤー』恒川光太郎(角川書店)
   『それは秘密の』乃南アサ(新潮社)
   『後妻業』黒川博行(文藝春秋)
   『降り積もる光の粒』角田光代(文藝春秋)←エッセイ
   『幻肢』島田荘司(文藝春秋)
   『武蔵野アンダーワールド・セブン ─多重迷宮─』長沢樹(東京創元社)
8/30『カシュトゥンガ』水沢秋生(祥伝社)
   『かわうそ お江戸恋語り。』あさのあつこ(祥伝社)
   『炎を薙ぐ』池永陽(講談社)

あさがお今月のチェックしたい文庫(多分書き下ろし)は続きからどうぞ
文庫はなんといってもみおつくしシリーズの完結に注目!!
続きを読む >>
| 新刊メモ・単行本 | 20:19 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
2014年7月の新刊メモ 単行本編
JUGEMテーマ:読書

星七夕7月の新刊メモジョギング海
うちわ

7月です。もう1年の半分終わっちゃった!
今年も暑い夏がやって来そうです。
暑いのは寒いより好きなんですが、苦手です。

7/2『未来S高校航時部レポート TERA小屋探偵団』辻真先(講談社ノベルス)
7/4『悲業伝』西尾維新(講談社ノベルス)
  『アクアマリンの神殿』海堂尊(角川書店)
7/7『それは甘くないかなあ、森くん。』小野寺史宜(ポプラ社)
7/9『失踪都市 所轄魂』笹本稜平(徳間書店)
7/10『蜂に魅かれた容疑者 警視庁総務部動植物管理係』大倉崇裕(講談社ノベルス)
  『ビタースイートワルツ Bittersweet Waltz』小路幸也(実業之日本社)
  『芸者でGO!』山本幸久(実業之日本社)
  『ぱりぱり』瀧羽麻子(実業之日本社)
  『ナイト&シャドウ』柳広司(講談社)
  『ゼロの迎撃』安生正(宝島社)
  『太陽がもったいない』山崎ナオコーラ(筑摩書房)
  『山女日記』湊かなえ(幻冬舎)

7/14『憎悪のパレード 池袋ウエストゲートパークⅪ』石田衣良(文藝春秋)←帰ってきました!
  『A』中村文則(河出書房新社)
  『御子を抱く』石持浅海(河出書房新社)
  『男一代之改革』青木淳悟(河出書房新社)
7/17『殺人出産』村田沙耶香(講談社)
  『吾輩ハ猫ニナル』横山悠太(講談社)
  『場違いな男 警察庁情報分析支援第二室〈裏店〉』遠藤武文(光文社)
  『許されざるもの(仮)』樋口明雄(光文社)
  『ナウ・ローディング(仮)』詠坂雄二(光文社)
  『敬語で旅する四人の男』麻宮ゆり子(光文社)
  『波風』藤岡陽子(光文社)
7/18『月蝕楽園』朱川湊人(双葉社)
  『もう教祖しかない!』天祢涼(双葉社)
  『残花繚乱』岡部えつ(双葉社)

7/22『非写真』高橋克彦(新潮社)
  『ライオット・パーティーへようこそ』水沢秋生(新潮社)
  『悟浄出立』万城目学(新潮社)
  『忘却のレーテ』法条遥(新潮社)
  『サイレントステップ』本城雅人(新潮社)
  『イカロス・レポート』竹田真太朗(講談社)
  『水底の棘 法医昆虫学捜査官』川瀬七緒(講談社)
7/23『黄金の烏』阿部智里(文藝春秋)
7/24『相互確証破壊』石持浅海(文藝春秋)
  『シャーリー・ホームズと緋色の憂鬱』高殿円(早川書房)
  『喝采』藤田宜永(早川書房)
7/25『敗者たちの季節』あさのあつこ(角川書店)
  『弾正星』花村萬月(小学館)
  『遊佐家の四週間』朝倉かすみ(祥伝社)
  『天使たちの課外活動4 アンヌの野兎』茅田砂胡(中央公論新社)
7/28『O介』大鋸一正(河出書房新社)
7/29『クロノ・モザイク』二階堂黎人(文藝春秋)
7/30『小森谷くんが決めたこと』中村航(小学館)
  『春の庭』柴崎友香(文藝春秋)
  『今だけのあの子』芦沢央(東京創元社)
  『ぼくらの映画のつくりかた』機本伸司(東京創元社)
7/31『徘徊タクシー』坂口恭平(新潮社)
  『メタモルフォシス』羽田圭介(新潮社)
  『すえずえ』畠中恵(新潮社)←しゃばけの夏!
  『やまいだれの歌』西村賢太(新潮社)
  『魔法使いと刑事たちの夏』東川篤哉(文藝春秋)
  『バードドッグ』木内一裕(講談社)

雨今月のチェックしたい文庫(多分書き下ろし)は続きからどうぞ
続きを読む >>
| 新刊メモ・単行本 | 22:17 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
2014年6月の新刊メモ 単行本編
JUGEMテーマ:読書

あじさい雨6月の新刊メモかたつむりジョギング

あ、暑い…

6/2『初恋料理教室』藤野恵美(ポプラ社)
6/4『ムカシ×ムカシ』森博嗣(講談社ノベルス)
   『硝子の探偵と銀の密室』小島正樹(講談社ノベルス)
   『星々たち』桜木紫乃(実業之日本社)
   『うどんの時間』山下貴光(文芸社)(?)
6/6『ぼくらは怪談巡礼団』加門七海/東雅夫(角川書店)
6/9『遠野物語拾遺retold』京極夏彦(角川書店)
   『雪の香り』塩田武士(文藝春秋)
   『毛深い闇』園子温(河出書房新社)
6/10『さいとう市立さいとう高校野球部 〜甲子園でエースしちゃいました〜』あさのあつこ(講談社)
    『パリ症候群(シンドローム) 愛と殺人のレシピ』岸田るり子(講談社)

6/11『ボラード病』吉村萬壱(文藝春秋)
    『シルバー・オクトパシー』五條瑛(徳間書店)
    『天の光』葉室麟(徳間書店)
    『帰らずの海』馳星周(徳間書店)
6/12『老いの入舞い』松井今朝子(文藝春秋)
    『きみのために棘を生やすの』彩瀬まる/窪美澄/千早茜/花房観音/宮木あや子(河出書房新社)
6/13『青春離婚』紅玉いづき(星海社)
    『マージナル・オペレーション [F]』芝村裕吏(星海社)
    『冷たい太陽』鯨統一郎(原書房)
6/17『時空眼(仮)』弐藤水流(光文社)
    『知の孤島(仮)』小前亮(光文社)
6/18『黄金町レガッタ』阿川大樹(徳間書店)
6/19『ミドリのミ』吉川トリコ(講談社)
6/20『モノクローム』乾ルカ(新潮社)
    『芥川症』久坂部羊(新潮社)
    『金魚鉢の夏』樋口有介(新潮社)
    『流転の細胞』仙川環(新潮社)
    『トワイライト・シャッフル』乙川優三郎(新潮社)
    『半導体探偵マキナの未定義な冒険』森川智喜(文藝春秋)
    『二千七百の夏と冬(上)(下)』荻原浩(双葉社)
    『星星の火』福田和代(双葉社)
    『ひかげ旅館へいらっしゃい』加藤元(早川書房)
    『胡蝶殺し』近藤史恵(小学館)
    『リップステイン』長沢樹(双葉社)
    『偽恋愛小説家』森晶麿(朝日新聞出版)

6/21『すべての神様の十月』小路幸也(PHP研究所)
6/25『藍のエチュード』里見蘭(中央公論新社)
6/26『おれたちの故郷』佐川光晴(集英社)
    『まるまるの毬』西條奈加(講談社)
    『誉れの赤』吉川永青(講談社)
    『猫弁全集』大山淳子(講談社)
    『猫弁と魔女裁判』大山淳子(講談社)
    『死の天使はドミノを倒す』太田忠司(文藝春秋)
6/27『あなたも眠れない』山口恵以子(文藝春秋)
    『推定脅威』未須本有生(文藝春秋)
6/28『私がデビューしたころ』東京創元社編集部編(東京創元社)←ミステリ作家さんたちのエッセイ。
6/30『アクアマリンの神殿』海堂尊(角川書店)
    『総理大臣暗殺クラブ』白河三兎(角川書店)
    『透明な迷宮』平野啓一郎(新潮社)
    『たまもの』小池昌代(講談社)

かえる今月のチェックしたい文庫(多分書き下ろし)は続きからどうぞ
続きを読む >>
| 新刊メモ・単行本 | 17:26 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
2014年5月の新刊メモ 単行本編
JUGEMテーマ:読書


菖蒲こいのぼり5月の新刊メモジョギングカーネーション

一気に季節が変わりました。
文庫は後日。とりあえず更新します。

5/2『東京自叙伝』奥泉光(集英社)
5/7『渦巻く回廊の鎮魂曲(レクイエム) 霊媒探偵アーネスト』風森章羽(講談社ノベルス)←第49回メフィスト賞受賞作
  『はるか遠く、彼方の君へ』安澄加奈(ポプラ社)
5/8『可愛いベイビー』五十嵐貴久(実業之日本社)

5/12『アップルソング』小手鞠るい(ポプラ社)
5/13『クラスメイツ〈前期〉〈後期〉』森絵都(偕成社)
5/14『あぽわずらい あぽやん3』新野剛志(文藝春秋)
5/15『経眼窩式』植田文博(原書房)←島田荘司選 第6回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞受賞作
  『女系の総督』藤田宜永(講談社)
  『アパリション(仮)』前川裕(光文社)
5/16『常夜』石川緑(メディアファクトリー)
5/19『眠る魚』坂東眞砂子(集英社)
  『赫獣(かくじゅう)』岸川真(河出書房新社)
  『いい感じの石ころを拾いに』宮田珠己(河出書房新社)
  『風』青山七恵(河出書房新社)
5/20『ことり屋おけい探鳥双紙』梶よう子(朝日新聞出版)

5/22『ハレルヤ・コーラスをもう一度』山野知之(角川書店)
  『盲目的な恋と友情』辻村深月(新潮社)
  『狂書伝』勝山海百合(新潮社)
  『結び屋おえん 糸を手繰れば』志川節子(新潮社)
  『特捜7―銃弾―』麻見和史(新潮社)
  『縁結び仕り候―結婚奉行―』辻井南青紀(新潮社)
  『迷子の王様―君たちに明日はない5―』垣根涼介(新潮社)←完結!だそうです。
  『沈黙の書』乾石智子(東京創元社)
  『メリーランド』畑野智美(講談社)
5/23『デッドエンド』柴田哲孝(双葉社)
  『スマドロ』悠木シュン(双葉社)
  『決断』小杉健治(双葉社)
  『虚ろな十字架』東野圭吾(光文社)
5/25『下戸は勘定に入れません』西澤保彦(中央公論新社)
5/26『八月の六日間』北村薫(角川書店)
  『ミチルさん、今日も上機嫌』原田ひ香(集英社)
  『男ともだち』千早茜(文藝春秋)
5/27『ホリデー・イン』坂木司(文藝春秋)
  『名言探偵(仮)』北國浩二(PHP研究所)
  『なりたい二人(仮)』令丈ヒロ子(PHP研究所)
5/30『災厄』周木律(角川書店)
  『就職相談員蛇足軒の生活と意見』松崎有理(角川書店)
  『事故調』伊兼源太郎(角川書店)
  『平凡』角田光代(新潮社)
  『天の光』葉室麟(徳間書店)

5/下旬『セブン』乾くるみ(角川春樹事務所)
   『どれほどの青を越えたら君に届くだろう(仮)』仁木英之(角川春樹事務所)
| 新刊メモ・単行本 | 19:09 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
昨夜のカレー、明日のパン
昨夜のカレー、明日のパン (JUGEMレビュー »)
木皿 泉
2013年のお気に入り。
RECOMMEND
あと少し、もう少し
あと少し、もう少し (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
2012年のお気に入り。
RECOMMEND
64(ロクヨン)
64(ロクヨン) (JUGEMレビュー »)
横山 秀夫
2012年の5つ星。
久々に読めて嬉しかった。
RECOMMEND
([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫)
([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫) (JUGEMレビュー »)
大沼 紀子
2011年のお気に入り。
随分違う装丁になりましたが文庫になってます。
RECOMMEND
小暮写眞館(上) (講談社文庫)
小暮写眞館(上) (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
宮部 みゆき
2010年の5つ星
文庫になっております。
RECOMMEND
RECOMMEND
天地明察(上) (角川文庫)
天地明察(上) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
2009年の一冊。
文庫になりました。
RECOMMEND
天地明察(下) (角川文庫)
天地明察(下) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
文庫になりました。
装丁カッコイイ。
RECOMMEND
戸村飯店 青春100連発 (文春文庫)
戸村飯店 青春100連発 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
瀬尾 まいこ
2008年の一冊。
文庫になりました。お試しあれ!
RECOMMEND
ゴールデンスランバー (新潮文庫)
ゴールデンスランバー (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
2007年の一冊。
文庫になりました。オススメ!
RECOMMEND
キサトア (文春文庫)
キサトア (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
2006年の一冊。入手困難でしたが、文庫になりました。
…前の装丁のが好きだ…
RECOMMEND
てのひらの父
てのひらの父 (JUGEMレビュー »)
大沼紀子
2011年の一冊。
RECOMMEND
天地明察
天地明察 (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
2009年5つ星。

じわじわ興奮の一冊。
RECOMMEND
キサトア
キサトア (JUGEMレビュー »)
小路 幸也
ものすごく大好きな本。
2006年の私の一冊。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
本の検索
本のブログ
にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ 【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集
カウンター
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS